iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2017.10.02
2019.05.01

英語が話せたら使ってみたい!海外のスマートホームデバイスをご紹介!

日本でもIoTデバイスやスマートホーム関連デバイスが頻繁にメディアに登場するようになりましたが、海外と比べるとやはりまだ遅れていると言わざるを得ません。

今回は海外のスマートホーム(スマートハウス)事情や、英語が話せたらぜひ使ってみたいスマートホームデバイスをご紹介します。

記事ライター:iedge編集部

海外のスマートホーム事情は日本よりも進んでいる!

「3年遅れている」

これは、IoT分野やスマートホーム分野で日本がアメリカから言われている言葉です。3年程度かと思う方もいるかもしれませんが、この3年で海外とは大きく差をつけられてしまいました。

そもそもスマートホーム(スマートハウス)といった考え方は英語圏のアメリカ生まれのアイディアであり、日本ではHEMSや太陽光発電システム、家庭用蓄電池などエネルギーの効率利用化をメインに進めてきました。

これらは近年、世界的な問題となっているエネルギーや環境保護などの観点からすると非常に大きな貢献をもたらすもので、自然災害が多い日本においては停電時の電力確保など、私たちの生活を大きく助けてくれる可能性があります。

一方、海外ではエネルギーはもちろんのこと、ヘルスケア、メディカルケア、エンターテイメントなど様々な分野にまでその技術を活かし、それに伴う新たなサービスやビジネスの創出にも貢献しています。

例えば「コネクテッド・カー」と呼ばれるIoTビジネス事例では、車そのものがインターネットに繋がり、走行地域の周辺情報、ドライバーの嗜好に応じたルート設定、故障の検知や位置情報の探索、運転パターンの記録などが可能です。

またスマートホームデバイスと連携させることで、家に近づいたら自動でガレージの照明がついて扉が開き、同時にリビングのカーテンが閉じて照明が点灯する、といった設定をすることも可能です。

海外メディアや企業は「日本はもともと家電や電化製品が広く普及しており、販売網などもしっかりしているため、遅れている3年を取り戻すのに時間はかからない」という見解を示しています。

その言葉を信じて、今後数年間で日本がどのように「スマート化」していくのかに期待していきたいところです。

それでは次に、英語対応のスマートホーム(スマートハウス)でおすすめのデバイスについてご紹介していきます。

 

英語が話せたら使ってみたいスマートホーム(スマートハウス)デバイス3選!

和製(カタカナ)英語が普及したことや発音の際の舌の使い方など、いくつかの理由がありますが、日本人は総じて英語が苦手と言われています。

それでも海外で暮らす人や、ワーキングホリデー、語学留学などで世界に羽ばたく日本人は年々増えていますので、流暢に英語が話せるという方もひと昔前と比べればかなり増えているのではないでしょうか。

もしあなたが英語を話せるなら、スマートホーム(スマートハウス)デバイスの利用をおすすめします。その中でも特におすすめの、3つのデバイスをご紹介していきます。

なお、以下のデバイスは日本国内でもいずれ日本語対応のうえで発売されるであろうと言われていますので、もちろんそれまでお待ちいただいても構いません。

「英語が話せたら」ということは、つまり音声コマンドで制御することができるデバイスを意味します。一般に「スマートスピーカー」にカテゴライズされているデバイスです。

Amazon Echo

参考価格:$179.99

音声コマンド:「Alexa、~」

今回ご紹介するスマートスピーカーの中で最も普及していると言えるのが、このAmazon Echoです。音声アシスタント「Alexa」を搭載しています。

Google HOME

参考価格:$129.00

音声コマンド:「Ok Google、~」

Amazon Echoの後発のデバイスが、Googleが開発したGoogle HOMEです。音声アシスタント機能「Google assistant」を搭載しています。

Apple HomePod

参考価格:$349.00(2017年12月よりアメリカ等で販売開始予定)

音声コマンド:「Hey Siri、~」

Amazon、Googleに遅れをとりながらも差別化に成功して普及が期待されるのがAppleのHomePodです。お馴染みの音声アシスタント「Siri」を搭載しています。

 

それぞれ連携しているデバイスに差があったり、Amazonは買い物、Googleは検索、Appleは音質など強みにも違いがありますが、家電や電化製品を音声コマンドで実行したり、知りたい情報を得たり、といった基本的な機能は同じです。

英語が堪能な方は、スマートホーム(スマートハウス)デバイスを日本での発売に先駆けて取り入れてみてはいかがでしょうか?

ただ、注意点として日本国内で生産された一部の家電や電化製品には適合しない可能性もありますので、購入前に各メーカーのサイトなどでご確認いただくことをおすすめします。

 

いかに充実したサービスを受けることができるかが勝負

今回ご紹介したスマートスピーカーはいわゆるプラットフォームになります。

連携できるデバイスやシステムなどの数によって受けられるサービスの質も変わってきますので、勝ち抜くためにはいかに多くのメーカーのデバイスと連携していけるのかが一つの大きなポイントになってくるのではないでしょうか。

また、それに付随してコマンドに対する正確なレスポンス(AIの性能の高さ)、各メーカー独自の魅力的な機能なども求められます。

日本での発売はまだですが、発売間近という噂もありますので、正式発表を心待ちにしたいところです。

関連記事

賢く睡眠しよう!AIも活用したスマート家電による睡眠管理方法をご紹介

AIも活用した睡眠管理方法①スマートウォッチで健康状態を計測 時計型の「スマートウォッチ」は、最も入手しやすい睡眠サポート機器の1つです。シンプルな睡眠管理だけでよければ1万円もせずによいモデルが入手 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

トイレもIoT化する時代に!スマートトイレで効率よく健康管理しよう

排泄物からリアルタイムに健康状態を検出!スマートトイレの特徴 スマートトイレには次のような特徴があります。尚特徴についてはスマートトイレを研究・開発している「スタンフォード大学」の情報を基にしています ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

共働き家庭でも役立つ!スマート家電の育児活用方法をご紹介

スマート家電の育児活用方法①スマートロックで子供をあやしながら鍵を開ける 「スマートロック」は錠前型のスマート家電です。両面テープなどで固定してサムターンを回すタイプやドアの錠前を丸ごと変えるタイプが ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.