iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2018.06.06
2019.12.27

BlackBerry KEY 2が6/7に発表!ところでBlackBerryが今どうなってるか知っているかな?

記事ライター:Yuta Tsukaoka

いちばんカッコいいスマホは「BlackBerry」だった

The Mindy Project Blackberry GIF by HULU - Find & Share on GIPHY
(image:hulu /GIPHY)

私が初めて持ったスマートフォンは、2009年当時ドコモで販売されていた「BlackBerry Bold 9000」だった。

iPhone 3Gが日本に入ってくるぎりぎり前だったので、周りはガラケー――今では当然のように通じる言葉だが、もちろんスマートフォンとの対比で生まれた言葉なので当時は存在しなかった――ばかりで、かなり誇らしかったのを覚えている。

そう、当時はオバマ大統領も使っていた。SATCの登場人物も持っていたし、パパラッチにはBlackBerryを持つセレブがよく撮られていた。

本当に、当時もっともカッコいいのが「BlackBerry」だったのだ。
しかし、その後の凋落はみなさんもご存知の通り。

ノキアと競っていたシェア競争にiOSでAppleが参入し、AndroidでHTCやLGまで参入してくると数年でシェアは一桁まで落ち込んでしまい、2013年にはハードウェア開発から完全に撤退している。

その後のBlackBerryがどうなったかって? 一度は潰れかけ、実は、いま見事に復活しているのだ。

 

スマートフォンメーカーからセキュリティ企業に

BlackBerry社のホームページ画像

(画像引用:https://jp.blackberry.com/enterprise)

ハードウェア競争からはじき出されたあとのRIM(現BlackBerry社の当時の社名Research In Motionの略称)は惨憺たるものだった。
これまで、BlackBerry OSを載せた自社端末でのビジネスがうまくいっていたRIMは軌道修正がうまくいかず、モトローラやノキアとともに時代の表舞台から姿を消したのだった。

その後もハードウェアは開発していたし、途中でBlackBerry OSを捨ててAndroid搭載端末を発売したりもした。が、遅きに失した。
それまでに多くの経験を積んできたLGやサムスンの作るAndroid端末とは比較にならない粗末な出来で、まったく売れなかったのだ。

 次ページ >
何故BlackBerryは好調に?

関連記事

NEW

「eneplat」とは|脱炭素化を見据えた住宅用蓄電システムを解説

新たな住宅用蓄電システムであるeneplatは、太陽光で発電される電力を利用し、エネルギー自給自足を目指せるシステムです。詳しい仕組みや今後の展開について紹介いたします。   住宅用蓄電シス ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2023.01.27

スマホの効果的な放熱方法を解説!熱を持つ理由や間違った放熱方法も紹介

スマホを使用しているとき、スマホ本体が熱くなることがあります。スマホが熱くなると、故障や画面のフリーズ、最悪の場合は発火や火傷などの危険性があります。 ではスマホが熱くなったときは、どのようにして放熱 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2023.01.19

スマートウォッチはソーラー充電が可能?注意点や選び方も紹介

スマートウォッチには便利な機能が備わっており、普段の生活の様々なシーンで広く活用されています。 ただし、一般的な腕時計と比較してバッテリーを多く消費するため、充電をさせる頻度は高くなります。充電作業は ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2023.01.13

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2023 AllRights Reserved.