iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2017.10.02
2019.05.01

スマートホームのセキュリティはここまで進んでいる!様々な製品をご紹介!

IoTの普及に伴って進化し続けるスマートホーム(スマートハウス)セキュリティ。すでに各社様々な製品を開発・販売していますが、今回はその中でもスマートホーム(スマートハウス)セキュリティに関する最新製品の特徴や価格などをご紹介していきます。

記事ライター:iedge編集部

「留守中の家をスマホでチェック」は当たり前の時代に!?

これまで、

「留守中の家の中がどうなっているか気になる」

「近所で空き巣被害があったから仕事中の私の家も心配」

「子供だけ残して買い物に来ちゃったけど大丈夫かな」

「旅行中だけどネコちゃん元気で留守番しているかな」

といった外出中や、

「家の庭で不審な音が聞こえたけど確認するのが怖い」

「玄関の外に誰かいる気配がするから確かめたい」

といった在宅中まで、

家の中や外の情報を知るためには、直接確認をするか、監視(防犯)カメラ等を設置して録画し、最初から最後まで見るという方法しかありませんでした。

ところが近年、IoTの普及に伴ってスマートホーム(スマートハウス)セキュリティも進化し、今では留守中の家の中の様子や外の様子をスマホ一つで簡単にチェックできる時代になったのです。

カメラが何らかの動きを検知した時にスマホに通知されるのはもちろん、たとえ通知が来なくても、自分が“今知りたい”と思った時に即座にスマホを通して映像をチェックできたり、状況を通知したりしてくれるという優れものばかりです。

家にいる時はもちろん、会社にいても旅先でも、家の中や外の様子が把握できるという「大きな安心」を得られるようになったのです。

 

オススメのスマートホームセキュリティ3選!特徴や価格などもご紹介!

 

スマートホーム(スマートハウス)セキュリティは、どこからご紹介して良いか分からないくらいたくさんの製品が販売されていますが、初心者でも導入しやすいように「使いやすさ」や「手軽さ」という観点から選んだ3製品をご紹介して行きたいと思います。

Arlo(アーロ)

価格:オープン(参考価格49,980円)

ネットギアジャパン合同会社が販売しているArloは、電池や充電式バッテリー駆動でWi-Fi通信できるため配線が不要で、防水・防塵仕様のため屋内外どこにでも設置できるスマートホーム(スマートハウス)セキュリティカメラです。

動きや音を検知すると即座に録画を開始し、スマホやタブレットなどにアラートを送るほか、カメラに内蔵されたマイクやスピーカーを通してスマホと音声の送受信が可能です。

小型・軽量のため設置も簡単でわずか10分程度で設定が完了します。

Secual(セキュアル)

価格:センサー3,780円/ゲートウェイ5,940円(いずれも税込)

株式会社セキュアルが販売するSecualもドアや窓にセンサーを設置するタイプです。振動、衝撃、開閉などを検知するとゲートウェイを通じてスマホの専用アプリに通知が届きます。

家族や近所の信頼が置ける人、知人などを事前に登録しておけば一斉通知されますので、警戒を呼んだり、状況確認をしたりする際などにも一役買ってくれます。

また特徴的なのがSecualを設置した場所に不法侵入があった場合、一律3万円を支払う見舞金制度がある点です。

leafee(リーフィー)

価格:HUB1台5,980円/leafeeクラウド月額980円(開閉センサーはオープン価格、いずれも税抜)

leafeeは株式会社ストロボの製品で、Bluetoothでスマホと連動する「leafee mag」と呼ばれる開閉センサーを使ったサービスです。

エアコン、冷蔵庫、玄関、窓など、工具等を一切使用しなくても簡単に取り付けられるほか、LINEと連携させることでより一層使い勝手が良くなります。

例えばLINEで「とじまり」とメッセージを送信すると、その時点での戸締り状況を確認して返信してくれるため、若い人にも馴染みやすいという特徴があります。

このように、数千円~数万円までと幅広い価格帯になっていますが、いずれのスマートホーム(スマートハウス)セキュリティも、取り付けや設定方法が簡単で即座に様々な情報を知ることができます。

 

警備員が駆けつけてくれるサービスもある!

