iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2017.10.02
2019.05.01

Vantage RoboticsのSnapなら、自動追尾可能なドローンなのでどこまでも遠くへ

Vantage RoboticsのSnapは、高性能のドローンです。なめらかな4Kカメラと超軽量ジンバルの搭載で、非常に軽く、スマートに浮遊することができます。大きさがあるので、高性能で正確にポジションを認識してくれます。自動追尾でどこまでもついてくるので、遠くまで旅することができ、その風景を追尾して撮影してくれます。

空撮をするのに絶好なVantage RoboticsのSnapは、スマートバッテリーを搭載した新型のドローンです。そんなVantage RoboticsのSnapの魅力について、詳しくみていきましょう。

記事ライター:iedge編集部

小さなパッケージに大きなパワー

Vantage RoboticsのSnapは、なめらかな4Kカメラを搭載しています。そのため、非常にクリアで鮮明な画像を撮ることができます。高解像度で、ついついシェアしたくなるような美しい動画を撮影することが可能です。もちろん、静止画のショットも撮ることができるので、ワンアクションで動画を撮影しながら静止画のショットを撮ることもできます。

ジンバルは超軽量で、非常に軽やかに浮遊します。そして、ホバリングの音も控えめです。普通、ドローンは音がうるさく、なかなか静かな住宅地等では使いづらい側面があるのですが、Vantage RoboticsのSnapなら、静音設計なので安心です。

また、スマートバッテリーも搭載しています。バッテリーが長持ちなので、長時間のフライトにも対応しています。小型のドローンはバッテリーが少なく、手のひらサイズのドローンはフライト時間が短いのが難点でしたが、こちらのVantage RoboticsのSnapは、比較的ドローンの中では大きめな部類に入るので、バッテリーも万全です。

自動グラウンド回避機能もありますので、追尾しながら障害物を避けてくれます。知性を持っているかのように動き、自動で進行方向の障害物を回避し、追尾を続けます。そのため、操作中はVantage RoboticsのSnapがどうなっているかを気にする必要はなく、アクションに集中することができます。

また、GPSを使った正確なポジション認識で、今Vantage RoboticsのSnapがどこにいるかを測定しているため、位置分析が正確です。そして、フィールド指向制御モータコントローラや、動的ジオフェンスなども搭載されています。

スマートフォン、ゲームコントローラなどからも操作が可能で、DSMコントローラなどでも制御できます。ビデオファイルはスマートフォンに転送され、ストリーミングで保存できます。そして、その場で編集が可能で、ただちにソーシャルメディアでシェアすることができるのです。

 

4Kで撮影することの利点

Vantage RoboticsのSnapは、4Kカメラで撮影します。ですが、4Kテレビを持っている人はまだまだ少ないのではないかと思われます。そんな方には、Vantage RoboticsのSnapの4Kカメラはオーバースペックなのでしょうか?

実際のところ、仮にフルHDビデオを記録することが目的であっても、4Kカメラを使うことは利点が多いのです。4K CMOSからの高解像度写真が撮影できます。これにより、さまざまなズームで撮影しても、1080pでのピクセルのシャープさを保つことが可能です。

4Kの処理能力により、1080pの超スローモーションが毎秒120フレームで実現します。そして、編集ではより良いフレーミングおよびズームを実現するために、破棄できるピクセル等も多数あります。

このように、Vantage RoboticsのSnapの魅力は、なんといっても自動追尾と4Kカメラにあると言えます。

4Kカメラは美しく、見る人を圧倒しますので、ぜひこのVantage RoboticsのSnapが撮影した動画の美しさに感動してみてください。

 

Vantage RoboticsのSnapの魅力は果てしない

Vantage RoboticsのSnapは、まさに高性能なフライングカメラであると言えます。機能面では4kの超高精細カメラを搭載したパワフルなドローンとして活動し、写真と動画を取り込めるように最適化されています。

操作は非常に簡単で、スマホでVantage RoboticsのSnapを操作でき、追跡モードに変更して、どこまでも追尾させることもできます。超コンパクトなポータブルドローンで、安全です。

なお、防水機能はないのですが、雨や霧の中でも活動可能です。とはいえ、あまり海に近づけすぎるのはよくありませんので気をつけてください。

このように、Vantage RoboticsのSnapは非常に魅力溢れるドローンです。気になった方はぜひとも購入を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

NEW

Fire TV Stickが止まってイライラ…フリーズした場合の対処法6つ

Fire TV Stickがフリーズしたときの対処法1:動画の再選択を行う ちょっとした不具合で、動画再生が止まりフリーズすることもあります。軽い不具合程度であれば、動画を再度再生するだけで症状が改善 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.09.29
NEW

気づいたときには遅すぎる!知っておくべきスマートロックの【締め出し対策】とは?

スマートロックによる締め出しって?どうなっちゃうの? 物理的な鍵を使うことなく、スマホと通信することで施錠・解錠できるのがスマートロックです。導入する方も増えていますね。 スマートロックによる「締め出 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.09.26
NEW

超便利!「Echo Show」さえあれば、もうタブレットもリモコンも必要ない。Echo Showでできる8つのこと

Echo Showとは 画像引用元:https://www.amazon.co.jp/dp/B07934NYFN?ref=ods_ucc_aucc_bis_nrc_ucc 「Echo Show」は、A ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.09.24

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2020 AllRights Reserved.