iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2017.10.02
2019.05.01

ロボットシステム用の高度なセンサーシステム「Transrobotics」とは

Transroboticsは、高性能なレーダーIoTです。とても性能が高く、高度なセンサーシステムを搭載しています。地上で、または空中で、センシングの恩恵を受けることができます。レーダーはとても品質が高く、あらゆるものを検知します。特許を取得したリアルタイム検出と応答で、さまざまなシーンで役立つレーダー型IoTです。

記事ライター:iedge編集部

レーダー型IoTデバイスの大きなメリット

Transroboticsは、サブミリメートルの精度で動いています。サブミリ秒で更新されており、特許取得済みのレーダーセンサーシステムです。

IoTでレーダーがインターネットにつながることによって、雨や霧があったとしても、煙がもくもくと立ち込めていたり、傷や汚れなどがついていたりする場合でも、航空機などの衝突を事前に回避することができます。

このTransroboticsのレーダーは、一般のプラスチックを通り抜けます。そして、屋外の過酷な条件の元でも動作します。また、金属、透明なガラス、コンクリート、および木材などに関連するすべての材料を含めて、確実に、なおかつ正確に検知が可能です。

このように、Transroboticsは非常に高性能なレーダーであることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

さらに、それらがIoTを通じて、高性能レーダー波でキャッチした情報がクラウドに保存され、人工知能で処理され、有効活用されていきます。衝突回避はパターン認識され、どのような際にトラブルが起こりがちなのか、学習効果が高まります。

具体的な使用方法ですが、基本はTransroboticsをビルや構造物などに搭載します。こうすることで、航空機が制御ゾーンに侵入してくることを防いでくれます。

また、コールアンドレスポンス方式によりプロシージャを呼び出し、許可された対象だけがサービスエリア内に侵入して実行できるようにしています。もちろん、許可されていない対象はそこのエリアに侵入することができません。

 

Transroboticsのその他の特徴

Transroboticsは、たとえば、毎秒1000回測定します。かなりのハイスピードかつ高精度なので、安心できます。開発者用のAPIも公開されており、自由に拡張が可能です。デベロッパーにも優しいので、他の派生IoTデバイスを作ることができます。

また、Transroboticsは光の速度で動いている物体でも検知してくれます。光の速さは地球上で最も速いので、実際にはそこまで高速移動する物体はありませんが、それほどまでにTransroboticsの検出力が素晴らしいということがおわかりいただけたのではないでしょうか。

FCC適合しているため、Transroboticsは他のワイヤレスデバイスや、他のIoT製品には干渉しません。Transroboticsはレーダー型IoTデバイスとして独立しており、他のIoTデバイスおよびワイヤレス機器を邪魔することもありません。

バッテリーパックで稼働し、24時間365日、対応が可能です。飛行に関するあらゆる機器、そして飛行物体を検知します。

Transroboticsなら、拡張性にも優れている

Transroboticsは、非常に精度が高く、信頼性のおけるIoTデバイスです。

レーダーがIoTとしてインターネットにつながることによって、データを集積することができます。Transrobotics自体は単に情報を集めるだけという側面もありますが、その後のAPI公開によってデータを取得し、解析に役立てることも可能です。

今後はTransroboticsの解析結果を利用して、衝突予測や不測の事態の回避、また鳥や宇宙のゴミなどの飛来にも備えることができるようになるでしょう。

拡張可能であるということは、非常に重要なことなのです。とくにこのような、命にかかわるデバイスにとっては大切な要素です。TransroboticsのAPIを使って、優れたエンジニア・メカニクスが未来のデバイスを新たにプログラミングしてくれる可能性があります。これは、非常に未来志向的な設計であると言えます。

 

以上、Transroboticsについて詳しくお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか。

世界初のデジタルマイクロレーダーとして取り扱いがしやすく、あまり表立ってオンラインに情報は掲載されていませんが、IoTデバイスとして密かに注目を集めています。

優れた設計と高品質なレーダーがインターネットにつながることによって、未来に無限の可能性を秘めるようになりました。レーダーとして高性能なだけでなく、データ蓄積などのポテンシャルも高いのです。

未来の空の安全を守るためにも、Transroboticsは欠かせません。今後は航空学の分野でも、開発が進められることでしょう。

Transroboticsは、デジタルマイクロレーダーですので、今のところは航空機での利用が想定されていますが、今後は車などの衝突回避や自転車、バイクなどのレーダーとしても普及する可能性があり、将来が楽しみデバイスでもあります。

未来の衝突事故を減らすためにも、Transroboticsの発展に期待です。

関連記事

NEW

超便利!「Echo Show」さえあれば、もうタブレットもリモコンも必要ない。Echo Showでできる8つのこと

Echo Showとは 画像引用元:https://www.amazon.co.jp/dp/B07934NYFN?ref=ods_ucc_aucc_bis_nrc_ucc 「Echo Show」は、A ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.09.24
NEW

ついに登場!翻訳機能搭載の【スマートマスク】がスゴすぎる!

日本の企業が開発したスマートマスク「C-FACE」とは? 「スマート◯◯」とはインターネットにつながるモノを意味します。スマートフォンを筆頭にスマートスピーカー、スマートリモコン、スマートキーなど身の ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.09.23
NEW

これは使うべき!アレクサ対応のシーリングライトが超絶便利すぎる!

設定は簡単!アレクサ対応のシーリングライトを導入すべき理由 アレクサとは、Amazon Echoなどに搭載されている、Amazonの音声AIアシスタントです。「アレクサ」「アマゾン」「コンピューター」 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.09.22

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2020 AllRights Reserved.