iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2019.12.19
2019.12.19

元警備員から見たスマートホーム(後編)「MANOMA」のセキュリティ機能は使えるの?

記事ライター:Satoru Oguchi

前回は、MANOMAの機器構成について紹介しました。いよいよ具体的な使用シーンを紹介していきましょう。

元警備員として気になるのは、やはりセキュリティ機能です。どうしても、「どこかに穴があるんじゃないか?」という目で見てしまうんですよね。もちろん、どんなセキュリティでも絶対に破れないとは言えないんですが。ホームセキュリティとして基本的なラインを果たせるのか、どう使用するのが最適なのかをチェックしていきます。

まずは、留守中のセキュリティ機能がどう作動するかを見てみましょう。

警戒モード中に侵入を検知すると、AIホームゲートウェイが赤く光って警告音を発します。侵入者にセキュリティシステムが作動したと伝わるので、慌てて逃げていき、被害を最小限に抑えられる可能性もあります。

同時にスマホに通知が来ます。タップしてアプリを開くと、リアルタイムの映像が確認できます(録画もされています)。

これは、20年前のホームセキュリティにはなかった機能で、まさにブロードバンドの恩恵ですね。

実は、セキュリティシステムで多いのは、機器の誤動作や操作ミスです。警備員時代も駆けつけてみれば、「警戒解除を間違えました」ということがほとんどでした。なので、映像で確認できるメリットは大きいです。

家族が警戒モードの解除に失敗していたならば、ひとめでわかります。問題なければ、アプリで「確認済み」をタップすれば、アラートを終了させることができます。

何か異常がありそうだ、もしくはカメラでよく確認できない場合に利用できるのが「セコム駆けつけサービス」です。

実際に自宅にセコムの対処員を行かせて、自宅の状況を報告してもらうことができます。このサービス、実際に対処してもらったときのみ費用が発生し、毎月の基本料金は必要ありません。

 次ページ >
設置機器はフレキシブルに追加可能

関連記事

Alexa(アレクサ)が怖い?アレクサの恐怖体験と怖い機能を紹介

ユーザーの生活が快適になるように、さまざまなサポートしてくれるアレクサですが、アレクサによって怖い思いをしたという体験談もあります。今回は、アレクサの怖い体験談をご紹介します。そして、アレクサがわざと ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.05.26

たまごっちがスマートウォッチ化?たまごっちスマートの特徴を解説

たまごっちスマートとは、スマートウォッチの形をした新しいたまごっちです。 たまごっちスマートは、たまごっちが発売して25周年の節目である2021年11月23日に発売されました。 1996年に発売された ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.04.22

Alexa(アレクサ)の設定方法を徹底解説!設定ができない場合の解決策も併せて解説

アレクサの初期設定の方法 アレクサの初期設定、いわゆるセットアップの方法をご説明します。 1.スマホにアレクサのアプリをインストールします。 2.アレクサはAmazonと連動しているので、アレクサを使 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.04.14

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2022 AllRights Reserved.