iedge
  • iedge
動画
2020.03.27
2020.07.02

多機能に使えるスマートリモコン、eremote・eremote miniをご紹介!

「IoT(モノのインターネット)」市場が急成長を見せる中、IoTにより住宅の利便性を高めようという「スマートホーム」も人気が出てきました。スマートホームが実現すれば、生活の手間が減り楽しい生活を送れるようになります。

スマートホームを実現する際は、「スマートリモコン」を購入するのが有効な選択肢になります。

スマートリモコンで売れ筋モデルになるのが、「eremote」シリーズです。今回はスマートリモコンを購入検討している方向けにeremoteとは何か、そしてラインアップやメリット、実際の使い方などを解説していきます。

記事ライター:iedge編集部

eremoteとは

eremoteとは、「株式会社リンクジャパン」が発売するスマートリモコンです。

リンクジャパンは、IoTに関する機器やサービスなどを展開しています。eremoteは、リンクジャパンの主力商品として人気を集めています。

機能が多彩で、利用場所を選ばない点などが人気の秘密になっています。

 

eremoteのラインアップ

eremoteには、次のラインアップがあります。

・eremote 無印(現行はRJ-3)

・eremote mini

・eremote Pro

この内「eremote Pro」は事業所向けの専用モデルなので、一般の方がeremoteを購入する際は

・eremote 無印(現行はRJ-3)

・eremote mini

の2択となります。

2モデルの違いとしては、

・廉価版であるeremote miniのほうが安い

・eremote miniは温度センサーが搭載されていないなど、一部機能が排除されている

・eremote miniにはACアダプターが同梱されていないので、自分で用意する必要がある

などです。

「性能で選ぶならば無印、コストパフォーマンスなどで選ぶならばeremote mini」となります。

廉価版とはいえ、eremote miniの性能は他メーカーのスマートリモコンと比較しても十分です。「とりあえずスマートホームを体感してみたい」という方は、eremote miniを選ぶとよいでしょう。

 

eremoteの特徴

eremoteには、次の特徴があります。

・赤外線家電も自由に操作できる

・iftttと連携し、さまざまな処理を実行可能

・google homeやアレクサ搭載AIスピーカーとも連動できる

・セキュリティ性が高い

 

赤外線家電も自由に操作できる

スマートホームを実現するには、家電をインターネットに接続する必要があります。しかし古い家電はインターネット対応など当然考えられておらず、赤外線しか使えません。

スマートリモコンには、デジタル回線を赤外線に変換する機能が備わっています。これによりアプリなどから受信した命令を赤外線化し、各家電へ送信できます。

結果的に赤外線にしか対応していない家電もインターネットに間接的に接続できるようになり、スマートホームが低コストで簡単に実現します。

 

次のページ > eremoteとiftttを連携することでできることは・・・?

関連動画

  • ついにSuica対応開始!スマートウォッチ売上上位”Garmin”のおすすめはコレ

    動画 2020.07.04
  • 次世代スマートホームに必須!クラウド型スマートリモコン「surco」とは?

    動画 2020.07.02
  • ドッグカメラのファーボとは?特徴や新旧モデルを徹底比較

    動画 2020.04.17
  • オーストラリアに入国したらPixel 4の「モーションセンス」が使えるようになったから試してみたよ

    動画 2019.12.19
  • 賢すぎる防犯カメラ「Netatmo presence」をお勧めする理由とは?

    動画 2020.01.13
  • FingerTipsはスマートリモコン。どんなときでも、スマホを自由にコントロール

    動画 2019.03.18

Copyright© iedge , 2020 AllRights Reserved.