iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2018.02.23
2019.12.27

Googleアシスタント対応のスマート車輪 Electron Wheel

電動アシスト付き自転車に乗った経験がある方の多くは、その快適さに夢中になるかと思います。今回紹介するElectron Wheelは、前輪を付け替え、ペダルにセンサーを取りつけるだけで、電動アシスト・サイクルコンピューターの機能を自転車に与え、Googleアシスタントにも対応する「スマート車輪」です。

記事ライター:iedge編集部

Electron Wheelとは?

画像引用:https://electronwheel.com/

Electron Wheelは、2018年1月に行われた世界最大の家電見本市CES(Consumer Electronics Show) において大々的にプロモーションされたスマート車輪です。

元々は2017年に発表済みで、公式サイト上で799ドルの予約購入を受け付けており、2018年2月には正式に発売される予定となっています。

普段使っている自転車が、前輪をElectron Wheelに付け替え、センサーをペダルに取り付けるだけで、電動アシスト、アプリによるトラッキング、さらにはGoogleアシスタントによる音声制御を兼ね備えたスマート自転車に変身します。

Googleアシスタントによる音声制御は発売時点でまだベータ版とのことですが、すぐに実装される模様です。

スマートフォンのマイクを通して「OK Google、自転車の電源をつけて」と呼びかけると、Electron Wheelの起動が可能です。バッテリーの残量やアシストのレベル、心拍数や走行距離、速度の情報をはじめ、Electron Wheelアプリから得られる情報はすべて取得可能とのことです。

現在、欧州と米国での発売が決定しており、各国の電動アシスト自転車に関する法律に則したチューニングが施されるとのことです。例えば、米国では時速32km、欧州では時速25kmまでの速度で電動アシストが行われます。1度の充電で走行可能な距離は約80kmとなっています。

2018年1月現在、公式サイトの予約購入ページで選択可能な国は米国、カナダの2か国のみとなっていますが、今後の拡大が期待されます。

 

CES 2018でGoogleとの共同プロモーション ニューヨークからラスベガスまでのサイクルチャレンジ

CES 2018において、ElectronはGoogleの協力を得てElectron Wheelの大規模なプロモーションを行いました。CESが行われるラスベガスまで、ニューヨークから自転車で10日間4,500kmを走破するというものでした。

出発は2017年12月31日朝で、到着は2018年1月10日と予定されていました。ライダーに選ばれたマックス・リッペは、1日に17時間自転車をこぎ、見事ラスベガスのCES会場までたどり着きました。

リッペの後ろにはスタッフがバンで付き添い、6台のストックを次々に充電するなどのサポートが行われていました。

Electronのジェームズ・パーカー副社長はこのチャレンジに関して「我々はCESでの発表で、より効果的に新製品の能力を世にアピールするために、チャレンジを計画した。Electron Wheelの耐久性と走行能力を本当の意味で証明できるはずだ」と語りました。

米国2017年末、大規模な寒波が到来しており、リッペは行程中ほとんどの日で氷点下の中走り続けました。開発側が想定していたよりも過酷な環境でしたが、リッペ及びElectron Wheelは見事その中でも無事走り抜きました。

例えば初日の夜は氷点下5度で、リッペは7枚もの上着を着て走りました。雪や氷も路上に多く、大変苦労しましたが、3日目にはなんとか十分に走行できる路面状況に戻りました。

これらの過酷な環境下でチャレンジが成功したことは、Electron Wheelの耐久性を大いにアピールしました。

しかしながら、Electron Wheelには注意点もいくつか存在しますので、次の項で見ていきましょう。

 次ページ >
Electron Wheelの注意点

関連記事

Alexa(アレクサ)が怖い?アレクサの恐怖体験と怖い機能を紹介

ユーザーの生活が快適になるように、さまざまなサポートしてくれるアレクサですが、アレクサによって怖い思いをしたという体験談もあります。今回は、アレクサの怖い体験談をご紹介します。そして、アレクサがわざと ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.05.26

たまごっちがスマートウォッチ化?たまごっちスマートの特徴を解説

たまごっちスマートとは、スマートウォッチの形をした新しいたまごっちです。 たまごっちスマートは、たまごっちが発売して25周年の節目である2021年11月23日に発売されました。 1996年に発売された ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.04.22

Alexa(アレクサ)の設定方法を徹底解説!設定ができない場合の解決策も併せて解説

アレクサの初期設定の方法 アレクサの初期設定、いわゆるセットアップの方法をご説明します。 1.スマホにアレクサのアプリをインストールします。 2.アレクサはAmazonと連動しているので、アレクサを使 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.04.14

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2022 AllRights Reserved.