iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2017.10.02
2019.05.01

夢のような生活が現実に!初心者にもオススメのスマートホームデバイス5選

IoT化が進み、スマートホーム(スマートハウス)用デバイスがどんどん開発され、販売されています。導入しようかどうか検討中の方も含め、初心者の方に向けたオススメのスマートホーム(スマートハウス)用デバイスをメーカー問わず5つ、ご紹介します。

記事ライター:iedge編集部

そもそも「デバイス」って何?

デバイスは「Device=装置」という意味の英語です。

マウス、キーボード、プリンター、ディスクドライブ、スキャナーなどからCPUやメモリーなど、パソコンに内蔵されているもの、接続されているものを全てデバイスと言えます。

スマートホーム(スマートハウス)におけるデバイスもやはり同様に装置のことで、スマホやタブレット、IoT製品のLEDライトやセキュリティカメラ、ドアセンサーなどスマートホームに対応するIoT製品を全てデバイスと呼んでも間違いではありません。

あまり難しく考えずに、「モノがデバイス」とざっくり覚えておいて良いでしょう。

 

スマートホームについて簡単に知っておこう!

デバイスについて分かったら、スマートホームとはどんなものか?基本的な部分を知っておきましょう。

日本では特に太陽光発電や自家発電、蓄電など、主にエネルギーを効率良く利用するためのシステムが搭載された住宅をスマートホーム(スマートハウス)と呼んでいますが、現在ではもう少し幅広くなってきています。

例えばスマートホームでは手元のスマホやタブレットなどを介して、家のテレビ、照明、エアコン、給湯器、ブラインドなどを制御したり、屋内外に設置したセキュリティカメラで外出先でもリアルタイムに様子を確認できたりします。

またドアや窓の鍵を遠隔操作で施錠・解錠したり、留守中にドアや窓の開閉を検知したりするとスマホなどに通知してくれるといったセキュリティシステムもスマートホームの一種です。

旅行などで長期間家を留守にする場合、特にペットなどを飼っている人は心配な部分もあるかと思いますが、室内の温度や湿度などを感知して自動でエアコンを作動させることで快適な室内空間を保つことも可能です。

このように、これまで個々に機能していたあらゆるモノをネットワークで繋げ、どこにいても一つのデバイスで制御したりチェックしたりできるようになった住宅のことをスマートホームと呼んでいます。

 

オススメのスマートホーム(スマートハウス)向けデバイス5選!

「スマートホームでの生活を体験してみたい」

「導入しようかどうか迷っている」

「何から買えば良いのか分からない」

という方のために、初心者でも導入しやすいスマートホーム(スマートハウス)向けデバイスを5つ、ご紹介します。

Google Home」参考価格24,800円

音声アシスタント機能“Google アシスタント”が搭載されたタッチコントローラー付きのスマートスピーカーです。対応しているIoT製品を連携させることで、スピーカーに話しかけるだけでそれらの製品を制御することができます。

mouseスマートホームスターターキット」参考価格24,800円

LEDライト、ドア開閉センサー、モーションセンサー、プラグ、そしてそれらを繋ぐためのルームハブの5製品がセットになったスターターキットです。スマホなどと連携させることで外出先でも制御やチェックが容易に行えます。

Nest Learning Thermostat」参考価格38,800円

設定した温度に自動調整してくれるスマートホーム(スマートハウス)デバイスで、専用のアプリをスマホなどに入れておくことで、外出先でも室温の調整が可能になります。また、例えば毎朝7時に部屋を暖め始めるといった設定も可能です。

August Smart Lock」参考価格29,900円

家のドアを施錠・解錠することができるスマートホーム(スマートハウス)デバイスで、スマホによる遠隔操作が可能なため外出先からでも施錠できます。誰が家に入れるのかを制御することもでき、また誰がいつ出入りしたのかをスマホでチェックすることも可能です。

Philips hueスターターキット」参考価格28,900円

スマホと連携させることで照明を意のままに操ることができるスマートホーム(スマートハウス)デバイスです。朝は爽やかな色、夜は暖かい色など照明を上手に活用することで健康的な睡眠や快適な目覚めを可能にしてくれます。

ほんの一例ですが、このように様々な製品がすでに販売されています。もちろんここでご紹介した以外にも実に多種多用な製品が販売されていますので、お好みに合わせてチョイスしてみてください。

それでも選ぶことが難しい場合は、2番目にご紹介したシンプルな内容の「mouseスマートホームスターターキット」辺りから試してみるのが良いのではないでしょうか。

 

スマートホーム(スマートハウス)デバイスを購入する際の注意点

Wi-Fi環境、インターネット接続環境などが必要になったり、アプリのインストールが必要だったり、あるいは制御するためにはハブやゲートウェイ、ブリッジなどのいわゆる基幹製品が必要になるケースもあります。

その他、製品ごとに使用方法なども異なりますので、詳しくは購入前に各メーカーのウェブサイトなどをご確認ください。

 

取り付けも操作も難しくない!スマートホームデバイスはぜひ試したい!

スマートホーム(スマートハウス)デバイスを利用した生活は実に便利で快適なものです。

特にセキュリティ系のデバイスはこれまで目に見えなかった部分を「見える化」してくれますので、日々の生活の中での安心感も変わってきます。

設置や設定、操作などは比較的簡単なものが多いので、少しでも興味がある方はぜひ、試してみてはいかがでしょうか?

関連記事

賢く睡眠しよう!AIも活用したスマート家電による睡眠管理方法をご紹介

AIも活用した睡眠管理方法①スマートウォッチで健康状態を計測 時計型の「スマートウォッチ」は、最も入手しやすい睡眠サポート機器の1つです。シンプルな睡眠管理だけでよければ1万円もせずによいモデルが入手 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

トイレもIoT化する時代に!スマートトイレで効率よく健康管理しよう

排泄物からリアルタイムに健康状態を検出!スマートトイレの特徴 スマートトイレには次のような特徴があります。尚特徴についてはスマートトイレを研究・開発している「スタンフォード大学」の情報を基にしています ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

共働き家庭でも役立つ!スマート家電の育児活用方法をご紹介

スマート家電の育児活用方法①スマートロックで子供をあやしながら鍵を開ける 「スマートロック」は錠前型のスマート家電です。両面テープなどで固定してサムターンを回すタイプやドアの錠前を丸ごと変えるタイプが ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.