iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2019.06.11
2019.12.19

おうちがコーヒーショップの香りで満たされる、パナソニック「The Roast」で焙煎する幸せ(前編)

記事ライター:Satoru Oguchi

コーヒーの味にこだわる人は、自家焙煎に行き着きます。
同じ生豆なら、味の8~9割は焙煎で決まると言われているからです。

しかも、コーヒー豆は挽かれてからはもちろん、焙煎して放っておくだけで味や香りの劣化が始まっています。つまり、生豆をその都度豆を煎ることで、いつでも最高のコーヒーが飲めるようになるのです。

とはいえ、これまで自家焙煎には高い知識やテクニックが必要でした。それをIoTで解決したのが、パナソニックの「The Roast」です

世界中から厳選された生豆が定期配送され、焙煎士が作成したプロファイルをスマホ経由で転送することで、豆の特徴を最大限に引き出すよう焙煎してくれる製品&サービスです。本体価格は108,000円(税込)と、決して安くはありませんが、ただ失敗しないだけでなく、初心者にも美味しいコーヒーを楽しみながら知識と経験が蓄えられる製品になっています。

パナソニック「The Roast」(写真はイメージで抽出器具などは含まれません)。

IoTを使用した焙煎といってもイメージが湧かない人は多いのではないでしょうか。まずは使用の流れを見ていきましょう。

スマホに専用アプリ「The Roast」をダウンロードします。アプリはiOS専用で、Androidでは使用できません。アプリを使うには、CLUB Panasonic IDでログインする必要があります。

画面の指示に従って、焙煎機本体とペアリングします(ここまでの作業は初回のみ)。

スターターキットに付属する2種類の生豆パック「ブラジル サントアントニオ ナッティブレイク」「エチオピア イルガチャフィ ワイニードイップ」(各200g)。生豆は毎月送られてきます(豆の種類や料金については後編で紹介します)。

パックのQRコードを読み取ると、生豆の情報や焙煎に必要なプロファイルを含む「豆カード」がアプリにダウンロードされます。

豆カードを開き、左右に画面をスライドさせてプロファイルカードの中から焙煎度を選びます。焙煎度は豆によって2~3種類あります。「ロースト開始」をタップすると、プロファイルが焙煎機本体に送信されます。

 次ページ >
生豆を投入し、焙煎を開始

関連記事

NEW

Fire TV Stickが止まってイライラ…フリーズした場合の対処法6つ

Fire TV Stickがフリーズしたときの対処法1:動画の再選択を行う ちょっとした不具合で、動画再生が止まりフリーズすることもあります。軽い不具合程度であれば、動画を再度再生するだけで症状が改善 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.09.29
NEW

気づいたときには遅すぎる!知っておくべきスマートロックの【締め出し対策】とは?

スマートロックによる締め出しって?どうなっちゃうの? 物理的な鍵を使うことなく、スマホと通信することで施錠・解錠できるのがスマートロックです。導入する方も増えていますね。 スマートロックによる「締め出 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.09.26
NEW

超便利!「Echo Show」さえあれば、もうタブレットもリモコンも必要ない。Echo Showでできる8つのこと

Echo Showとは 画像引用元:https://www.amazon.co.jp/dp/B07934NYFN?ref=ods_ucc_aucc_bis_nrc_ucc 「Echo Show」は、A ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.09.24

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2020 AllRights Reserved.