iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2019.11.13
2020.08.04

【2020年最新版】Fire TV Stickの使い方まとめ!無料コンテンツの紹介やスマホのミラーリングなど便利な使い方も

プライムビデオやYouTube、DAZNなどをテレビの大画面で楽しめるFire TV Stickの導入を検討している方も多いのではないでしょうか?この記事では、Fire TV Stickの基本的な使い方はもちろん、「電源オフは必要?」といった素朴な疑問から無料コンテンツの紹介、スマホのミラーリングなど便利な使い方をまとめて解説します!

記事ライター:iedge編集部

Fire TV Stickの基本的な使い方

Fire TV Stickが届いたら、中身を確認しましょう。

Fire TV Stick本体、リモコン、単4電池2本、電源アダプター、HDMI延長コード、USBケーブル、保証書、スタートアップガイドが同梱されています。

電源アダプターを含めて必要なものはそろっているので、届いたらすぐに使い始められます。

たったの5分!Fire TV Stickが届いてから初期設定まで

Fire TV Stickの使い方はいたって簡単です。基本的には、ケーブルをつないでWi-Fiの設定をするだけ。(Amazon公式サイトから購入した場合)Amazonのアカウント情報も最初から登録されているので、箱を開けてから5分もあれば設定できます。

1.テレビをオンにして、リモコンに電池をセットしておきましょう。

2.USBケーブルを接続した電源アダプターをコンセントにさし、Fire TV Stick本体横にUSBケーブルをさします。

3.Fire TV Stick本体をテレビのHDMIポートに接続すれば、準備は完了です。
もし角度の問題などで本体を直接HDMIポートにさせないときは、同梱のHDMI延長コードを使ってください。

4.テレビに表示される手順に従って、初期設定を進めていきます。難しい操作はないので、数分で初期設定が完了します。

※Wi-Fi接続する場合はWi-Fiパスワードが必要なので、あらかじめ用意しておくとスムーズです。

※別売の「イーサネットアダプタ」を使えば、有線接続することもできます。Wi-Fi接続が安定せず動画の再生が止まってしまう場合は試してみてください。

基本的な操作方法 リモコンの使い方

次に実際の使い方ですが、リモコン操作がメインになります。

リモコンは上から「マイクボタン(押しながら音声で検索できます)」、丸い部分が「選択ボタン」、その中央が「決定ボタン」と並んでいます。

その下には「戻る」「ホーム」「メニュー」「巻き戻し」「再生/一時停止」「早送り」というボタンが並んでいます。分かりやすいアイコンが描かれているので、使い方で迷うことはほぼないでしょう。

ホーム画面で起動させたいアプリを選んだり、虫眼鏡マークから検索したりして、視聴または遊びたいコンテンツを選ぶ、という単純な使い方です。

いずれも直感的に操作可能なので、初めての方も安心してください。

※なお後述するとおり、リモコンやAlexa搭載端末から音声操作も可能です。

アプリをインストール・アンインストールする方法

Fire TV Stickの基本的な使い勝手は慣れ親しんだスマホと同じです。必要なアプリをストアからイントールして、いらなくなったらアンインストールするだけ。

アプリをインストールする方法

まずはfire TV Stickにアプリをインストールする方法を確認しておきましょう。

1.Fire TV Stickでホーム画面を立ち上げ、上段にあるアプリから探すか、虫眼鏡マークから検索します。

2.あとは「ダウンロード」を選ぶだけで、インストールは完了です。Fire TV Stickのホーム画面に表示されるようになります。

※主要なアプリは、初期設定の段階でまとめて「一括ダウンロード」できるので、その時点でダウンロードしておいてもOKです。

アプリをアンインストールする方法

アプリをアンインストールする方法は次の3ステップ。

1.ホーム画面上部から「設定」を開く

2.「アプリケーション」>「インストール済みアプリ」を選択

3.削除したいアプリを選択して「アンインストール」

Fire TV Stickには電源ボタンがありません。終了したい場合は、電源ではなく入力切替で通常のテレビに切り替えるか、そのままテレビの電源をオフにすればOKです。

Amazonのサポートページによると、Fire TV Stickを操作しない時間が20分間続くと自動でスリープモードになります。ホームボタンを2秒間長押しすると表示されるメニューから手動でスリープすることも可能です。

また、「設定」>「My Fire TV」からFire TV Stickを再起動することもできます。

 

Fire TV Stickでできること 無料コンテンツも多数あり!

関連記事

NEW

「eneplat」とは|脱炭素化を見据えた住宅用蓄電システムを解説

新たな住宅用蓄電システムであるeneplatは、太陽光で発電される電力を利用し、エネルギー自給自足を目指せるシステムです。詳しい仕組みや今後の展開について紹介いたします。   住宅用蓄電シス ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2023.01.27

スマホの効果的な放熱方法を解説!熱を持つ理由や間違った放熱方法も紹介

スマホを使用しているとき、スマホ本体が熱くなることがあります。スマホが熱くなると、故障や画面のフリーズ、最悪の場合は発火や火傷などの危険性があります。 ではスマホが熱くなったときは、どのようにして放熱 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2023.01.19

スマートウォッチはソーラー充電が可能?注意点や選び方も紹介

スマートウォッチには便利な機能が備わっており、普段の生活の様々なシーンで広く活用されています。 ただし、一般的な腕時計と比較してバッテリーを多く消費するため、充電をさせる頻度は高くなります。充電作業は ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2023.01.13

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2023 AllRights Reserved.