iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2017.10.30
2019.05.01

ケーブルテレビ事業者がスマートホーム市場に参入したことで高まる期待

ケーブルテレビを導入している、または住んでいるマンションにもともと導入されていたという方も多いのではないでしょうか。今回はケーブルテレビ事業者がスマートホーム市場に参入したことによって高まる期待とはどういうものなのか、詳しく解説します。

記事ライター:iedge編集部

日本におけるスマートホームの導入はまだハードルが高い?

「あらゆる家電や電化製品、家具などがIoT化され、スマートホームがいよいよ現実のものとなった」

ここ1~2年の間、日本でもネットニュースやテレビ番組、あるいは家電量販店などでそんな話題を頻繁に見聞きするようになりました。

ただ、消費者の反応としては、

「機会があればぜひ導入してみたい」
「なんとなく便利で快適になるのは理解できるから興味がある」

という方もいれば、

「難しそうだし、対応している製品を買い揃えるのは大変そう」
「今の生活で別に不便を感じていないから、特に必要性を感じない」

という方まで、考え方は十人十色です。

実は導入までのハードルは意外と低いのですが、全体的に見てみるとどうしても「値段が高い」というイメージを抱いてしまう方が少なくないようです。

しかしながら、例えば、引っ越しなどに伴う、

・ネット回線の契約
・ケーブルテレビの契約

などと併せてスマートホームのシステムが付帯したり、あるいは月々数百円程度のオプション選択でサポートまで付いてくるようになったりしたら、「導入してみようかな」と思う方が増えてくるのではないでしょうか。

そこに目をつけたのが、東京や神奈川を走る東急線沿線でケーブルテレビサービスを提供しているイッツ・コミュニケーションズ株式会社(以下、イッツコム)です。

 

他社に先駆けてケーブルテレビ&スマートホームサービスを開始

イッツコムはテレビ・インターネット・電話に次ぐ「第4の柱」としてスマートホーム事業に参入しました。これは、東急線沿線の「住生活を高度化」するため、さらにはケーブルテレビ事業者の強みである「ユーザーとの接点」を活かすという狙いがあります。

イッツコムのスマートホーム事業についての重要な経緯として、アイコントロール・ネットワーク社のシステム導入があります。

アメリカ・カリフォルニア州に拠点を構えるアイコントロール・ネットワーク社(以下、アイコントロール)は、スマートホームサービスやプラットフォームサービスを提供するアメリカ最大手企業の一つです。

アイコントロールはすでにアメリカにおける3大ケーブルテレビ事業者「コムキャスト」「チャーター・コミュニケーションズ」「コックス・コミュニケーションズ」と提携してスマートホームサービスを提供しています。

イッツコムはこのアイコントロールが持っているネットワークシステムの導入を決定して、無事に同意に至り、2015年2月より実際にケーブルテレビ会社として先発のスマートホームサービスの提供を開始しています。

 

ケーブルテレビ会社イッツコムのスマートホームサービスについて

ケーブルテレビ会社イッツコムのスマートホームサービスは大きく「インテリジェントホーム」と「テレビ・プッシュ」に分かれています。

まずインテリジェントホームですが、アイコントロールのネットワークシステムを採用したデータセンター、インターネット、クラウド、ブロードバンドルーター、ホームゲートウェイが接続されて、

・スマートロック(電子錠)
・ドアセンサー
・窓センサー
・広域モーションセンサー
・狭域モーションセンサー
・IPカメラ
・スマートLED
・空調装置(エアコン等)
・家電コントローラー(リモコン)
・照明器具(シーリングライト等)

といったデバイスが赤外線・Wi-Fi・ZigBeeなどの通信方式でホームゲートウェイと相互接続し、スマホやタブレットを使えば、外出先からでもこれらのデバイスを自由にコントロールすることができるサービスです。

家の鍵を開け閉めしたり、照明をオン・オフしたり、エアコンの温度調節をしたり、子供の留守番や高齢者を見守ることもできます。

ほかにも設定をカスタマイズすることが可能で、例えば、誰かが在宅しているのに一定時間ドアや窓の開閉がなければ、指定したメールアドレスに通知するように設定したり、外出したらエアコンや照明をオフにして玄関を施錠できるようにしたりするといったことができます。

また、もう一つのサービスであるテレビ・プッシュですが、こちらは自治体が配信する災害情報、住んでいる地域の生活情報などを、音声やテレビ画面でお知らせするというものです。

特に緊急性の高い防災情報は、テレビの電源がオフになっていても自動でオンになり、別の番組を録画している時でも自動的に切り替わってお知らせしてくれます。

生活情報では降雨アラーム、電車の運行情報、PM2.5の濃度など、生活に役立つ情報を配信してくれます。

これらは、ケーブルテレビ会社ならではのスマートホームシステムであるといえるでしょう。

 

数年後には一気に普及する可能性が高い

冒頭で日本におけるスマートホームの導入はハードルが高い印象を持つ方が多いという話をしましたが、イッツコムにネットワークシステムを提供しているアイコントロールの営業戦略バイスプレジデントであるトム氏は、

「日本はアメリカに比べるとスマートホーム市場が3年程度遅れているが、まだ黎明期である。もともと家電やコンシューマーエレクトロニクスがしっかりと根付いている国なので、今後さらに伸びていく」

と話しています。

イッツコムのように、すでに私たちの生活に入り込んでいるケーブルテレビがスマートホームシステムを統合したサービスを提供してくれるようになれば、今後、スマートホームの普及が一気に加速する可能性が高くなります。

イッツコムのサービス対象地域は、まだ東京や神奈川の東急線沿線という狭い範囲ですが、今後どのように広がっていくのか、他のケーブルテレビ事業者との連携はあるのかなど、ケーブルテレビとスマートホームをめぐる発展に注目しておきたいところです。

関連記事

NEW

超アナログ人間の独身アラサーOLがAmazon Echo dotを購入!アレクサと一緒に生活してみた2週間後、まさかの結末

超アナログ人間・独身アラサーOL ”ちー坊 ” とは はじめまして! 都内で一人暮らしをしているアラサーOL、ちー坊です! 好きなものはしろくまアイスとドラクエのスライム、趣味は昼寝です。 私はとにか ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.09.18
NEW

【都心での反応は?】新型コロナ接触アプリ“COCOA”を実際に使ってみた

新型コロナ接触アプリ“COCOA”とは? “COCOA”は厚生労働省が管轄しているアプリで「Contact Confirming Application」を略したものです。仕組みや使い方など、基本的な ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.09.16
NEW

パナソニックのスマート照明で健康的な目覚めが手に入る!?LINK STYLE LEDの特徴と使い方を解説

Bluetoothで接続!パナソニックのスマート照明、LINK STYLE LEDとは 画像引用元:https://panasonic.jp/light/linkstyle.html LINK STY ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.09.15

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2020 AllRights Reserved.