iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2017.10.02
2019.05.01

netatmo welcome「世界初」の家族と侵入者の顔を見分けるホームセキュリティカメラ

netatmo welcomeは単なるホームセキュリティカメラではありません。通常のホームセキュリティカメラは、家の人も侵入者もどちらも撮影してしまうので、いざというときの画像確認が非常に困難だという弱点がありました。netatmo welcomeは顔認識機能が搭載されており、顔を見分けてくれるので、あらかじめ登録した家族の顔を認識してくれるためプライバシーが保たれます。それでは、詳しく機能面をみていきましょう。

記事ライター:iedge編集部

netatmo welcome、家族の顔を見分けるプライバシー録画が可能

netatmo welcomeは、従来のホームセキュリティカメラとは違って、顔認識機能がかなり高性能です。

あらゆる人を録画する昔のホームセキュリティカメラは、非常事態の際、何度も巻き戻して写っている人をひとりずつ確認しなくてはなりませんでした。また、すべての出来事が録画されてしまうので、録画ボリュームも大きくなり、ディスクを圧迫して大変だというデメリットもありました。

ですが、netatmo welcomeなら、あらかじめ大切な人を顔認識させておくと、家族は録画しなくなります。そのため、いざというときに家族のプライバシーを公的機関にさらさなくて済むのです。

窃盗や放火などの犯罪に巻き込まれたときや、不審者の侵入があったときには、警察や消防でビデオを確認することがあります。このときにnetatmo welcomeなら、不審者だけを捉えることができます。

顔登録していない人を徹底的に記録するので安心です。netatmo welcomeは家族の安全とプライバシー確保の両立を目指しています。また、全部録画するモードも選べますので、すべての録画を行いたいと思ったときにも対応しています。

その際には、顔の認識及びビデオ録画機能をオンにすることで、見慣れた顔をオフできます。

 

netatmo welcomeなら、ペットによる誤作動も防ぐことができる

netatmo welcomeにはペット動作検出機能もついています。これまでは、ペットによるいたずら等でカメラが傾いたり、録画が正常に行われていなかったりということが往々にして起こっていました。

その点、万が一のときや、本当に困ったときに役に立ってくれるのが、このnetatmo welcomeなのです。ペットの動作検出機能で、しっかりと不審者とペットの違いを見分けます。

また、何かペットにいたずらなどをされたとしても通常運転を保ち続け、固定した場所の録画を続けてくれます。途中のメンテナンス等は不要で、一度設置すればそれでしばらくは運転が平常に続きます。

たまに、極端に位置がずれていないか、電源は入っているか、何らかのトラブルは起こっていないか等をチェックしてあげると、より安心です。ですが、基本は放置で構わないのです。

 

netatmo welcome130度の広角カメラを装備

netatmo welcomeは、130度の広角カメラで、多角的に幅広い範囲を録画できます。

さすがに180度までは無理なのですが、それでも130度は撮ってくれるので、ほぼ死角はないと考えていいでしょう。

そして、高解像度で1080pの最高画質を保っています。映像がクリアなため、家の隅々まで何が起こっているのかをリアルタイムに把握できます。

赤外線ナイトビジョンもついているので、夜中に電気が消えたとしても、赤外線で録画してくれます。そのため、寝ている際の侵入、不在時の侵入などの対応も可能です。昼間も夜間も、両方を守ってくれるのがnetatmo welcomeなのです。

また、外観のデザイン等もスタイリッシュになっており、モダンなデザインです。アルミニウムで外装カバーが作られており、ほとんどのインテリアに馴染みます。家の雰囲気を壊すことなく、スタイリッシュに溶け込んだデザインで、家を守ってくれます。

IoTデバイスなので、基本はスマホから操作します。これは、従来の防犯カメラにはなかった機能です。

インターネット越しに操作できるのはビデオだけでなく、録画したデータをクラウドに保存してチェックすることも可能です。非常にハイテクで、IoTならではの強みを活かしているといっていいでしょう。IoT製品として、カメラをインターネットにつなぐということは、それだけセキュリティカメラの性能がアップするということでもあります。

以上、netatmo welcomeについてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

netatmo welcomeは屋内専用のカメラなのですが、従来の防犯カメラより高い性能を誇っています。クラウドにも保存されるので、破壊されてもデータを守ってくれます。セキュリティカメラがインターネットにつながったことで、防犯カメラは著しい進化を遂げたと言ってもいいでしょう。

関連記事

クロームキャストができることは?特徴と接続方法を解説

  クロームキャストは、テレビと接続するだけでスマートフォンとの連携が可能なデバイスです。 今回は、クロームキャストの特徴や接続方法を解説します。 クロームキャストとは クロームキャスト(C ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.07.21

FOSSIL スマートウォッチの口コミ・評判を解説

便利な機能があると話題のスマートウォッチ。FOSSILからも、2021年9月27日に最新スマートウォッチが発売されました。 ここでは、「どのような機能が使えるのか」「使い心地はどうなのか」といった特徴 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.07.14

Alexa(アレクサ)が怖い?アレクサの恐怖体験と怖い機能を紹介

ユーザーの生活が快適になるように、さまざまなサポートしてくれるアレクサですが、アレクサによって怖い思いをしたという体験談もあります。今回は、アレクサの怖い体験談をご紹介します。そして、アレクサがわざと ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.05.26

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2022 AllRights Reserved.