iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2017.10.02
2019.05.01

スマートホームサービスにはどんなものがある?多いのはセキュリティ関連!

様々な企業がどんどんスマートホーム市場に参入してきていますが、具体的にどんなサービスを受けることができるのでしょうか?最も多いセキュリティ関連のスマートホーム(スマートハウス)サービスを中心に、その他のサービスをご紹介します。

記事ライター:iedge編集部

スマートホーム(スマートハウス)とは?

家庭内にある、あらゆる電化製品をネットワークに繋いで一括で管理・制御することで、より便利で快適な生活を可能にした住まいをスマートホーム(スマートハウス)と呼んでいます。

例えばあなたが家に帰ってきた時、これまでなら鍵を出してドアを開けて、中に入ったら玄関の鍵を閉めて、照明をつけて、カーテンを閉めて、エアコンをつけて、お風呂のお湯を張って…といったことを別々に行っていました。

ところがスマートホームでは、例えばスマホ一つで様々な電化製品を制御することができますので、家の前に来たら鍵が空き、中に入ったら鍵が閉まり、部屋の照明がつき、カーテンが閉まり、エアコンのスイッチが入る、ということが全てオートメーションで行われます。

また会社を出る際に給湯器を作動させておけば、帰宅してすぐに温かいお風呂に入ることもできてしまうのです。

快適で便利な生活スタイルを実現してくれるのがスマートホームで、その一つ一つの製品を「スマート○○(フォン・家電・ロック・照明など)」と呼んだりもします。

 

スマートホームサービスの種類

どのようなスマートホーム(スマートハウス)サービスを受けることができるのか、具体的に見ていきましょう。

まず最も多いのがセキュリティサービスです。

例えばドアや窓に開閉センサーを取り付けることで、外出先であっても開閉状況がリアルタイムに通知されたり、記録が残ったりすることで「いつ」ドアや窓が開閉したのかが分かるようになります。

ネットワークカメラと連動させることで開閉を検知した瞬間に録画が開始され、「いつ」だけでなく「誰が」出入りしたのかもチェックすることができます。

また、主に玄関に取り付けるスマートロックでは、スマホと連携させることで例え外出先であっても鍵の開け閉めが行えるほか、解錠された場合にスマホなどに通知が届きますので「今、玄関が開いた」ということが分かります。

さらに、モーションセンサー(人感センサー)では、人の動きや熱、音を感知するとスマホなどに通知され、外出先であっても「今、そこ(リビングや庭先など)に人がいる」ということが手に取るように分かります。

ドアや窓の開閉センサー、ネットワークカメラなどと連動させることで、離れて暮らす両親や留守番をしている子供、旅行中に置いてきたペットなどを常に見守ることができます。

各社とも、このようなスマートホーム(スマートハウス)セキュリティサービスを提供しています。

続いて多いのがエネルギー・コントロールサービスです。

照明、エアコン、床暖房、テレビetc……様々な電化製品で消費される電気量を可視化して、今月の使用状況などを常に確認することで省エネや節電に貢献してくれます。

使用する電気量の上限を設定しておけば、その上限に近づくとアラームやモニターで通知したり、エアコンの温度や照明の明るさの上限を超えたりしないように自動制御してくれるものもあります。

また、太陽光パネルや自家発電・蓄電システムなどを設置すれば、いわゆる「創エネ(創エネルギー)」にも繋がります。

このようなエネルギー・コントロールシステムはハウスメーカーが中心なってサービスを提供しています。

その他のスマートホーム(スマートハウス)サービスとしては、ヘルスケアサービスもあります。

例えばAppleのHomekit対応製品の一つに「Philips hue」という製品がありますが、これは照明を自由自在に操ることができる製品です。

例えば帰宅時に好みの照明を点灯させて待っていてくれる、外出中も時間設定で照明が点灯して在宅しているように見せることができる、といったことも可能です。

また、起床時には寒色系、就寝時には暖色系などシーンに合わせて様々な照明を選ぶことができます。

普段特に意識することもなく当たり前のように使っている照明ですが、実は私たちが思っている以上に照明の効果というものは非常に大きなものであると言われています。

照明を変えただけで作業効率が上がった、残業が減った、という企業も実際にあるくらいですし、精神面や健康面にも良い影響を与えてくれるということが分かっています。

このように間接的ではありますが、ヘルスケアに繋がるスマートホーム(スマートハウス)サービスを受けることも可能です。

 

スマートホーム(スマートハウス)サービスを提供している企業をご紹介!

様々な企業がスマートホーム市場に参入し、様々な独自の製品やサービスを提供しています。

そのため、さすがに全てを紹介することはできませんが、初めてでも分かりやすく導入しやすいサービスを提供している企業をいくつかご紹介します。

インテリジェントホーム

イッツ・コミュニケーションズ株式会社のスマートホームサービスです。セキュリティサービスやエネルギー・コントロールサービスを提供しています。

Conteホームサービス

こちらは株式会社ピクセラのスマートホームサービスです。全部で5つのセンサーの中から選ぶことができます。セキュリティサービス、エネルギー・コントロールサービスを提供しています。

mouseスマートホーム

株式会社マウスコンピューターによるスマートホームサービスです。セキュリティサービスやエネルギー・コントロールサービスに加え、快適性を求めたサービスも提供しています。

 

新製品はどんどん開発されている!これからのサービスにも期待

今回ご紹介したサービスはごく一部です。様々な製品がIoT化されてネットワークに繋がり、今後、私たちが想像もしないようなスマートホーム(スマートハウス)サービスが生まれる可能性が高くなります。

例えば部屋にいる時の自分の心拍数、呼吸などからストレス状況を解析して、ストレス解消に効果があるBGMを流してくれたり、落ち着ける照明をつけてくれたり、健康に必要な栄養素が入った献立を提案してくれたり……といったことも不可能ではなくなってくると言われています。

今後、どのようなサービスが生まれるのか楽しみであると同時に、常日頃からスマートホーム(スマートハウス)サービスについてチェックを欠かさないようにしたいですね。

関連記事

賢く睡眠しよう!AIも活用したスマート家電による睡眠管理方法をご紹介

AIも活用した睡眠管理方法①スマートウォッチで健康状態を計測 時計型の「スマートウォッチ」は、最も入手しやすい睡眠サポート機器の1つです。シンプルな睡眠管理だけでよければ1万円もせずによいモデルが入手 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

トイレもIoT化する時代に!スマートトイレで効率よく健康管理しよう

排泄物からリアルタイムに健康状態を検出!スマートトイレの特徴 スマートトイレには次のような特徴があります。尚特徴についてはスマートトイレを研究・開発している「スタンフォード大学」の情報を基にしています ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

共働き家庭でも役立つ!スマート家電の育児活用方法をご紹介

スマート家電の育児活用方法①スマートロックで子供をあやしながら鍵を開ける 「スマートロック」は錠前型のスマート家電です。両面テープなどで固定してサムターンを回すタイプやドアの錠前を丸ごと変えるタイプが ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.