iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2019.05.22
2019.12.18

2020年中に実用化される「Wi-Fi 6」はこれまでのWi-Fiと何がちがう? ホームIoT普及の切り札となるワケ(後編)

記事ライター:Yuta Tsukaoka

前編では、これまで私たちが使ってきた「Wi-Fi 4(IEEE 802.11 n)」と「Wi-Fi 5(IEEE 802.11 ac)」の解説を踏まえて、それらの「いいとこどり」をした規格として「Wi-Fi 6」を紹介した。

整理すると、

・Wi-Fi 4が持つ電波干渉への強さ
・Wi-Fi 5が持つ速度

のそれぞれを両立した規格という解説をした。この後編をより正しく理解するためにも、詳しい内容はぜひ前編を読んでみてほしい
そして、この後編では「いいとこどり」のさらに先をいく「+α」の要素について取り上げようと思う。

技術的な話もあるが、前編と同じく噛み砕いてできるだけわかりやすく解説しよう。

「古い規格」であるはずの2.4GHz帯が復活

ホームIoTの観点からみると、まず注目したいのがここだ。
Wi-Fi 6では、「2.4GHz帯」と「5GHz帯」それぞれの電波を利用することができる。2.4GHz帯は電子レンジなどとの電波干渉があるため、Wi-Fi 5では採用されず「古い規格」となった。

しかし、そんな2.4GHz帯にもいいところがある。遠くまで届き、かつ、障害物を超える能力が高いのだ。

紐に例えるとわかりやすい。
5GHz帯が「太く短い、ぴんと張った紐」なのだとすれば、2.4GHz帯は「細く長い、ゆるい紐」なのである。つまり、5GHz帯は速度が出るかわりに直進性が高く、たとえばドアや壁を挟むと速度が落ちたり、そもそも届かなくなってしまうこともある。
一方、2.4GHz帯は(あくまでイメージだが)ゆるく張った紐なので障害物の脇をすりぬけ、なおかつ遠くまで電波が届くのだ。

たとえば、スマートテレビでNetflixを見るときのように、大量のデータを送る必要がある場合には5GHz帯が向く。しかし、ホームIoTガジェットのように、機器をオン・オフするような小さいデータを送るだけであれば、2.4GHz帯のほうが理にかなっているということになる。

我が家では、家具の裏で、かつケーブルボックスの中に隠されたスマートプラグがいくつかあるが、すべて2.4GHz帯で接続されているため問題なく電波が届いている。5GHz帯では、家具が邪魔で届きにくいところだ。

より多くの端末と同時接続ができる

Wi-Fi 6には「直行周波数分割多元接続(OFDMA)」という技術が採用されていて、多くの端末を同時に接続することが可能になっている。
おっと、難しい言葉が出たからって逃げないでほしい。これは要するに、タコ足配線に似た技術だ。

これまでのWi-Fiでは、ひとつのコンセントにひとつの機器しか接続できなかった。Wi-Fi 6では、そのコンセントをタコ足配線にして、より多くの機器を接続できるようになった、という理解でいいだろう。

現実のタコ足配線に電気ストーブのような電力の大きい機器を接続すると危険であるように、Wi-Fi 6のタコ足配線にもあまり大きなデータを送ることはおすすめしない。
しかし、これまで書いてきたようにホームIoTデバイスが必要とするデータ量はごくわずかだ。その代わり、数が多い。
このような「小さいデータを多くの場所で送受信する」といった使い方に非常に向いた機能なのである。

もちろん、これまで通り大きいデータを送ることもできる。コンセント直挿しとタコ足配線、そのどちらも自由に使えるのがWi-Fi 6だ。

 次ページ >
データ通信の事前予約が可能?

関連記事

NEW

IoT家電とは?おすすめ家電と便利な理由を解説

電子機器やインターネットへの接続技術は、日々進歩しています。 そのため、パソコンやスマホだけでなく、家電をインターネットに接続して使う人が増えてきました。 この記事では、生活の質を底上げするハイテクな ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.09.16

スマートホームハブとは?メリット・デメリットとおすすめのブランド

近年話題のスマートホームは、コロナ禍で在宅時間が増えたことにより、さらに注目を集めています。そんなスマートホームを実現させるために欠かせないものが「スマートホームハブ 」です。本記事では、スマートホー ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.09.02

IoTってどういう意味?どんなことができるの?豊富な事例も紹介

最近よくIoTという言葉を聞くことが増えてきました。 ・IoTって一体どういう意味? ・どんな風に使われているの? ・うちでも使えるかな? IoTについてなんとなく便利そうだけれども、ちょっと難しそう ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.07.26

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.