iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2018.01.09
2019.05.01

スマートホーム市場の現在の動向は?

スマートホームという言葉を聞く機会が最近多くなってきました。現在Amazon Echoが日本上陸を果たしたほか、Google HomeやTEPCOホームなどのテレビCMを見る機会が増えたことで、より身近な存在になってきています。

今回は、国内外のスマートホーム市場の現在の動向、関心事を紹介します。

記事ライター:iedge編集部

目まぐるしく変わるスマートホームの現在

スマートホームでできることは飛躍的に増えてきています。

かつては「家に帰ったら自動で部屋が明るくなって、快適な温度になっている」等の電気機器が単純に自動化された住宅をスマートホームと言っていましたが、現在ではもう一段階進んで、「自分の意のままの生活」を実現できるのがスマートホームという所まで来ています。

また、これまでは行き届いた管理のスマートホームを構築するのには大きな労力が必要でしたが、スマートフォンの高性能化や、スマートスピーカーの普及、プラットフォームの進化もあり、今では手の届く範囲になっています。

中には行動パターンを学習することで、自動でスケジューリングしてくれるような製品も出てきているため、今後ますますスマートホーム化のハードルが低くなっていくことでしょう。

次に、国内外のスマートホームの現在の動向を見ていきます。

 

国内の動向

国内のスマートホーム市場は、今後数カ月単位で大きく様変わりするかもしれません。「スマートホーム」という単語のGoogle検索数を見てみても、2017年11月現在、過去5年で圧倒的に高い水準にあります。

なぜ現在スマートホームという言葉が急浮上しているのでしょうか。その理由は、Amazonのスマートスピーカー「Amazon Echo」の国内発売にあります。

音声で制御できるAI「Alexa」を搭載し、家庭内のIoT機器をコントロールできるAmazon Echoは、米国で2014年の発売以来、約3,000万台を売り上げ、現在のスマートホームを象徴するデバイスとなっています。

かつてiPhoneの登場でスマートフォン市場がそれまでとは全く異次元のものになったように、このAmazon Echoの日本上陸で、現在のスマートホームを取り巻く状況は、今後どうなるか予想がつきません。

ただ、スマートホーム市場において、現在がターニングポイントになっていることは間違いないでしょう。

また、Amazon Echoだけでなく、一足先に日本上陸を果たしたGoogle Home、LINEのClova WAVEなど、日本語に対応したスマートスピーカーが増えてきています。

特にGoogle Homeは積極的な広告戦略を打ち出しています。「OK,Google」で始まる印象的なテレビCMを見たことがある方も多いかもしれません。

Amazon Echoの普及効果で、これらの製品にも相乗効果が生まれるか、要注目です。

 

世界的な動向

スマートホームの現在の世界的な動向として、AppleがどれだけAmazonに迫れるかが注目されています。昨年まで、スマートスピーカー市場はAmazonが約9割と、圧倒的なシェアを握っていました。

2017年にはGoogle Homeの登場もあり、Amazonは約7割まで後退しましたが、それでもなお、圧倒的シェアを誇っています。このスマートホーム市場の状況の中で現在注目されているのは、Apple Home Podです。

Siriをベースにしたシステム「Homekit」を搭載し、iPhoneやMac PCとの高い互換性を売りにしています。また、Appleのフィリップ・シラー副社長によると、Homepodの音質は「家を揺るがす」くらいの高品質だと強調し、Amazon EchoやGoogle Homeとの差別化を図っています。

これまで多くの革新的製品を生み出してきたAppleですが、ことスマートスピーカーに関してはAmazonから大きく後れを取ってのスタートとなります。Apple HomePodはこの差を埋めるカギになるか、要注目です。

 

国内メーカーの巻き開始にも期待

いかがだったでしょうか。日本国内と海外におけるスマートホームの現在の注目動向について紹介しました。

図らずもスマートスピーカーに関する話題がメインになってしまいましたが、現在のスマートホームにおけるスマートスピーカーの存在感がそれほど大きいという事の裏付けかもしれません。

多くの注目を集めるAmazon Echoも、現在は「招待メール」が来たユーザーのみ購入できる状況で、大きく普及するにはまだ時間がかかるでしょう。

ソニーの「MESH」など、国内メーカーからも野心的な製品が出ているものの、まだまだ広く一般に普及するスマートホーム製品は出ていません。一方で、現在ソニーやパナソニックが欧米でスマートスピーカーに進出を始めているため、今後日本でも見られるかもしれません。

スマートホーム市場の今後の動向から目が離せません。

関連記事

NEW

台風災害にも役立つ!?自由自在に開閉できる安心の国産IoTカーテン「eCurtain」とは

国内で初のスマートカーテン!eCurtainとは eCurtainは日本企業である「株式会社リンクジャパン」が開発した、国内初のスマートカーテンです。「Wi-Fi」に接続して利用するタイプになります。 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.10.20
NEW

血中酸素センサー搭載!新モデルApple Watch Series 6の機能まとめ

メディアの予想的中!Apple Watch Series 6は9月16日のイベントで発表 2020年9月16日のイベントに先駆け、ニュースメディア大手の「米ブルームバーグ」は ・新型Apple Wat ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.10.19
NEW

Garmin(ガーミン)がお届けする活動量計Vivofit4のこの機能が凄い! 

365日24時間ウェアラブルなVivofit4 Vivofit4を365日24時間身に着けることが可能(ウェアラブル)で、約1年間電池を交換する必要がありません。上位モデルが最大でも7日しか連続使用で ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.10.18

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2020 AllRights Reserved.