iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2019.01.15
2019.12.25

IDC Japanが企業の「IoT担当者」の総数174万8000人と予想 これから求められるIoT人材とは?

記事ライター:Yuta Tsukaoka

全回答企業3220社のうち211社がIoTを利用

求職者のイメージ画像

IDC Japanが、全国の企業に向けておこなった調査から、IoTを担当しているとする社員の総数を174万8000人と予測した。しかも、そのうち47万人はIoT関連業務が全体の50%を占める「主担当」だという。あくまで予測であり実数調査ではない点に注意したいが、かなりの数であることは間違いない。

ちなみに、この174万人という数字は、2015年国勢調査に照らすと全労働人口の3%ということになる。また、2017年の農林漁業従事者が217万人だったという数字を組み合わせると、いかに多いかがわかるだろう。

IoT担当者といっても職種はさまざまで、ベンダーのセールスや広報やエンジニアから、不動産デベロッパーやインフラ企業のIoT活用担当者まで幅広い。今後、この分野の人材需要が高まることは間違いないだろう。

目まぐるしく変化する環境に対応できる人材が不足

虫眼鏡で人材探しをしている様子

IDC Japanの同調査によると、企業の課題として「IoT活用を主導する人材の不足」が挙げられている。iedgeでもホームIoTのガジェットレビューや最新情報と合わせてIoT・AIビジネスについても触れているが、この業界のトレンドや最新技術の変化は年々早まっている。

しかも、別の記事でも取り上げたようにLPWAの活用が広がれば産業界全体でIoT活用が進むはずなので、今後もその傾向に拍車がかかるばかりだ。そんな環境の中、時流を掴み、先を読んで事業を先導する人材が不足するのは仕方のないことと言えなくもない。

また、IoT導入によるコスト増とコスト減の予測がつきにくいというのも理由の1つだろう。一昔まえと比べれば工場にしろ住宅にしろ、かなり安価にIoTを導入できる下地はできあがっているが、実際の利用事例がまだまだ圧倒的に不足しているために二の足を踏んでいる姿が目に浮かぶ。

しかし、すでに中国やアメリカのようなフットワークの軽い国では導入が進んでいる。私たちの目に触れるニュースは「無人コンビニが盛況」とか「キャッシュレス決済の割合が90%以上」のようなエンドポイントの1場面でしかないが、その裏には生産・流通・販売の各段階でIoTが活用されているのだ。

すでにデジタルやテクノロジーの分野で完全に遅れをとった日本が、いまから表舞台に舞い戻るのは簡単なことではないが、指をくわえたまま時代に取り残されるのも面白くない。

 次ページ >
求められるIoT人材とは?

関連記事

賢く睡眠しよう!AIも活用したスマート家電による睡眠管理方法をご紹介

AIも活用した睡眠管理方法①スマートウォッチで健康状態を計測 時計型の「スマートウォッチ」は、最も入手しやすい睡眠サポート機器の1つです。シンプルな睡眠管理だけでよければ1万円もせずによいモデルが入手 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

トイレもIoT化する時代に!スマートトイレで効率よく健康管理しよう

排泄物からリアルタイムに健康状態を検出!スマートトイレの特徴 スマートトイレには次のような特徴があります。尚特徴についてはスマートトイレを研究・開発している「スタンフォード大学」の情報を基にしています ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

共働き家庭でも役立つ!スマート家電の育児活用方法をご紹介

スマート家電の育児活用方法①スマートロックで子供をあやしながら鍵を開ける 「スマートロック」は錠前型のスマート家電です。両面テープなどで固定してサムターンを回すタイプやドアの錠前を丸ごと変えるタイプが ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.