iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2021.03.21
2021.03.26

賢く睡眠しよう!AIも活用したスマート家電による睡眠管理方法をご紹介

今は睡眠管理を経験に基づいて手作業でやるのではなく、ITを活用しながら効率よくやる時代です。睡眠管理に使えるスマート家電や対応アプリも増加してきており、コロナウイルス感染拡大による自粛の影響でITを活用した睡眠管理に乗り出す方も増えてきています。
目的に合わせてスマート家電を導入すれば、無駄のない睡眠管理で睡眠状態の改善が可能です。
今回は睡眠の質や時間などが気になっている方向けに、「AI(人工知能)」も活用しながらスマート家電で睡眠管理を行う方法を解説していきます。

記事ライター:iedge編集部

AIも活用した睡眠管理方法①スマートウォッチで健康状態を計測

時計型の「スマートウォッチ」は、最も入手しやすい睡眠サポート機器の1つです。シンプルな睡眠管理だけでよければ1万円もせずによいモデルが入手可能になっています。

「Fitbit」といった有名メーカーからスマートウォッチを購入すれば、予算は高くなりますがさまざまな睡眠管理機能が利用可能です。

スマホにアプリをダウンロードしてセンサーを利用するだけでも、睡眠状態の測定は可能です。ただし心拍数といったより細かいデータを基に睡眠管理を行いたい場合は、直接スマートウォッチを身に付けて睡眠を行う必要があります。

スマートウォッチを身に付けて睡眠すると、

・ノンレム睡眠
・レム睡眠
・起きている時間
・眠っている時間

といった項目をデータとして計測可能です。計測されたデータはスマートウォッチやアプリなどから簡単に確認できます。

さらにデータを基に睡眠管理に関するアドバイスが受けられるモデルもあります。モチベーションを維持しながら睡眠の改善を実現可能です。

 

AIも活用した睡眠管理方法②スマート照明で就寝や起床を管理

照明は睡眠状態を左右する重要な要素です。夜遅くまで照明を明るくしていると眠りの質が浅くなりやすいですし、朝暗いままだとすっきりとして目覚めが得られにくくなります。

明かりの状態を簡単に管理できるのが、「スマート照明」です。スマート照明は電球タイプやシーリングライトタイプなどが販売されており、場所に応じたタイプを設置することで効率よく照明の管理ができるようになります。

リビングや寝室にもスマート照明を設置すれば、「夜になったら少しずつ照明を暗くする」といった設定で就寝や起床を簡単に管理可能です。

スマホから毎回照明のON、OFFを設定するのが面倒な場合は、タイマー設定を使ってみましょう。

「平日7時に照明をOFF」といった設定を行うと、自分の生活スタイルに合わせて自動で照明を調整できるようになります。

また音声アシスタント対応のスマート照明を使うと、アレクサやGoogleアシスタントなどを使って声だけで照明を操作できるのでさらに便利です。

 

AIも活用した睡眠管理方法③スマートアイマスクで音楽を聴く

現在ではアイマスクにIoT機能を搭載した、「スマートアイマスク」という製品も販売されています。

スマートアイマスクにはリアルタイムで脳波を監視して測定する機能が搭載されています。

そしてデータを基にAIを活用した機械学習を行い、快眠に必要な音楽をその場で再生してくれるのがポイントです。

音楽には神経を整える効果がありますが、スマートアイマスクを使えば顔を圧迫せずに自然な姿勢で音楽を聴いてリラックスできるようになります。

睡眠状態に合わせて音量を調整したり、モードに合わせて最適な睡眠をサポートしてくれる機能も便利です。

「LUUNA」といったスマートアイマスクが現在販売中です。

 

AIも活用した睡眠管理方法④スマートカーテンで朝自然に光を浴びる

「スマートカーテン」はスマホアプリやスマートスピーカーなどからカーテンの開閉を操作できる家電です。カーテンレールを取り外して専用のパーツを付けるモデルもありますが、カーテンレールに引っ掛けるだけでスマートカーテンを実現できる便利な製品もあります。

カーテンを夜になったら閉めて、朝には光を浴びるという規則を作っておくのは重要です。特に朝に光を浴びる行為は交感神経を活発にして朝の活動を促し、夜によい意味で疲れている状態を作るために重要になっています。

スマートカーテンを使えば、スマートスピーカーで寝床にいながらカーテンを開けたり閉めたりできます。またタイマー設定で朝に自動でカーテンが開くようにして起床を促す機能も搭載されているので便利です。

 

AIも活用した睡眠管理方法⑤スマートベッドで快適な寝返りを実現

予算は高くなりますが、より本格的な睡眠管理を行いたい方には「スマートベッド」がおすすめです。

スマートベッドには睡眠状態に応じて傾き具合が変化する機能が搭載されており、常に負担の掛からない状態で体の姿勢を維持可能です。寝返りといった睡眠の質に関係する行動も無理なくできるようになります。

また

・スマホでベッドの硬さを調整する
・睡眠状態をセンサーを通して可視化する

といった機能も搭載されており、さまざまな機能が睡眠状態の管理をサポートしてくれるのも便利な点です。

まずは簡単に実現できる睡眠方法を試して、AIも活用したスマート家電による睡眠管理のメリットを感じてみてください。

関連記事

在庫管理もできる? IoT冷蔵庫の特徴とおすすめ5社を徹底解説

出典:Amazon IoT家電をご存じでしょうか。IoTとは「Internet of Things」の略称で、直訳すると「モノのインターネット」と呼ばれる言葉です。家電をインターネットに接続することで ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.10.29

【インタビュー】賃貸戸建市場の醸成に、スマートホームが活躍する理由

〜ケネディクス株式会社 KoletへのSpaceCore導入ケース〜 2021年8月、アクセルラボ(東京・渋谷)が提供しているスマートホームのプラットフォーム『SpaceCore』が、様々な不動産ファ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.10.06

スマートホームカメラで安心安全な日常を。メリットやおすすめ製品まで

  安心安全な暮らしを実現するために、ホームセキュリティへの関心が高まっています。そこで、リアルタイムな映像をチェックできる「スマートホームカメラ」をご存じでしょうか。住まいの防犯対策や家族 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.10.06

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.