iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2019.03.22
2019.12.24

Alexa搭載のスマートスピーカー「Amazon Echo」の使い方って?機能拡張でますます便利に!

続々と新機種が発売される「Amazon Echo」の主な使い方や、「スキル」によって追加できる便利な機能を紹介します。日本での発売開始から約1年経った今、購入を検討している方は必見です。

記事ライター:iedge編集部

Amazon Echoとは?

Amazon EchoはAmazonが開発したスマートスピーカーで、AIアシスタントのAlexaを搭載しています。2014年11月にアメリカで最初に発売されて以来、次々と新機種やアップデートが発表されています。

日本では2017年11月に発売が開始されました。カメラ付きの「Amazon Echo Look」や、ディスプレイを搭載した「Amazon Echo Show」、車両専用の「Echo Auto」など、ラインナップは多彩です(一部日本未発売)。

 

Amazon Echoの主な使い方

音楽やラジオを再生する

Amazon My Music、Amazon Music Unlimited、dヒッツなどの音楽ストリーミングサービスを利用して音楽を流すことができます。TuneInで世界各国のラジオを、スキル対応(後述)しているRadikoで国内のラジオを聴くこともできます。

情報を通知する

色々な企業が提供するサービスからの通知を知ることができます。例えばYahoo!ニュースや、JRの列車運行情報などです。「Alexa、何かある?」と聞けば、天気予報や明日の予定、最新のニュースなどについてまとめて教えてくれます。

通話、ビデオ通話、メッセージ

Amazon Echoデバイス同士や、スマホのAlexaアプリとの間で通話やメッセージのやり取りができます。

アラーム、タイマー

ハンズフリーでアラームやタイマーを設定することができます。「朝8時にモーツァルトの曲で起こして」といったように、指定した音楽でアラームをかけることも可能です。

スケジュールを確認

Google、Apple、Microsoftカレンダーのスケジュールを確認することができます。また、「明日の13時にミーティングを登録して」と声をかけて予定を追加するのも簡単です。

ニュースを再生

デフォルトで聞くことができるのはNHKのラジオニュースだけですが、スキル追加で他のメディアのニュースにも対応できます。

天気予報

世界各国の天気を知ることができます。

翻訳する

「スペイン語でごめんなさいはなんて言う?」などと聞くことで、対応する44種類の言語を翻訳できます。語学学習や、異文化交流に活躍しそうです。

スポーツ結果を確認

東京オリンピックの際によく使いそうな機能です。「バスケットボールの結果を教えて」というように声を掛けると、試合結果を教えてくれます。

レストランやお店を見つける

「近くのクリーニング屋さんはどこ?」「今開いている近くの耳鼻科は?」などと聞くと、近くのお店の情報を調べることができます。

計算する

「600かける23は?」というような計算はもちろん、「1フィートは何センチ?」などと単位の換算もできます。電卓がいらなくなりますね。

買い物リスト、やることリストの管理

「Alexa、買い物リストにラップを追加して」と声を掛けるだけで、思いついたときにすぐリストに追加することができ、大変便利です。外出先ではAlexaアプリから買い物リストを確認することができます。料理中に切れたラップも、家族がリストに追加したヨーグルトやジュースも、買い忘れることはなくなりそうです。

スマートホームデバイスの制御

Alexaに対応したスマートホーム家電のコントロールが音声コマンドで行なえます。プラグや電球、ホームカメラ、エアコンなど、様々なスマートホーム家電が登場しており、今後ますます増えていくことでしょう。

ゲーム

じゃんけん、サイコロ、なぞなぞ、百人一首等のゲームが搭載されています。

雑談

Alexaに雑談を振ると、意外にもウィットに富んだジョークを返してくれることがあります。時には歌も歌ってくれるそうです。

ここまで紹介した機能は、他のスマートスピーカーとあまり代り映えしないかもしれません。しかし、次に紹介する2つはAmazon Echoオリジナルで、他のスマートスピーカーにはないものです。

Amazonでショッピング

例えば「Alexa、電池を買いたい」と話しかけると、これまで購入したものの中から検索して商品を提案してくれます。購入するか聞かれるので、「はい」と答えれば購入が完了です。「注文した商品はどこ?」と聞けば、注文の配送状況を確認することもできます。

Kindle本を読み上げる

Amazonで購入することができるKindleの本を読み上げる機能です。電子書籍の中でもトップラクスに種類が充実しているKindleなら、ほとんどの書籍をオーディオブックのように耳で聴くことができます。

 次ページ >
Alexaスキルで機能拡張

関連記事

NEW

最近太った?救世主はコレだ!「Amazon Echo×遺伝子博士」を今こそ使うべき理由

Amazon Echoと連携!話題の「遺伝子博士」とは? Amazon Echoと連携することで、より自分に最適なダイエット方法を実現できるという遺伝子博士とは、そもそもどういったものなのでしょうか? ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.07.08
NEW

見た目も機能性も良し。スマートホーム対応のおしゃれ家電5選

  スマート家電というと、マニアックで質実剛健なデザインのものだと思われがちですが、最近は見た目がおしゃれなスマート家電が多く販売されています。この記事でおしゃれで機能性に優れたスマート家電 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.07.07
NEW

リリースが待ち遠しい!史上最大規模で行われたWWDC2020の発表まとめ!

31年目を迎えるWWDC2020とは? WWDCとは、アップルが毎年開催している開発者向けのイベントです。まずは基本を押さえておきましょう。 WWDCについて 正式名称は「Worldwide Deve ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.07.07

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2020 AllRights Reserved.