iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2021.01.24
2021.01.24

2021年最新版!おすすめの360度カメラ製品5選

最近はプライベートでVR系の動画を作成し、「Youtube」といったSNSにアップロードして楽しむ方も増えています。立体的な映像を撮影するのに必要なのが360度を撮影できるカメラです。
360度カメラにはいろいろなモデルがあるので、購入に迷うケースも多いでしょう。事前に人気のあるモデルを知って購入に役立ててください!
今回は360度カメラの中でもおすすめできる製品を、5つ厳選してご紹介していきます。

記事ライター:iedge編集部

おすすめの360度カメラ①リコー THETA Z1

事務機器などのメーカー大手の「リコー」の「THETA Z1」は、ワンショットで全天球撮影ができる便利なカメラです。

高精細な映像の撮影が可能!

有効画素数が約2000万画素のユニットを2基搭載しており、薄型ながらも高精細な映像を撮影できるようになっています。

高感度撮影に対応!

また高感度撮影にも対応しているので、夜間といった露光の少ない場所でも確実に撮影を行って保存できるのもメリットです。

低ノイズで画像が残せる!

また360度カメラにおいて必須の画像処理機能については、低ノイズで画像を残せるように工夫されています。

選べる2つの撮影モード!

撮影モードについては、下記のように場面に合わせた適切なモードを選べるようになっているのもポイントです。

・星の撮影に適したインターバル合成機能
・連続撮影を行う「マルチブラケット撮影」

他にも特徴はさまざま!

・初心者にも分かりやすい画面仕様
・SNSや専用サイトなどに直接画像アップロードが可能
・マグネシウム合金で高い堅牢性を実現

といった特徴も併せ持っています。

 

おすすめの360度カメラ② GoPro GoPro MAX

アウトドア用のカメラなどを販売している「GoPro」は、「GoPro MAX」という360度カメラを販売しています。

水中での撮影もOK!

GoPro MAXでは水深5mでの撮影にも対応しているので、水中で画像を撮影したいときにも安心して使えます。

横向きや宙返りでの撮影もできる!

またGoProならではの水平維持機構も優れており、

・横向きになる
・宙返りする
・友達と競争する

といった場面でもぶれなく安定した撮影が可能です。

迫力のある音声も保存可!

サウンド面でもこだわりが見られ、6つのマイクで迫力のある音声を保存できるのもメリットになっています。

アウトドア目的の方に最適な機能が豊富!

・直感的なタッチスクリーンにより楽々操作ができる
・指定された音声コマンドでもカメラ操作ができるので手が空いていなくても大丈夫
・コンパクトなので取り回しが簡単

といった特徴も備えており、アウトドア目的で360度カメラを使いたい方におすすめです。

 

おすすめの360度カメラ③ KANDAO QooCam 8K

画像引用元:http://www.kandaovr.com/ja/qoocam-8k/

「KANDAO」の「QooCam 8K」は、8K撮影のできる360度カメラです。

コンパクトな見た目でありながら大型センサーを搭載しており、

・8K:30fps
・4K :120fps

の映像を撮影できるようになっています。

コンパクトサイズで持ち運びも便利!

ポケットに入れて持ち運びができるので取り回しが便利であり、高精細な画像が撮影できることからビジネス利用にも向いているモデルです。

激しいアクションも滑らかに映像を撮影!

また「SuperSteady 」機能によりジンバルがなくても、自転車で走行するといった激しいアクションにも対応して滑らかな映像を残せるのもポイントになっています。

アプリからの簡単操作で編集作業もラクにできる!

また用意されているアプリから

・被写体へのズーム
・画像のトリミング
・その他微調整

などを操作可能となっており、共有もできるようになっています。パソコンをわざわざ用意しなくても撮影時すぐに編集作業ができるのはメリットです。

急速充電にも対応!

3000mAhの大容量バッテリーを搭載しており、「USB-PD 2.0急速充電」にも対応しているので短時間で充電して使えます。

 

おすすめの360度カメラ④ Insta360 Insta360 ONE

画像引用元:https://store.insta360.com/product/one_x2?_ga=2.242563905.259273938.1608266667-1230276580.1608266667

名前の通り360度カメラに関する製品を販売している「Insta360」では、「Insta360 ONE」が人気です。

Insta360 ONEはiPhoneに直接挿しこんで使えるようになっており、専用アプリとスムーズに連携できるのが特徴です。

場面ごとに最適な撮影方法が選択できる!

・カメラ単体での撮影
・Bluetooth接続で遠隔操作しての撮影

に対応しており、場面によって最適な方法で撮影が可能になっています。

特殊な撮影で迫力のある映像も作成可能!

最大7Kの撮影や120fpsスローモーション撮影などに対応しており高品質なのもメリットです。「バレットタイム撮影」という映画で使われる特殊な撮影方法にも対応しており、迫力のある映像を制作できるようになっています。

撮影した動画はVRでも楽しめる!

VRゴーグル「ハコスコ」に対応しており、専用アプリから撮影したばかりの360度動画などをVRで楽しめるようになっているのもポイントです。

 

おすすめの360度カメラ⑤ 360fly FL364KZ111

画像引用元:https://www.amazon.co.jp/360fly-VR%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9-360%C2%B0%E5%8B%95%E7%94%BB%E3%83%BB%E9%9D%99%E6%AD%A2%E7%94%BB-64GB%E5%86%85%E8%94%B5%E3%83%A1%E3%83%A2%E3%83%AA%E3%83%BC%E6%90%AD%E8%BC%89-FL364KZ111/dp/B01N2P22DM

「360fly」の「FL364KZ111」は、ドーム型の変わった形状をしている360度カメラです。

水中の撮影もお手の物!水深10mまで対応可能

水深10mまでに対応しており、1.5mの衝撃性能まで備えている堅牢性の高いモデルになっています。

360度の映像を直接撮影できるので継ぎ目ができず自然な360度映像を残せるのもメリットです。2時間以上分の360度対応4K動画を連続撮影可能になっています。

専用アプリ連携で編集やSNS共有もラクラク!

スマホやタブレットと専用アプリで連携させれば、手元の端末で撮影する映像を見ながら調整が可能です。また撮影した映像をアプリから編集したり、SNSで共有したりという操作も可能になっています。さらにパソコン用のソフトウェアも用意されているので細かい編集もできるのがメリットです。

 

今回は360度カメラ5つをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

ぜひ自分に合った360度カメラを購入して、日々の思い出を撮影してみてくださいね!

関連記事

賢く睡眠しよう!AIも活用したスマート家電による睡眠管理方法をご紹介

AIも活用した睡眠管理方法①スマートウォッチで健康状態を計測 時計型の「スマートウォッチ」は、最も入手しやすい睡眠サポート機器の1つです。シンプルな睡眠管理だけでよければ1万円もせずによいモデルが入手 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

トイレもIoT化する時代に!スマートトイレで効率よく健康管理しよう

排泄物からリアルタイムに健康状態を検出!スマートトイレの特徴 スマートトイレには次のような特徴があります。尚特徴についてはスマートトイレを研究・開発している「スタンフォード大学」の情報を基にしています ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

共働き家庭でも役立つ!スマート家電の育児活用方法をご紹介

スマート家電の育児活用方法①スマートロックで子供をあやしながら鍵を開ける 「スマートロック」は錠前型のスマート家電です。両面テープなどで固定してサムターンを回すタイプやドアの錠前を丸ごと変えるタイプが ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.