iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2019.08.28
2019.12.18

仮想空間で友達と遊ぼう!VRゴーグル・Oculus Goの空間共有アプリ「Rooms」

スタンドアロン型VRゴーグル「Oculus Go」で遊べる無料アプリ「Rooms」が面白いと話題です。このアプリでどんな遊び方ができるのか紹介します。

記事ライター:iedge編集部

Oculus Roomsとは?

「Oculus Rooms」は、VRヘッドセットOculus Goで使うことのできる無料の空間共有アプリです。仮想空間に自分の部屋とアバターを持ち、Facebook上の友達を招待したり、遊びに行ったりすることができます。部屋内は「設定エリア」「ゲームテーブル」「メディアエリア」の3つのエリアに分かれていて、同じ部屋にいることができるのは最大4名です。

2019年7月時点では、Oculus Roomsが対応しているのはOculus GoとサムスンのGear VRのみで、Oculus Rift S、Oculus Questには非対応です。

 

Oculus Roomsでできること

アバターのカスタマイズ

自分好みのアバターを作ることができます。選択できるのは顔、ヘアスタイル、ひげ、眼鏡類、ファッションで、選択肢はあまり多くはありません。上半身と片手だけのデザインで、話しているときに口がパクパクと動き、首をかしげる動作や、のけぞる動作、手の動きなどが再現されます。

友だちを部屋に招待

招待は、自分の部屋の設定エリアで行います。

アバター同士で会話(音声チャット)

自分の部屋か相手の部屋で、アバター同士で顔を合わせて会話ができます。仮想空間上の2人の位置関係や距離によって、声の大きさや聞こえてくる方向が調整され、まるで本当に一緒に部屋にいるような感覚です。

Oculus Roomsを立ち上げたまま他のアプリに切り替えることもできるので、音声チャットをしながら他のゲームをしたり、ブラウジングしたりすることもできます。

ビデオ通話よりも「直接会っている感じがする」というユーザーも少なくありません。

写真、動画の共有

Facebook上にアップロードされているものと、Oculus Goを接続しているスマホから、写真や動画を読み込んで大画面に再生することができます。部屋の主だけでなく、部屋にいる全員が写真や動画を共有可能です。

360度写真にも対応しています。再生時には部屋が消えて全天球で再生され、まるでその場にいるかのような迫力です。もちろん、おしゃべりしながら写真や動画を見ることができます。

音楽を聴く

部屋にいる友だちと一緒に音楽を聴くことができます。

ミニゲーム

仮想空間上の自分の部屋には、ゲームテーブルが設置されています。Boggle(英単語ゲーム)、Pairs(神経衰弱)、Trivia(クイズ)、Lights(パネルが光った順番を覚えてそのとおりに押していくゲーム)、Chess(チェス)、Checkers(チェッカー)、Reversi(オセロ)、Words(言葉当てクイズ)などのゲームが用意されています。

オセロなど2人でプレイするゲームは、プレイしていない3人目、4人目もテーブルについて観戦することができます。

マルチプレイゲームで遊ぶ

全員が同じアプリをインストールしている必要がありますが、Oculus Roomsの画面から、マルチプレイ対応のゲームを起動して、音声チャットをしながら遊ぶことができます。

部屋のカスタマイズ

家具の配置は変えられませんが、家具や床・壁の色、窓の外の景色を自由にカスタマイズできます。Facebookやスマホ内のお気に入りの写真を部屋の壁に飾ることも可能です。また、外の景色は青空、夕暮れ、夜空など、時間と共に変化します。

 次ページ >
VR会議もできる

 

Oculus RoomsでVR会議もできる

Oculus Roomsを使ったVR会議を試している人が多くいます。

・ ビデオ通話よりも空間を共有している感覚があり、一体感が増す
・ 音声が高品質で、タイムラグもないので会話に支障なし
・ 服装を気にしなくていい
・ 移動時間や交通費がかからない

というようなメリットが挙げられている一方、

・ メモを取る機能がない
・ ホワイトボードやプロジェクターを使えない

といったデメリットもあります。しかし、今後アプリがアップデートされて、これらの問題が解決する可能性は高いです。

 

今後の展開が楽しみなOculus Rooms

ビジネスから、家族や友人、恋人とのコミュニケーションまで、あらゆるシーンで便利で楽しい体験をもたらしてくれるOculus Rooms。無料アプリなので、Oculus Goをお持ちの方はぜひ使ってみてください。今後の新機能の追加にも期待したいところです。

大人気ヘッドセット、Oculus(オキュラス)シリーズの製品や機能について知りたい方はこちらもご覧ください。

関連記事

NEW

【うわさまとめ】iphone12Rは、本当に発売されるのか?

2021年3月23日に、iphone12Rを含む新製品発表イベントが開催される? TwitterにてApple製品のコンセプトデザイン公表などを行っている「Apple Lab」氏は、2021年3月23 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.10.24
NEW

意外と知らない!便利なsiri活用法10選

siriの活用法1:音声だけでアラームを登録 siriに対して「Hey Siri、3分後にタイマーをセットして」、「Hey Siri、8時に目覚ましを鳴らして」と話しかけるだけでアラームが登録されます ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.10.22
NEW

台風災害にも役立つ!?自由自在に開閉できる安心の国産IoTカーテン「eCurtain」とは

国内で初のスマートカーテン!eCurtainとは eCurtainは日本企業である「株式会社リンクジャパン」が開発した、国内初のスマートカーテンです。「Wi-Fi」に接続して利用するタイプになります。 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.10.20

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2020 AllRights Reserved.