iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2018.06.08
2019.12.27

オフラインで一方通行の翻訳機「ili(イリー)」が革命的なワケ

記事ライター:Yuta Tsukaoka

言葉の壁は、近い将来にAIが打ち崩すだろう

以前、AI開発会社の社長とテックメディア編集長との対談をセッティングしたことがある。そこでは様々な議論が交わされ、対立する意見も当然ながらいくつかあったが、二人の意見が完全に一致した話題があった。

それは「自分の子どもには外国語教育を行わない」というものである。

2045年のシンギュラリティを待たずして言語の壁はAIが打ち崩すであろうというのが二人の意見だった。

 

今のAIが変革をもたらすことができるのは、世界の半分でしかない

商品を前にiliを手に取る女性

たしかに、ある意味で言語の壁はすでに崩されつつある。

Google翻訳に代表されるオンライン翻訳システムを活用すればほとんどの場面で困ることはないだろう。私も、昨年末に妻と海外旅行をした際にはずいぶん助けられた。

しかし、オンライン翻訳による言語の壁の破壊には、実は高いハードルがある。インターネット接続が必要であるという、忘れがちなハードルが。

オンライン翻訳に充分な速度のインターネットを利用できるのは、全世界の半分に過ぎない。つまり、インターネットによって変革が――言語の壁を打ち崩すことも含めて――もたらされるのはこの広い地球の半分でしかないのだ。

私を含め、ネットワークが空気のようにあたりまえに存在する世界に生まれ落ちたのは、偶然の幸福でしかない。

しかし、この状況に変化をもたらしそうなスマートフォン端末が昨年発売された。

今や世界のテック産業を牛耳ろうという勢いの深センに本拠地を置くファーウェイが発売した「Mate 10 Pro」である。

このスマートフォン端末には、一般的なCPUとは別にAIを内蔵したCPU「Kirin970」が搭載されており、マイクロソフト翻訳をオフラインで利用することができる。

つまり、これまでは入力(翻訳前のワード)をオンラインでマイクロソフト翻訳のサーバーに送り、サーバー上のAIが翻訳結果をオンラインで出力(翻訳後のワード)していたのだが、これを「Kirin970」だけで完結させているのだ。

 次ページ >
「ili(イリー)」に期待する理由

関連記事

NEW

スマートホームを激変させる「matter」。アクセルラボのCTOが解説&新しいショールームを見せてもらいました。

1.スマートホームって意外とめんどうくさい。 日頃このスマートホームを礼賛する記事ばかり書いている私であるが、正直なところスマートホームは意外と面倒くさい。購入自体はAmazonでもできるが、その設置 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2023.02.03

「eneplat」とは|脱炭素化を見据えた住宅用蓄電システムを解説

新たな住宅用蓄電システムであるeneplatは、太陽光で発電される電力を利用し、エネルギー自給自足を目指せるシステムです。詳しい仕組みや今後の展開について紹介いたします。   住宅用蓄電シス ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2023.01.27

スマホの効果的な放熱方法を解説!熱を持つ理由や間違った放熱方法も紹介

スマホを使用しているとき、スマホ本体が熱くなることがあります。スマホが熱くなると、故障や画面のフリーズ、最悪の場合は発火や火傷などの危険性があります。 ではスマホが熱くなったときは、どのようにして放熱 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2023.01.30

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2023 AllRights Reserved.