iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2017.10.02
2019.05.01

「スマ@ホーム」システムなら、万全の見守りで家族全員が元気に過ごせる

「スマ@ホーム」システムは、家の中の各所や、屋外にも設置が可能なホームカメラIoTです。カメラがインターネットにつながり、リアルタイムにスマホとやり取りできることで、家全般を見守ることができます。どのような魅力があるのかを、詳しくみていきましょう。

記事ライター:iedge編集部

おうち全般、ペット、子育て、シニアなどの見守りに!

スマ@ホーム システムは、家全体を見守りしてくれるシステムです。小型のネットワークカメラをIoTにしたもので、これがあれば家のあちこちを見守ることができます。

具体例を挙げますと、たとえば、防犯に役立ちます。勝手口や小窓、お風呂場など、住宅にはさまざまなセキュリティホールがあります。なんといっても、不在時を狙ってそれらの箇所から侵入されることが多いのです。

特に犯罪の傾向で多いのが、空き巣のケースでは「鍵があいていた」というもの。ピッキングなども外国人の犯罪としてとても多いのですが、日本人の窃盗犯は鍵が開いている玄関などから侵入してきます。

そのため、お家全般を見守るスマ@ホーム システムのような仕組みは、防犯に欠かせないものであると言えるでしょう。家の中に侵入されて、財産をとられたり、危険な目にあったり、怖い目にあったりすることを防ぐためにも、こうしたスマ@ホーム システムの導入はとても重要です。

また、スマ@ホーム システムは屋外にも設置することができます。いたずら、嫌がらせ、近隣からの迷惑行為などの録画ができますので、トラブルを未然に防ぐことができます。

それに加えて、録画したデータは万が一のときに証拠となります。留守中のご家庭を狙った犯罪、子供をおいて少し買い物などに出かける際の犯罪なども非常に多くなっています。そこで、スマ@ホーム システムがあれば、少し目を離していても、常にスマホで家全体を見守ることができるので、安心です。

声によるコミュニケーションも可能ですので、留守番中のお子さんが遊びに飽きてしまってパパやママを探し始めても、しっかりと対応することができます。

屋外の防犯カメラは、実はとても効果的です。実は、空き巣が侵入を諦める一番の原因は近所の目と防犯カメラだと言われています。スマ@ホーム システムを導入することで、防犯カメラの代わりになりますので、いつでも犯罪を予防できます。

そのほか、知らない人がついてくるなどの事例は、とくに都心部では多く発生しています。また、ストーカー被害なども複雑化社会の現在では増えていますので、スマ@ホーム システムで防犯カメラを設置するだけで一定の効果が期待できます。いざというときは逮捕の決め手として証拠になりますので、家の死角などに設置しましょう。

 

高齢者などの見守りにも効果的

IoTで高齢者の見守りをするときに、注意点がひとつあります。これはIoTで見守りをしようと考える全システムにいえることなのですが、導入によって高齢者の生活を大きく変えてしまわないことが重要です。

高齢者は長年培った自分のペースで生活をしていますので、それを邪魔しない、あくまで生活に溶け込んだIoTシステムが理想です。

高齢者が何かを操作したり、生活習慣を変えたりしなくてはならないようなIoTシステムは、高齢者の見守りシステムとしてはふさわしくありません。その点、スマ@ホーム システムなら、それが実現可能です。お年寄りの部屋に設置するだけで、見守ることができます。

また、認知症の方がいるなら、徘徊防止に玄関に設置してもいいでしょう。徘徊してもすぐに発見できるよう、ゲートキーパーをともに設置するなどすれば、玄関につけたスマ@ホーム システムで、どちらの方角に徘徊しに出てしまったかもわかります。

 

バラエティ豊かなラインナップ

スマ@ホーム システムでは、屋内・屋外に設置できる人感センサー、光センサー、音などのセンサー、ドアの開閉センサーなどと共に、多種多様なカメラが作られています。

そして、それらをまとめてスマートフォンで管理することができます。

また、インターネット接続ですので、近距離だけでなく、長距離に住んでいるご家族の家に設置しても、コミュニケーションが可能です。おじいちゃんおばあちゃんを見守りつつ、孫の様子を見せてあげるなど、さまざまな使い勝手が考えられます。

スマ@ホーム システムは、パナソニックの総合ネットワークカメラソリューションとして、大きく展開しています。毎日を少しクリエイティブに、知的に過ごせるこのスマ@ホーム システムは、生活の安全性をより高めてくれます。

気になる方は、ぜひとも導入を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

NEW

超アナログ人間の独身アラサーOLがAmazon Echo dotを購入!アレクサと一緒に生活してみた2週間後、まさかの結末

超アナログ人間・独身アラサーOL ”ちー坊 ” とは はじめまして! 都内で一人暮らしをしているアラサーOL、ちー坊です! 好きなものはしろくまアイスとドラクエのスライム、趣味は昼寝です。 私はとにか ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.09.18
NEW

【都心での反応は?】新型コロナ接触アプリ“COCOA”を実際に使ってみた

新型コロナ接触アプリ“COCOA”とは? “COCOA”は厚生労働省が管轄しているアプリで「Contact Confirming Application」を略したものです。仕組みや使い方など、基本的な ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.09.16
NEW

パナソニックのスマート照明で健康的な目覚めが手に入る!?LINK STYLE LEDの特徴と使い方を解説

Bluetoothで接続!パナソニックのスマート照明、LINK STYLE LEDとは 画像引用元:https://panasonic.jp/light/linkstyle.html LINK STY ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.09.15

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2020 AllRights Reserved.