iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2018.07.26
2019.12.26

Googleが「AI技術を軍事転用しない」と宣言。しかし、本当に可能なのか?

記事ライター:Yuta Tsukaoka

Googleが「AI技術を軍事転用しない」と宣言

通信する軍人

Googleは2018年6月に、AI技術を軍事転用しないこと、そしてAI開発の原則を発表した。映画「ターミネーター」を見たことのある読者は多いだろうが、あの世界を現実のものとしないというのがGoogleの目指すべきところだろう。

実際、Googleは世界でもっともAI研究が進んでいる組織だし、国防上の要請があればAIに限らず技術や情報をアメリカに提供してきた。そのGoogleがAI技術について特に「軍事転用しない」と宣言したことの意味は大きい。

別の記事でも伝えたとおり、マシンラーニングとニューラルネットワークを利用したディープラーニングによって成長するAIは、どのようにも育てられる。いわゆる「グロ画像」ばかりを学習させたことで精神異常をきたしたMITの「ノーマン」はそれを証明する存在だが、もっと他の使い方もあるはずだ。

たとえば、AIに「勝率の高い軍司令官の言葉」を学習させれば戦闘指導に長けたAIが生まれるのだろうし、「兵士の損失が少なかった戦い」の戦術データを学習させれば兵の死なない戦いを指揮するAIが生まれるかもしれない。

しかし、AIにおける技術的な難しさは、学習過程での「調整」にある。ただ参照しつづけるだけではAIを育てることはできず、学習のもととなるデータの調整、成長具合を見ながらのニューラルネットワークの調整など、多くの経験と高い技術が必要な場面があるのだ。

その技術において、世界でもっとも進んだ組織のひとつが、Googleである。

AIに学習させたいデータはアメリカ国防総省が持っているが、それだけではAIを作ることはできないので、成長過程における調整技術をGoogleが提供しないというのはAIによる戦争が来る未来を確実に一歩、遅らせただろう。

 次ページ >
現実的に可能なのか?

関連記事

賢く睡眠しよう!AIも活用したスマート家電による睡眠管理方法をご紹介

AIも活用した睡眠管理方法①スマートウォッチで健康状態を計測 時計型の「スマートウォッチ」は、最も入手しやすい睡眠サポート機器の1つです。シンプルな睡眠管理だけでよければ1万円もせずによいモデルが入手 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

トイレもIoT化する時代に!スマートトイレで効率よく健康管理しよう

排泄物からリアルタイムに健康状態を検出!スマートトイレの特徴 スマートトイレには次のような特徴があります。尚特徴についてはスマートトイレを研究・開発している「スタンフォード大学」の情報を基にしています ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

共働き家庭でも役立つ!スマート家電の育児活用方法をご紹介

スマート家電の育児活用方法①スマートロックで子供をあやしながら鍵を開ける 「スマートロック」は錠前型のスマート家電です。両面テープなどで固定してサムターンを回すタイプやドアの錠前を丸ごと変えるタイプが ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.