iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2019.09.10
2019.09.10

【2019年秋発売予定】機能も価格もプロ級!新型Mac Proとは

パソコンに関するプロフェッショナル向けに発売されている「Mac Pro」。デスクトップ型として持ち運びを想定していない分、十分すぎるスペックを備えているのが魅力です。そして2019年3月には、Appleがイベントで新型Mac Proを発表して注目を集めました。

新型Mac Proは見た目も変わっており、高価格な分スペックも大幅にパワーアップしています。今回は、新型Mac Proの概要や見た目、機能などについて解説していきます。「新型Mac Proの最新情報が知りたい」という方は、ぜひともご覧ください。

記事ライター:iedge編集部

新型Mac Proとは

新型Mac Proとは、Appleが2019年6月に開催した開発者向けイベント「WWDC 2019」で大々的に発表されたMac Proの新型です。プロユーザーに必要なパソコンのスペックの高さを徹底的に追及しており、細かいスペックまで公表されています。

そして、Mac Pro専用の高機能ディスプレイ「Pro Display XDR」も同時に発表されており、Mac ProにPro Display XDRを組み合わせたパソコン構成が基本になります。もともと、Mac ProがWWDC 2019で発表されるという情報は複数の有力筋がリークしており、噂でも広まっていました。

今回はそのリーク情報が的中した形になります。いつごろ発売か気になる方もいらっしゃるでしょうが、詳しい発売日は未定です。ただし2019年秋ごろには発売するとAppleが公表しており、期待が高まります。

 

新型Mac Proの見た目や機能について

ここからは、新型Mac Proの見た目や機能についてご紹介していきます。 

見た目はおろし金を想起させるようなメタリックデザイン

WWDC2019で発表されたMac Proの見た目は、いわゆるおろし金に似ています。側面に大きな排熱口がたくさん並んでいる光景は、まさしくおろし金そのものです。そのユニークさだけでなく、スタイリッシュさも魅力。Apple得意のメタリックシルバー色のアルミニウム素材が良い質感を表現しています。

デスクトップではありますが持ち運びも簡単で、本体上部のハンドルを持てばバッグのように持つことができます。また、下部にキャスターを設置して、転がして走行させることも可能で、内部メンテナンスの際も、筐体をスライドさせれば中身が簡単に出てくるので便利です。

従来のAppleでは、パソコンの中身はユーザーに見せない流れが主流でした。しかし新型Mac Proでは容易にメンテナンスしたり、カスタマイズできる仕組みになっていたりすることから、その流れに少し変化が出ているのかもしれません。

Proの名にふさわしい超ハイスペック

Proと名前のついているデスクトップモデルだけあり、新型Mac Proは超ハイスペック仕様です。

例えば、以下のような並みのパソコンではできない処理が可能になっています。

・Pro Display XDR6つに映像を同時出力できる

・「8K(7,680×4,320ピクセル)」画質の動画ならば3つ同時にダウンロード再生可能

・「4K(4,320×2,160ピクセル)」ならば12つ同時にダウンロード再生可能

これはCPUやメモリだけでなく、画像を処理するグラフィックボードまで、Mac Proでは最大限まで高性能・大容量化されているからです。

従来、デザインソフトの処理落ちなどで困っていた方も、このモデルを使えばどんなソフトでも速い処理速度で起動できるようになります。さらに、オプションパーツの新機能である「Apple Afterburner」を使えば、処理能力が向上します。

ちなみにPro Display XDRは「6K Retina(6,016×3,384ピクセル)」で、現実世界に近いダイナミックな色合いを再現できるなど、こちらもディスプレイとして超ハイスペックになっています。

自在にカスタマイズが可能

Mac Proの構成は以下のとおりで、自在にユーザーがカスタマイズできます。

・CPU・・・8~28コア Intel Xeon W

・RAM(メモリ)・・・32GB~1.5TB

・SSD・・・256GB~4TB

・電源・・・1,400W

最大限にまでカスタマイズすると、従来のデスクトップパソコンの常識を打ち破るほどの超高スペックのパソコンが完成します。ただし、電源が1,400Wと大型家電並みに必要な点は留意しておきましょう。

特にCPU28コア、RAM1.5TBというのは、レンタルサーバーに匹敵するスペックです。業務用のサーバーすら超えてしまう高スペックを、Mac Proならば実現できます。

 

<次ページ> 新型Mac Proの価格はどのくらい??

関連記事

NEW

スマートウォッチを使いこなしてより便利な生活へ!購入時にも役立つ基本機能7つを紹介

スマートウォッチの機能1:電話やメールの通知を受け取れる スマートウォッチの代表的な機能として、電話やメールの通知を受け取れるという点が挙げられます。 iPhoneやAndroidスマホなどに電話が掛 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.10.26
NEW

もう宅配物を待つ必要はない!ソフトバンクの置き配ボックスサービスとは

【置き配には盗難リスクも】物流業界では人手不足や再配達率増加が大きな問題に、ソフトバンクが対策に乗り出す 物流業界は現在、慢性的な人材不足に悩まされています。必要な人員に対して、物流業界に身を置きたい ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.10.25
NEW

【うわさまとめ】iphone12Rは、本当に発売されるのか?

2021年3月23日に、iphone12Rを含む新製品発表イベントが開催される? TwitterにてApple製品のコンセプトデザイン公表などを行っている「Apple Lab」氏は、2021年3月23 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.10.24

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2020 AllRights Reserved.