iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2019.08.19
2019.12.18

Amazon Dash Button経由の「注文」も今月末で終了。代わりの手段は?

記事ライター:Yuta Tsukaoka

これを書いている前の晩、私のもとにショッキングなメールが届いた。
こんな内容だ。

Dash buttonをご利用のお客様

Amazonは、お客様の購入体験がより便利で簡単になるように、さらには購入する煩わしさを取り除けるよう、取り組んでまいりました。
Amazon Alexaに話しかけハンズフリーで商品を購入できる音声ショッピングや、商品の自動再注文サービス Amazon Dash Replenishmentの対応機器の数は世界で数百に上り、定期おトク便やバーチャルダッシュも導入してまいりました。

これらサービスが充実してきたことを踏まえ、2019年8月31日をもちまして、Dash Button経由での商品の販売を終了することに致しました

(後略)

今年の2月末に販売は終了していたが、その時のアナウンスでは「Dash Button経由での注文は引き続き可能」とあった。が、ここに来てついに引導が渡された形だ。

我が家には10個以上のDash Buttonがあり、妻も私も便利に使っていただけに正直かなりのショックなのだが、そう言っていても仕方がない。
Dash Buttonに代わる購入方法について確認しておこう。

Dash Buttonの代わりに使えるサービスは?

では、Dash Buttonの代わりに使えるサービスをいくつか紹介しよう。

バーチャルダッシュ

Dash Buttonにもっとも近い使用感なのが、このバーチャルダッシュだ。
その名の通り、デザインを踏襲したバーチャルなDash Buttonである。スマホやPCから注文することができ、Dash Buttonと同じようにタップするだけ(確定のためにもうワンタップ必要)で注文が完了する。

ただし、その商品を含めて合計2,000円以上にならないと注文できない「あわせ買い商品」の対象になるような低価格商品の場合、2,000円以上になるまでカートに入ったままで発送されない。

実は、Dash Buttonはこの「あわせ買い商品」の制限を受けない注文方法だった。
トイレットペーパーやティッシュ、柔軟剤といった低価格な消耗品のためにDash Buttonを使っていただけに、個人的にはかなり不便になった印象だ。

音声ショッピング

Dash Buttonの代替手段として次に思いつくのが、Alexa経由での「音声ショッピング」だ。

「アレクサ、トイレットペーパー買って」や「アレクサ、お米注文して」のような言葉で買い物ができるのだが、Dash Buttonとは購入できる品目に違いがあるようなので注意しよう。

詳しくは次に説明するが、食品や調味料・洗剤などでは「Amazonパントリー」専用商品があり、それらは音声ショッピングができないようだ。
何度か言葉を変えて「風呂用洗剤を買って」「(商品名)を買って」など試してみたが、「何も見つかりませんでした」と言うか、同カテゴリの別商品を薦めてくるか、という反応だった。

また、画面のないEchoシリーズ(Echo, Echo dotなど)を利用している場合、製品名を次々読み上げるだけなので注文しやすいとはいい難い。この機能を使いたいなら、Echo Show 5など画面付きのモデルがあったほうがいいだろう。

Amazonパントリー

Amazonパントリーは、割引価格で購入できたり、特別なキャンペーンがある代わりに390円の手数料を支払うことで日用品を1つの箱にまとめて届けてくれるプライム会員限定のサービスだ。

この場合、バーチャルダッシュにあるような「あわせ買い商品」の制限はかからないが、箱に商品を1つだけ入れても、満杯まで入れても390円の手数料は変わらないので、結果的にまとめ買いすることになる。

Amazon定期おトク便

定期おトク便は、商品ごとに1〜6ヶ月の周期を決めて届けてもらえるプライム会員限定のサービスだ。
Amazonパントリーのように手数料はかからず、通常価格の最大10%引きで購入できる。さらに、3つ以上の商品をまとめれば5%の上乗せ割引も受けられるので、確かに「おトク」なサービスである。

ただし、配送日は決まっていて毎月15日(ユーザーによって日付は変わるようだ)。これを変更することは出来ない。また、全ての商品を定期おトク便で購入できるわけではないことにも注意が必要だろう。
Dash Buttonのように、「最後の1つが無くなったらボタンを押しておく」というような使い方はできないのは不便だ。

 次ページ >
「自動注文」も

関連記事

NEW

「eneplat」とは|脱炭素化を見据えた住宅用蓄電システムを解説

新たな住宅用蓄電システムであるeneplatは、太陽光で発電される電力を利用し、エネルギー自給自足を目指せるシステムです。詳しい仕組みや今後の展開について紹介いたします。   住宅用蓄電シス ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2023.01.27

スマホの効果的な放熱方法を解説!熱を持つ理由や間違った放熱方法も紹介

スマホを使用しているとき、スマホ本体が熱くなることがあります。スマホが熱くなると、故障や画面のフリーズ、最悪の場合は発火や火傷などの危険性があります。 ではスマホが熱くなったときは、どのようにして放熱 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2023.01.19

スマートウォッチはソーラー充電が可能?注意点や選び方も紹介

スマートウォッチには便利な機能が備わっており、普段の生活の様々なシーンで広く活用されています。 ただし、一般的な腕時計と比較してバッテリーを多く消費するため、充電をさせる頻度は高くなります。充電作業は ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2023.01.13

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2023 AllRights Reserved.