iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2017.10.02
2019.05.01

家中の家電がスマホ一つで遠隔操作できる!スマートホームの大きな魅力とは

「会社にいても旅行中でも、家中の家電をスマホ一つで遠隔操作できてしまう」、スマートホーム(スマートハウス)の大きな魅力の一つです。今回は、スマートホーム(スマートハウス)の遠隔操作に対応したオススメのデバイスやその特徴、参考価格などをご紹介します。

記事ライター:iedge編集部

家電を遠隔操作することでこんなことが可能に!

真夏の猛暑日に仕事から帰宅してまずやることは、来ていた服を脱ぎ、汗をぬぐい、熱気たっぷりの室内を換気しつつエアコンをオンにして部屋の中を冷ます、そんなところではないでしょうか?

しばらくして部屋が冷えて来たらようやく落ち着いて、テレビをつけてキンキンに冷えたビールをグイッと飲み干す、という人も多いでしょう。

ふと気づくと、昼間の熱気のせいでペットの具合が悪くなっていることに気づいたり、出しっぱなしにしたペットボトルの中身が恐ろしいことになっていたり……なんていうこともあるかもしれません。

あるいは真冬の寒い日、帰宅したらまずは冷え切った室内を暖めるためにエアコンを全開にして床暖房を入れて、程よい室温になるまで凍えながら我慢して、スープを飲むためにお湯を沸かし始める、という人も多いことでしょう。

もし、エアコンや床暖房、湯沸かしなどをスマートホーム(スマートハウス)で遠隔操作できたらどうなるか、イメージが湧きますか?

退社時間になって会社を出る直前に、カーテンを閉めてエアコンや床暖房をオンにしておき、最寄り駅を降りたらお風呂のお湯を沸かし始め、玄関の前に着く頃にはリビングの照明がふんわりと明るくなり始める、そんなことが可能です。

スマートホーム(スマートハウス)で遠隔操作の実現によって、帰宅したらすぐに、快適な空間を味わう事ができるのです。

それだけではありません。ペットを飼っているとしたら、旅行中に元気に留守番しているか?家の中や外で変わったことは起こっていないか?不審な人が訪ねて来たりしていないか?鍵はちゃんと閉めて来たか?色々と心配になることがあると思います。

そこで役立つのが、セキュリティカメラやセンサーの遠隔操作です。

スマホによるスマートホーム(スマートハウス)の遠隔操作で、屋内外に設置したセキュリティカメラに映っている映像をリアルタイムでチェックでき、スピーカーやマイクが内蔵されているものもあるため、画面越しに音声のやりとりをすることも可能です。

カメラはアプリを通じて上下左右に角度を変えられるものもありますので、もし最初の画面に観察したい対象が映っていなくてもカメラを動かして探し出すことができます。

挙げたらキリがありませんが、このように家電を遠隔操作することができるスマートホームは、大きな安心や優れた快適性をもたらしてくれます。

 

初心者でも導入しやすい遠隔操作が可能なIoTデバイスをご紹介!

今回ご紹介するのは、設定や操作等が難しいものはありません。初心者でも容易に導入しやすいスマートホーム(スマートハウス)の遠隔操作デバイスをご紹介します。

mouseスマートホーム

メーカー:マウスコンピューター

参考価格:24,800円

デバイスを一括操作するために必要なルームハブに、プラグ、LEDライト、モーションセンサー、ドアセンサーなどがセットになったスターターキットが2万円台というお手ごろ価格で販売されています。

スマホやタブレットに専用アプリをインストールしておけば、外出中でも室内環境のチェックや、各家電のオン・オフ、設定の変更などができます。

eRemote

メーカー:Link Japan

参考価格:9,680円

メーカー、年式、型番等に関係なく、赤外線リモコンが付いている家電は専用アプリをインストールしておくことでオン・オフなどのコントロールをすることができます(対応していない家電がある可能性もあります)。

留守中でも定期的に照明をオン・オフにすることで、誰かがいるように見せかけたり、女性の一人暮らしでも帰宅前に照明をつけておいたりすることで部屋を特定される確率が大幅に減少します。

このように、トータルで様々な家電を遠隔操作できるスマートホーム(スマートハウス)基幹製品のほか、次のようなデバイスも多数販売されています。

アボットライリー

メーカー:サンワサプライ

参考価格:29,780円

キャタピラがついた移動式のセキュリティカメラです。全長わずか12cmと超小型にも関わらず、搭載されている機能は実に多彩で、リアルタイムにカメラに映る映像をチェックできるほか、

・ラジコン感覚でスマホから本体を遠隔操作できる

・本体を前後に移動させられるほか、カメラを上下左右に動かすこともできる

・多少の凹凸は乗り越えられ、もし転倒しても自力で起き上がれる

・充電器の近くに持っていくと、自分から充電器に乗って充電を始める

・静止画や動画の撮影もできるほか、双方通話もできる

といった機能を兼ね備えています。

Qrio Smart Lock

メーカー:Qrio

参考価格:19,440円

サムターンの上から被せるだけで、特別な工事や鍵の交換等を行うことなくドアの施錠・解錠ができるデバイスです。

Qrioハブ(参考価格:8,800円)と組み合わせることで遠隔操作ができますので、鍵を閉め忘れた場合でも外出先から施錠ができるほか、ロックキーをLINEやFacebookで共有できますので、親しい人にだけ教えることも可能です。

このように、各メーカーから初心者でもカンタンに設定や操作が行える、遠隔操作に対応したスマートホーム(スマートハウス)デバイスが発売されています。

なお、対応している端末やOS、それぞれのデバイスを制御するためのアプリ、Wi-Fi環境やその他の通信環境など、デバイスによって必要な条件は異なりますので、詳しくは各デバイスの商品説明等をご確認ください。

 

いつでも安心を身近に感じられるスマートホーム!

離れていてもリアルタイムに家の中や外の様子を確認でき、必要に応じて家中の家電を最適に制御することができるようになれば、大きな安心をいつでも身近に感じながら生活することができます。

日本でのスマートホーム市場はまだまだ未成熟ですが、各メーカーから実に色々なデバイスが発売されています。

今のうちからチェックして、時期を見て導入するのも良いのですが、今回ご紹介したようなデバイスはそこまで高価ではありませんので、手軽に導入できるスマートホーム(スマートハウス)の遠隔操作デバイスとして試してみるのも良いのではないでしょうか。

関連記事

NEW

気づいたときには遅すぎる!知っておくべきスマートロックの【締め出し対策】とは?

スマートロックによる締め出しって?どうなっちゃうの? 物理的な鍵を使うことなく、スマホと通信することで施錠・解錠できるのがスマートロックです。導入する方も増えていますね。 スマートロックによる「締め出 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.09.26
NEW

超便利!「Echo Show」さえあれば、もうタブレットもリモコンも必要ない。Echo Showでできる8つのこと

Echo Showとは 画像引用元:https://www.amazon.co.jp/dp/B07934NYFN?ref=ods_ucc_aucc_bis_nrc_ucc 「Echo Show」は、A ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.09.24
NEW

ついに登場!翻訳機能搭載の【スマートマスク】がスゴすぎる!

日本の企業が開発したスマートマスク「C-FACE」とは? 「スマート◯◯」とはインターネットにつながるモノを意味します。スマートフォンを筆頭にスマートスピーカー、スマートリモコン、スマートキーなど身の ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.09.23

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2020 AllRights Reserved.