iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2018.11.19
2019.12.17

AIは芸術家になるか? GANsネットワークとオートマティスム

記事ライター:Yuta Tsukaoka

ここ数ヶ月で目立ってきた、AIによる「芸術作品」

CHRISTIE AIの描いた肖像画「Edmond de Belamy, from La Famille de Belamy」

ZDNet IBM Watsonの描いた「AIを象徴する絵」

画像引用元(上): CHRISTIE AIの描いた肖像画「Edmond de Belamy, from La Famille de Belamy」
https://www.christies.com/features/A-collaboration-between-two-artists-one-human-one-a-machine-9332-1.aspx

(下):ZDNet IBM Watsonの描いた「AIを象徴する絵」
https://www.zdnet.com/article/this-is-what-ai-looks-like-as-sketched-by-ai/

AIが人間の仕事を奪う、という言説はもはや聞き飽きたという読者もいるだろう。一方で、AIには人間の仕事を奪うことはできない、というのもまた、同じくらいよく言われている。

前者の理屈は、AI=人工知能はいつか人間の脳を完全にトレースするので否応なくリプレイスされるであろうという夢見がちなものから、定型作業に徹する仕事はAIのほうが向いているので経営判断として個別にリプレイスが進み、結果として多くの人が職を失う、という現実路線のものまでバリエーションが多い。

一方で、AIは人間の仕事を奪うことができないと信じる人々の理屈は、「AIには人間のような柔軟な発想をできないから」という1点に集中している。事実として、いまのコンピュータ技術では不可能ではある。

しかし、逆に言えば技術さえ整ってしまえばこの理屈は破綻する。あらゆる技術開発は不可能を可能へと変えていく方向に進むので、いつかは必ず実現してしまうだろう。それが、レイ・カーツワイルの予言した「2045年」であるかどうかは、別の話だが。

そんな中、多くの人が「人間の聖域」と考えている芸術分野でAIが活躍しているニュースがこの1週間で立て続けに発表された。

ひとつは、ニューヨークの有名オークションハウス「クリスティーズ」でAIの描いた肖像画が予測の40倍以上を上回る43万2,500ドル(約4,900万円)で落札されたというもの。

そしてもう一つは、IBMのWatsonが「AIを象徴する絵」を描いたというものである。

 次ページ >
芸術作品を生み出すアルゴリズム

関連記事

賢く睡眠しよう!AIも活用したスマート家電による睡眠管理方法をご紹介

AIも活用した睡眠管理方法①スマートウォッチで健康状態を計測 時計型の「スマートウォッチ」は、最も入手しやすい睡眠サポート機器の1つです。シンプルな睡眠管理だけでよければ1万円もせずによいモデルが入手 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

トイレもIoT化する時代に!スマートトイレで効率よく健康管理しよう

排泄物からリアルタイムに健康状態を検出!スマートトイレの特徴 スマートトイレには次のような特徴があります。尚特徴についてはスマートトイレを研究・開発している「スタンフォード大学」の情報を基にしています ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

共働き家庭でも役立つ!スマート家電の育児活用方法をご紹介

スマート家電の育児活用方法①スマートロックで子供をあやしながら鍵を開ける 「スマートロック」は錠前型のスマート家電です。両面テープなどで固定してサムターンを回すタイプやドアの錠前を丸ごと変えるタイプが ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.