iedge
  • iedge
ニュース
2019.12.19
2019.12.19

自動運転車市場の加速に伴い、YandexがLIDARセンサーを構築

記事ライター:iedge編集部

ロシアのインターネットサービス会社であるYandexは、独自のLight Identification Detection and Ranging(LIDAR)レーザーテクノロジーとカメラのテストを開始したと発表しました。新しいデバイスは、最近公開された同社の配送ロボットであるYandex.Roverに使用されます。

Yandexによれば、同社のソフトウェアは、運転中にLIDARのスキャンパターンを調整でき、密集した街路、高速道路、悪天候などのさまざまな運転条件に適応できるようにパラメータを変更できます。センサーは、最大200メートル(または約656フィート)の距離にある特定の物体に焦点を合わせて、それが歩行者、自転車、または他のものであるかどうかを判断することもできます。

Yandexの自動運転車の責任者であるDmitry Polishchuk氏は、LIDARセンサーの量産に入れば、部品の生産において最大75%節約できると語りました。

Polishchuk氏は次のように付け加えました。「LIDARを使用するとセンサーの生データにアクセスし分析することで他のセンサーからの情報と同期できます。これにより、車両の周囲のオブジェクト情報をより識別しやすくなります。そして、今回のプロトタイプは、既存のデバイスの半分のコストです。」

Yandexは、今後数か月で2つのLIDARセンサーを発売します。それらの1つは、システム全体がシリコンチップ上に構築されている固体状態の120度の視野を持ち、2番目のセンサーは周囲の360度の視野を提供します。

同社はまた、低照度のオブジェクトと明るい照明を同時に検出でき、突然の照明の変化にすばやく適応できるカスタムハイダイナミックレンジカメラを発売します。このカメラは、たとえば、トンネルに入るときや駐車場を出るときに活用される見込みです。

(画像引用:https://www.iottechnews.com/news/2019/dec/16/yandexs-building-lidar-sensors-self-driving-car-market/)

関連ニュース

NEW

大掃除の手間を省くために 新年から導入したいロボット掃除機5選

せっかく年末に大掃除をしてきれいになった部屋も、だんだんと汚れていきます。キレイさを保つにはやはり普段からの掃除が重要。そんな掃除を楽にしてくれるのがロボット掃除機です。この記事では、そんなロボット掃 ...

続きを見る
ニュース 2021.01.19
NEW

CES 2021で大注目!次世代の電話は、画面がロールで拡大できる!

2年前のCES 2019にて、世界初の折りたたみ式電話RoyoleFlexPaiが発表されました。2021年に入り、さらに大きな画面を持てるようになることが実現可能として見えています。一方で、次のフロ ...

続きを見る
ニュース 2021.01.18
NEW

今年は家をスマートホームに変えよう まず買いたい製品5選

何か新しいことを始めるのにうってつけなのが新年。今年は自宅のスマートホーム化に挑戦してみてはいかがでしょうか。でも、一口にスマートホームといっても、何から始めていいかわからない方も多いのではないかと思 ...

続きを見る
ニュース 2021.01.18

ポルシェが自動車とスマートホームの連携を狙う

ポルシェは、シュツットガルトに本拠を置くテクノロジー会社home-iXとパートナーシップを結ぶことを発表しました。 home-iXは、元ポルシェ従業員のMehmet ArzimanとHeiko Sch ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

サムスンとADTがスマートホームセキュリティ開発で新たなパートナーシップ締結

サムスンは2日、米国ホームセキュリティ最大手「ADT」とパートナーシップを新たに結んだことを発表。両社は、Samsung SmartThingsプラットフォームとADTの監視サービスを搭載した新しいセ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

ヒルトンホテルが“スマートルーム”導入へ

9月26〜27日に開催された旅行業界の国際カンファレンス、Skift Global Forumにおいて、ヒルトンホテルのクリストファー・ナセッタCEOが、2018年中に「スマートルーム」を導入予定であ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.