iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2021.01.07
2021.01.08

価格と比較して対費用効果の高いスマートスピーカー!Google Nest Audioとは

2020年は「Apple」が「HomePod min」、「Amazon」が「Echo 第4世代」を出すなど各有名メーカーがスマートスピーカーの新型を発売しました。そして「Google」も2016年に発売してから刷新のなかった「無印Google Home」の進化型、「Google Nest Audio」を発売しました。
Google Nest Audioは「Audio」と名前の付いている通り音質にこだわったモデルとなっており、値段もそれなりに落ち着いていて購入しやすいのが特徴です。
今回はGoogle Nest Audioが気になっている方向けにその機能の特徴、そして価格についても分かりやすく解説していきます。

記事ライター:iedge編集部

価格も手ごろで機能も多彩!Google Nest Audioとは

Google Nest Audioは、2020年10月15日から発売を開始した「nest」シリーズの最新モデルです。今までnestシリーズとして

・小型で廉価なGoogle Nest Mini
・ディスプレイ付きでタッチ操作のできるGoogle Nest Hub
・大型のディスプレイを搭載したGoogle Nest Hub Max

などが販売されていましたが、無印Echoの位置付けのようなシリーズの中心となるモデルが用意されていませんでした。

しかしGoogle Nest Audioが発売されたことで、Nestシリーズに中心となるモデルが追加されて選択肢の幅がさらに広がっています。

Google Nest Audioには、次のような特徴があります。

前モデル比較で低音50%、高音70%の増強が図られている

Google Nest Audioには、「ウーファー(低音域用のスピーカー)」と「ツイーター(高音域用のスピーカー)」が別々に用意されており、高音質を実現しています。前モデルの無印Google Homeと比較すると、低音で50%、高音で70%の音質増強が図られています。

「前モデルを購入したままgoogleのスマートスピーカーを新規購入していない」という方も、Google Nest Audioに買い替えてみるとよいでしょう。

再生内容や環境などによって最適な音質調整を行う

Google Nest Audioには「Media EQ」という機能が搭載されています。Media EQでは音楽やオーディオブックなど再生する内容によって、自動でイコライザーを調整してくれます。

さらに「Ambient IQ」という機能も便利です。Ambient IQは室内の環境音を基に音量を自動調整して、再生しているものを耳に届きやすくしてくれる機能になっています。

スマートホームを声で管理できるようになる

Google Nest Audioはnestシリーズなので、当然スマート家電を声だけで操作できるようにして快適なスマートホームを実現できます。Google Homeアプリに沿って設定を行うだけなので初心者でもスムーズにスマートホームを構築できるでしょう。

さらにGoogle Nest Audioと他nestシリーズ機器を組み合わせて、

・全機器から同じ曲を再生する
・2台のGoogle Nest Audioを連携させてステレオ再生を行う

といった操作もできるので便利です。

 

Google Nest Audioの価格は1万1,550円!競合と同じくらい

Google Nest Audioの価格は「1万1,550円」です。競合と比較すると(価格はGoogle Nest Audio含めすべて税込)

・HomePod mini:1万1,880円

・無印 Echo 第4世代:1万1,980円

となっており、同じくらいの価格になります。

ですからGoogle Nest Audioを購入する際は、「HomePod miniを購入するか、無印Echoの第4世代を購入するか迷う」となる場合があるはずです。

・Google Nest Audio:googleのサービスを多数使っており音質にもこだわりたい

・HomePod mini:Appleのサービスを多数使っておりSiriで家電操作をしてみたい

・無印Echo第4世代:Amazonのサービスを多数使っておりアレクサと連携できると便利

と、自分がどのメーカーのサービスを使っているかなどの観点でモデルを選んでみるとよいでしょう。

 

早期購入キャンペーンも!Google Nest Audioを後で購入すればもっと安い価格で購入できるかも?

Google Nest Audioの発売当初、10%分のgoogleストアクレジットが獲得できる早期購入キャンペーンが開催されていました。

現在早期購入キャンペーンは終了していますが、今後「サイバーマンデー」といったセールの際にGoogle Nest Audioが割り引かれる可能性はあります。

またGoogle Nest Audioの販売ショップによっては、客引きのために自店舗で本体の価格を割り引いて販売してくれる可能性もあるのでチェックです。たとえばGoogle Nest Miniの場合、現在Googleの小売希望価格の半分以下で購入できるショップがたくさんあります。

Google Nest Audioは音質と価格のバランスにこだわった優秀なスマートスピーカーです。気になる方はセールの利用などで賢くお得な価格で購入できる店舗がないかチェックしてみてください!

関連記事

NEW

成功者続出!Apple Watchにはダイエットを成功へ導く秘訣が詰まっていた

ダイエットの味方「アクティビティ」アプリがすごい Apple Watchに元々入っている「アクティビティ」アプリが、ダイエットの強い味方になります。 「アクティビティ」が記録しているもの 画像引用元: ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.01.23
NEW

もう寂しいなんて思わない!「LOVOT」が一人暮らしにおすすめな4つの理由

LOVOT(らぼっと)とは 画像引用元:https://lovot.life/lovestory/ 役に立たないけど、あたたかい ”愛されるために生まれてきた”ペット型ロボット、それがLOVOT(らぼ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.01.22
NEW

外国のメーカーだけど大丈夫?OPPO(オッポ)スマホにおサイフケータイは搭載されているのか

対象機種は一部!OPPOのスマホでおサイフケータイは使えるの おサイフケータイとは日本独自の決済サービスであり、スマホに内蔵されている「Felica」というICチップを使って下記のような操作ができます ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.01.21

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.