iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2019.04.01
2020.01.15

Amazon Echoで家電を音声操作できるスマートリモコンを紹介

スマートホームやスマート家電、IoTが話題の今でも、家のほとんどの家電はスマート化されていないという人は多いのではないでしょうか。日本で販売されている家電は赤外線で操作する製品が多いため、Alexa(アレクサ)を搭載したスマートスピーカー「Amazon Echo」単体では家電の音声操作ができません。Amazon Echoはネットワーク接続されている家電しか操作できないためです。

しかし、Amazon Echoとスマートリモコンを組み合わせれば、赤外線リモコンで操作する家電でも音声操作が可能になります。スマートリモコンは赤外線リモコンをネットワークに接続する役割を果たすため、「Alexa(アレクサ)、○○して」というようにAmazon Echoに話しかけるだけで家電が操作できる仕組みです。

ここでは、Amazon Echoとスマートリモコンを使ってどのような家電操作ができるか解説し、Amazon Echoに対応しているスマートリモコンを紹介します。

記事ライター:iedge編集部

Amazon Echoとスマートリモコンで様々な家電操作が可能

Amazon Echoとスマートリモコンを連携すると、照明のオンオフやテレビの電源オンオフはもちろん、エアコンの温度変更やテレビチャンネルの変更などもリモコンを使わずに音声操作できるようになります。ため、手が離せないときでもすぐに家電操作できるなど、暮らしをよりスマートで、快適に過ごせます。ます。

具体的には、下記のようにAmazon Echoに話しかけることによって家電を操作することができます。

リビングの照明をオンにするには、「Alexa(アレクサ)、リビングの照明をオンにして」

エアコンの温度を変更するには、「Alexa(アレクサ)、スマートリモコンでエアコンの温度を2度下げて」

登録しているすべての家電の電源をオンにするには、「Alexa(アレクサ)、すべての家電の電源オン」

他にも、自宅に帰ったときエアコン、テレビ、照明などの電源を一斉にオンにしたり、帰宅中にスマートフォンを使って自宅のエアコンの電源をつけ、部屋を暖めたりすることができます。外出先でスマートフォンを使って自宅の家電操作ができるため、照明やエアコンを消し忘れたときにも便利です。

Alexa(アレクサ)のスマートホームスキルやカスタムスキルとは?

Amazon EchoにはAmazonのAIアシスタント「Alexa」が搭載されています。Amazon Echoに話しかけるとAlexaが言葉を理解して、話しかけられた言葉に対して応答しています。

Alexaには「スマートホームスキル」「カスタムスキル」「IFTTT連携」という3種類の機能があります。それぞれの操作方法で、家電を操作できる範囲や内容が異なります。

スマートホームスキルは、Alexaに標準搭載されている機能です。基本的には家電の電源オンオフのような簡単な操作しか行えません。しかしスマートリモコンなどのデバイスの名前を呼ぶ必要がなく、「Alexa(アレクサ)、テレビをつけて」のように、自然な話し言葉で家電操作ができます。

カスタムスキルは、スマートリモコンなどを販売しているメーカーが提供している機能です。電源のオンオフだけではなく、エアコンの温度変更など、細かい操作も行えます。「Alexa(アレクサ)、スマートリモコンでエアコンの温度を2度上げて」のように、「スマートリモコンで」という呼び出しが必要になります。カスタムスキルは操作できる内容が幅広いものの、毎回呼び出しが必要なのは煩わしいので、基本的にスマートホームスキルを使うのが良いでしょう。

IFTTT経由の連携は、カスタムスキルよりもさらに細かい操作を行えます。たとえば、自宅に子供が帰ってきて「Alexa(アレクサ)、ただいま」と言ったら、両親に自動でメールを送って子供の帰宅を通知するといったことが可能です。

上記のように、行いたい家電操作に応じて操作方法が異なりますが、基本的な家電操作であればスマートホームスキルだけで十分でしょう。スマートリモコンによって対応している家電操作方法が異なるため、カスタムスキルを使いたい方はカスタムスキル対応のスマートリモコンを選ぶと良いです。

 

 次ページ >
デザインもさまざま!スマートリモコン6選

関連記事

賢く睡眠しよう!AIも活用したスマート家電による睡眠管理方法をご紹介

AIも活用した睡眠管理方法①スマートウォッチで健康状態を計測 時計型の「スマートウォッチ」は、最も入手しやすい睡眠サポート機器の1つです。シンプルな睡眠管理だけでよければ1万円もせずによいモデルが入手 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

トイレもIoT化する時代に!スマートトイレで効率よく健康管理しよう

排泄物からリアルタイムに健康状態を検出!スマートトイレの特徴 スマートトイレには次のような特徴があります。尚特徴についてはスマートトイレを研究・開発している「スタンフォード大学」の情報を基にしています ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

共働き家庭でも役立つ!スマート家電の育児活用方法をご紹介

スマート家電の育児活用方法①スマートロックで子供をあやしながら鍵を開ける 「スマートロック」は錠前型のスマート家電です。両面テープなどで固定してサムターンを回すタイプやドアの錠前を丸ごと変えるタイプが ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.