株式会社プリンシパルが提供する「SMART ROOM SECURITY」は、Wi-Fi環境があれば月額ワンコインから利用できるスマートホーム(スマートハウス)セキュリティです。

ドアや窓などに感知センサーを、室内には監視カメラ(オプション)を設置しておき、不審者などを感知すると警報を発して不審者を威嚇すると同時に、本人や家族などあらかじめ選んだ人のスマホに通知されます。

Wi-Fiモデル

初期費用14,800円

月額費用500円

もしWi-Fiなどのインターネット環境がない場合でもSIMモデルが利用できます。

SIMモデル

初期費用19,800円

月額費用980円

さらに最大の特徴は、オプションとして「緊急時に警備員に駆け付けを依頼できる」というサービスを提供しているところです。

警備員駆け付け

月額費用480円~880円

出動費用1回5,000円

ただ自分で状況を把握するだけでなく、警備員が駆け付けてくれるのは留守にしている時の安心感が違いますね。

 

他にもこんな使い方が……旅行中のペットの状態もチェックできる!

機種変更などで使わなくなったスマホ、家で眠ったままになっていませんか?

実はそれらを使って留守中の家の状況がチェックできる「セキュリティカメラ」や「留守番カメラ」などと呼ばれるアプリケーションがあるのはご存知でしょうか。

使わなくなったスマホをカメラとして、今使っているスマホをビューアとして利用することで、外出先でも常時、家の中の状態が確認できます。

これなら、旅行先でもネコちゃんの様子が見えるので安心ですね。

代表的なアプリとしては次のようなものがあります。

Alfred(執事アルフレッド)

無料で利用できるアプリで、iPhone、Androidどちらにも対応しています。利用にはGoogleアカウントが必要となり、現時点でブラウザを通して見る場合はFirefoxのみが閲覧可能となっています。

AtHome Camera

カメラとビューアで別々のアプリをインストールしなければならないため少しややこしいですが、こちらも無料で利用できます。iPhone、Androidどちらにも対応していますが、PCで見る場合Windowsしか対応していません。

スマートホームセキュリティWarden Cam

こちらは有料(6ドル)のアプリでPCからの閲覧はできませんが、動作検知と同時に録画、Dropboxへの自動保存、ナイトヴィジョンモードなど様々な機能が搭載されています。

このように、使わなくなったスマホも立派なスマートホーム(スマートハウス)セキュリティ・ツールとして活用することができます。

 

万が一を考えたらスマートホームセキュリティは設置しておきたい!

何かと物騒な世の中です。何かが起こってしまってからでは多額の損害が発生してしまったり、取り返しのつかないことになってしまったりする可能性もあります。

数千円~数万円の費用で安心を買うことができるスマートホーム(スマートハウス)セキュリティは、ぜひ設置しておきたいIoTです。

関連記事

NEW

超アナログ人間の独身アラサーOLがAmazon Echo dotを購入!アレクサと一緒に生活してみた2週間後、まさかの結末

超アナログ人間・独身アラサーOL ”ちー坊 ” とは はじめまして! 都内で一人暮らしをしているアラサーOL、ちー坊です! 好きなものはしろくまアイスとドラクエのスライム、趣味は昼寝です。 私はとにか ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.09.18
NEW

【都心での反応は?】新型コロナ接触アプリ“COCOA”を実際に使ってみた

新型コロナ接触アプリ“COCOA”とは? “COCOA”は厚生労働省が管轄しているアプリで「Contact Confirming Application」を略したものです。仕組みや使い方など、基本的な ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.09.16
NEW

パナソニックのスマート照明で健康的な目覚めが手に入る!?LINK STYLE LEDの特徴と使い方を解説

Bluetoothで接続!パナソニックのスマート照明、LINK STYLE LEDとは 画像引用元:https://panasonic.jp/light/linkstyle.html LINK STY ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.09.15

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2020 AllRights Reserved.