iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2019.04.24
2020.01.19

Amazon Echo(アマゾンエコー)とGoogle Home(グーグルホーム)を徹底比較!どの製品を購入するのがベスト?

2017年秋ごろから、日本国内で販売が開始したスマートスピーカー。対応する家電製品が続々とリリースされるので、スマートスピーカーの購入を検討する人もいるでしょう。
現在、Amazon Echo(アマゾンエコー)とGoogle Home(グーグルホーム)が、スマートスピーカーとして人気を博しています。そこで購入するならAmazon EchoとGoogle Homeのどちらがベストか、徹底比較しました。

記事ライター:iedge編集部

Amazon Echo(アマゾンエコー)とGoogle Home(グーグルホーム)のラインナップの比較から

Google Homeは、標準サイズのGoogle Home(グーグルホーム)/15,400円と、小型サイズのGoogle Home Mini(グーグルホームミニ)/6,600円の2種類を揃えています。ラインナップ数の少なさから、どの製品を購入すべきか比較的分かり易いといえます。

Amazon Echo(アマゾンエコー)は種類が豊富です。

標準サイズのEcho第3世代(エコー)/11,980円、小型サイズのEcho Dot第3世代(エコードット)/5,980円のほかに、Echo Studio(エコースタジオ)24,980円、Echo Flex(エコーフレックス)/2,980円、Echo Plus第2世代(エコープラス)/17,980円、そしてEcho show(エコーショー)/27,980円などがリリースされています。

最上位機種のEcho Plus(エコープラス)や、ディスプレイを搭載したEcho Show(エコーショ―)など、それぞれ特徴が異なるためAmazon Echo内で比較するのも困難です。

※ランナップおよび価格はすべて、2019年12月の調査時点で公式サイトに掲載されていたものです。価格はセールなどで変動する可能性があるため、最新情報は公式サイトにてご確認ください。

 

Amazon Echo(アマゾンエコー)とGoogle Home(グーグルホーム)の音質を比較

音楽をスマートスピーカーで聴きたいユーザーにとって、気になるのが両製品の音質の比較でしょう。Amazon Echo、Google Homeともに、高価になるに従い、音質は高くなります。

標準サイズのAmazon EchoとGoogle Homeの音質を比較すると、Google Homeはやや低音寄りでこもる傾向があるのに対し、Amazon Echoは音のバランスが取れているという評価です。

ただし、Google Homeには特定の周波数を上下させて音質を変えるイコライザー機能が搭載されていますので、自分で音質を調整することも可能です。

一方Amazon Echoでは、パワフルな重低音が楽しめるEchoシリーズ用のサブウーファー「Echo Sub(エコーサブ)」がラインナップに加わっています。低音を重視する方は、Amazon EchoのほかにEcho Subを購入するのがベストかもしれません。

 

両製品で利用可能な音楽サービスを比較

Amazon Echo及びGoogle Homeで音楽を聴く場合に、気になるのが音楽サービスの充実度でしょう。

Google Homeでは、有料版のGoogle Play Musicが提供されており、個人プランなら月額980円で3,500万曲以上もの音楽を楽しめます。無料音楽配信サービスのSpotifyでは、4,000万曲以上の楽曲が配信されています。

一方Amazon Echoは、Amazonのサービスと連携しています。たとえばAmazonプライム会員なら、追加料金なしで200万曲が楽しめます。6,500万曲以上が聴き放題のAmazon Music Unlimitedは、プライム会員が月額780円、非会員が980円で利用可能なほか、Echo端末1台で利用できるEchoプラン(月額380円)も登場しています。

両者の音楽配信サービスを比較すると、Google Homeには無料で曲が聴けるメリットが、Amazon Echoには低額で多くの曲を利用できるメリットがあるといえます。

 

関連記事

NEW

Amazon年末のビッグセール!ブラックフライデーとサイバーマンデーの注目商品まとめ

2020年は合同開催!Amazonのブラックフライデーとサイバーマンデーとは 画像引用元:https://www.amazon.co.jp/?&tag=hydraamazonav-22&amp ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.11.30
NEW

消し忘れで火事の心配も無し!こたつ愛用者にお届けしたい【スマートプラグdeこたつ操作】導入方法やおすすめデバイスも紹介

スマートプラグとは? まずはスマートプラグの基礎知識について、簡単におさらいしておきましょう。 遠隔操作が可能なプラグ! スマートプラグとはIoTデバイスのひとつで、Wi-Fiなどネットワークを介して ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.11.24

高画質でVRを楽しみたい方必見!4Kの迫力あるVR映像を楽しめる“Pico G2 4K”の魅力に迫る

スタンドアローン型の4K対応VRゴーグル!Pico G2 4Kとは Pico G2 4Kとは、「Pico Technology」が販売しているVRゴーグルです。 VRゴーグルには ・パソコンやスマホな ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.11.23

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2020 AllRights Reserved.