iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2022.09.22
2022.09.22

スマートコンセントにできることとおすすめの商品5選

記事ライター:tsuda

 

IoTやAI技術を活用し、家庭内の家電や設備を一括管理するスマートホーム。スマートフォンやタブレットから家電の操作をして、さまざまな機器の電源切り替えをする便利な生活を実現するために一役買ってくれる製品がスマートコンセントです。

 

スマートコンセントの機能

スマートコンセントに差し込んだ家電は、スマートフォンのアプリから電源切り替えや起動時間のタイマー設定などが可能です。

 

スマートフォンのGPS機能に連動して、外に出たときにOFFにする、家に近づいたらONにするなどの設定ができる製品もあります。

また、IFTTT(イフト)というWebサービスに対応しているスマートコンセントを使えば、室内が20度を下回ったら、暖房をつけるなどの設定が可能です。

スマートコンセントのメリット

スマートコンセントには音声入力に対応した製品があります。

Google Nest、Amazon Echoといったスマートスピーカーと連携すれば、声だけでスマートコンセントにつながった家電の電源を切り替えることができます。

 

スマートコンセントは、外出先でスマートフォンから操作できる点が便利ですが、家に帰ればリモコンがあるためスマートコンセントのメリットを感じにくいことが欠点です。

 

しかし、音声入力ができるようになれば、リモコンすら使わずに家電を操作する生活が実現します。

 

スマートコンセントのデメリット

スマートコンセントのデメリットは、必要な電圧が高い家電製品は使えない場合があるという点です。対応電圧が低いスマートコンセントは、エアコンなどの必要電圧が高い家電には使えません。スマートコンセントを購入する際は、対応電圧を必ず確認するようにしましょう。

 

また、こたつや電気ストーブなどの火災の危険がある暖房器具に使用することは危険です。もし、家を出た後に電気ストーブに偶然棚から落ちた衣類などがかぶさってしまっていても、外出先から気づくことはできません。そのまま外出先から電源をONにしてしまうと火災の原因になります。

おすすめのスマートコンセント5つ

実際の商品をご紹介します。

スマートコンセントは、最新の機能を搭載した製品、特徴的な機能を搭載した製品などがあり、多種多様です。

 

今回は特徴のあるスマートコンセント5つを選びました。その機能について主にご紹介します。

①TP-Link スマートプラグTapo P105|家電のさまざまな操作に対応

TP-Linkから発売されているTapo P105は、端末専用アプリ「kasa」から繋がれた電化製品のON/OFFを切り替えられるスマートコンセントです。

利用できるAIアシストのソフトとしてGoogle Assistant、 Amazon Alexaに対応しており、

デバイスのGoogle Nest 、Amazon Echoなどが、利用可能です。

 

また、ON/OFFを自動で切り替える「おでかけモード」がついており、照明器具を繋げば、留守でも家に誰かがいるように見られ、セキュリティの向上につながります。

 

②SwitchBotプラグミニ|電力量を計測し可視化

 

SwitchBotから発売されているSwitchBotプラグミニは、専用アプリで消費した電力量を可視化できるため、節電・節約に役立ちます。

また、SwitchBotのシリーズ製品である「SwitchBot開閉センサー」と連動すれば、家を出た際にSwitchBotにつないだ電化製品を一斉にOFFにすることも可能です。

 

もちろん音声コントロールも可能です。

 

③TOLIGO 木目調スマートコンセント TLG-SO02|インテリアに合うプラグ

TOLIGOから発売されている木目調スマートコンセント TLG-SO02このコンセントは、木目調の外観が特徴で、空間の邪魔をせず自然と溶け込むデザインが施されています。さらに、4口の差し込み口と2個のUSBポートを備えているため、複数台の家電に対応できます。

 

また、自動化の機能も持っており時間設定だけでなく条件に設定可能で「日没」という設定も可能です。

 

例えば日没時間に窓際に置いたイルミネーションランプを自動で点灯するように設定すれば、おしゃれな雰囲気を演出できます。

④+Style スマートWi-Fiプラグ|多彩な動作条件が設定可能

+Styleから発売されているスマートWi-Fiプラグは、電力や電源を動作条件(トリガー)として設定することができます。例えば+Styleが販売している「スマートLEDシーリングライト」と連携すれば、就寝前に照明を消すとスマートWi-FiプラグにつないだTVも消えるなどの動作ができます。

 

こちらの製品もGoogle Nest 、Amazon Echoに対応しています。また、専用アプリから使用電力も確認できます。

まとめ

タイマー機能やセンサー機能を利用すれば、生活のシーンに合わせた最適なかたちで家電を利用でき、快適なスマートホームが実現できます。

スマートコンセントを使って、リモコンを使わずに「テレビをつけて」「電気を消して」など言葉を発するだけで家電が動く、まるでSF映画のような生活を実現してみてはいかがでしょうか。

関連記事

マークジェイコブスのスマートウォッチ|特長・機能・おすすめ商品を解説

  今回は、マークジェイコブスのスマートウォッチの特長・機能・具体的なおすすめ商品について解説します。 マークジェイコブスのスマートウォッチは、今は生産中止となっていますが、おしゃれで人気の ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.09.22

クロームキャストができることは?特徴と接続方法を解説

  クロームキャストは、テレビと接続するだけでスマートフォンとの連携が可能なデバイスです。 今回は、クロームキャストの特徴や接続方法を解説します。 クロームキャストとは クロームキャスト(C ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.07.21

FOSSIL スマートウォッチの口コミ・評判を解説

便利な機能があると話題のスマートウォッチ。FOSSILからも、2021年9月27日に最新スマートウォッチが発売されました。 ここでは、「どのような機能が使えるのか」「使い心地はどうなのか」といった特徴 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.07.14

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2022 AllRights Reserved.