iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2018.11.10
2019.12.26

これで日本は救われる?ソフトバンク「IoT共創プロジェクト」の内容

記事ライター:Yuta Tsukaoka

200社を超える「共創」プロジェクト

会議中にタブレットを操作している様子

共創という言葉が使われ始めたのはいつ頃だっただろう。同義の言葉「コ・クリエーション(co-creation)」は少なくとも2013年頃には聞かれ始めていたと思う。

大企業が小さな企業や顧客を巻き込む際に使われる「お題目」と化してしまった感もあるこの言葉。しかし、今回ソフトバンクが発表した共創プロジェクトはその本来の意義 ――それぞれの長所を活かして共同でより良いものを創るというところを外していない。

このプロジェクトについて説明されたソフトバンクの開発者向けイベント(2018年11月7日)では、200社以上の協力会社が発表された。その主なものを見てみよう。

 

ソフトバンクのインフラ

ネットワークが広がるイメージ画像

この共創プロジェクトにおいて、ソフトバンクの主だった仕事はネットワークと開発環境の提供である。その先行例として アリババの例があげられ、副社長によるプレゼンも行われた。

登場したランスロット副社長によると、もともとはペイパルのような小口決済サービスから始まったアリペイが、今や多くのビジネスユースケースを持ち社会インフラ化していく過程で、クラウドを支えるネットワーク基盤を強化していくことになったという。

つまり、ソフトバンクのIoT共創プロジェクトは、この順序が逆 ――すでにあるネットワーク基盤を起点に、IoT開発を進めようというものだ。

 

トヨタをはじめとした200社以上での共創

夜間に走行中の白い車

この共創プロジェクトで主幹のソフトバンクに次いで重要なのが、すでにネットワーク分野で協業を発表しているトヨタだ。2020年には5G通信が実用化される。それをにらみ、自動運転車の開発を進めているということである。

トヨタがすでにレベル4(走行条件によってドライバーが不要になる高度自動運転)の開発を進めていることは、すでに記事にしている。ここに、ソフトバンクのネットワークと他社のセンシング技術、そして決済システムを組み合わせることで、買い物困難者を援助する自動運転 ――移動販売車の自動化が進められるようだ。

このように、自動運転ひとつをとっても1社ではとてもまかないきれない。

運転管理のためのシステム開発、道路状況のセンシング、必要に応じたサービスを提供するための各種インフラ、ナビゲーションシステム、そして強固なネットワーク ――ハッキングされて暴走殺人自動車になっては笑えない―― など、多くの企業が力を合わせて「共創」することで実現するのだ。

 次ページ >
回線費用はたったの10円

関連記事

在庫管理もできる? IoT冷蔵庫の特徴とおすすめ5社を徹底解説

出典:Amazon IoT家電をご存じでしょうか。IoTとは「Internet of Things」の略称で、直訳すると「モノのインターネット」と呼ばれる言葉です。家電をインターネットに接続することで ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.10.29

【インタビュー】賃貸戸建市場の醸成に、スマートホームが活躍する理由

〜ケネディクス株式会社 KoletへのSpaceCore導入ケース〜 2021年8月、アクセルラボ(東京・渋谷)が提供しているスマートホームのプラットフォーム『SpaceCore』が、様々な不動産ファ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.10.06

スマートホームカメラで安心安全な日常を。メリットやおすすめ製品まで

  安心安全な暮らしを実現するために、ホームセキュリティへの関心が高まっています。そこで、リアルタイムな映像をチェックできる「スマートホームカメラ」をご存じでしょうか。住まいの防犯対策や家族 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.10.06

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.