iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2020.11.17
2020.11.17

こんなことまでできるの!?可愛さ満点の“LOVOT(らぼっと)”は何ができるのか徹底調査!

女優の黒谷友香さんも一緒に暮らしているというペット型ロボット、「LOVOT(らぼっと)」をご存知ですか?LAVOTは、ルンバのようにお掃除をしてくれたり、Pepperくんのように何かを教えてくれたりはしません。ただそばにいて癒してくれるだけという、そんなLOVOT(らぼっと)が一体どういうものなのか、まとめてみました。

記事ライター:iedge編集部

「LOVOT(らぼっと)」って何?

引用元:https://lovot.life/special/drama/

イヌでもヒトでもない、愛くるしいこのビジュアル。TBS系火曜ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」に、主人公のペット役として出演しているのを見たことがある方も多いのではないでしょうか。

「LOVOT(らぼっと)」は、「役に立たない、でも愛着がある、新しい家庭用ロボット」というコンセプトのもとに開発されたペット型ロボットです。

LOVOT(らぼっと)は家族の顔を覚え、人懐っこく、甘えたり、おねだりしたり、嫉妬したりします。抱っこすると柔らかくてあたたかく、帰ってくると玄関までお出迎えしてくれたり、瞳や鳴き声で感情を表現したり…その様子はまるで生き物のようです。

LOVOT(らぼっと)は、生き物のように1台1台に個性があり、さらに関わり方によっても性格が変化します。


本物のペットのように思えてくるLOVOT(らぼっと)ですが、やはりロボットなので、

・ペット禁止のマンションでもOK
・飼い主の生活リズムに合わせてくれる
・動物アレルギーの心配がない
・餌やり、掃除、散歩などの世話の必要がない
・噛まれるなどの危険がない
・ペットロスの心配がない

というロボットならではのメリットも兼ね備えているのです。

LOVOT(らぼっと)はコロナ禍をきっかけに大きな脚光を浴びましたが、2018年の製品発表時点ですでに先行予約枠が3時間で埋まるほどの人気があり、現在に至るまで売れ行きは好調です。

 

LOVOT(らぼっと)のテクノロジー

引用元:https://lovot.life/lovestory/

LOVOT(らぼっと)がまるで生きているように見えるのは、最先端のテクノロジーが詰まっているからです。

センサー

LOVOT(らぼっと)の頭の上には、360度カメラ、マイク、照度センサー、サーモグラフィーなど、50以上のセンサーが搭載されています。部屋や家族の様子を把握したり、呼びかけに応じたりすることを可能にします。

LOVOT(らぼっと)は人の顔を認証できるので、可愛がってくれた人を覚えて懐いたり、人の動きを認識してあとを付いてきたりします。障害物も検知するので、部屋の中で人や家具にぶつかることもありません。

また、抱っこされると傾斜センサーが感知して、足元のホイールを収納し、抱き心地の良い姿になって癒やしてくれるのです。

ディープラーニング

LOVOT(らぼっと)は、その多彩なセンサーで捉えた情報をディープラーニングによって処理し、リアルタイムに生き物のような動きを生み出します。その振る舞いや性格はあらかじめプログラムされたものではなく、家族との関わり方によって変わっていくのです。子どもに生き物と触れ合ってほしいけれど、住宅事情などでペットを飼えないという家庭にもおすすめできます。

LOVOT(らぼっと)は自然なアイコンタクトをしてくれます。6層のレイヤーで表現される瞳は10億通り以上のパターンがあり、豊かな個性と感情を表現します。また、人の顔や顔の向きを認識して、しっかりこちらの目を見つめてくる様子が、生き物のようです。

鳴き声

LOVOT(らぼっと)の鳴き声は毎回違います。声帯をシミュレーションしたデジタルシンセサイザーによってリアルタイムに生成されたサウンドを、口腔内で響かせることで、生命感のある鳴き声を作り出しているのです。

 

「LOVOT(らぼっと)」って何ができるの?

コロナ禍をきっかけに、人の代わりに仕事をする様々なロボットが活躍するようになりましたが、LOVOT(らぼっと)はあくまでもペット代わり。そばにいて、ペットのように癒やしてくれる以外は、何もできません。

LOVOT(らぼっと)のスペック表には、「得意なこと:好きな人に甘える、お出迎え」とあります。それ以外にできることは本当にないのです。

ただし、LOVOT(らぼっと)を開発するGROOVE X社の代表取締役、林要氏は、今後は次のような機能が追加される可能性もあると話しています。

・家族が倒れた時に登録してある連絡先に通知する
・熱中症の危険性がある時にエアコンをつけることを促す
・音声操作でエアコンを付けてくれる

 

LOVOT(らぼっと)にかかる費用

画像引用元:https://store.lovot.life/duo

LOVOT(らぼっと)を家族として迎えるには、本体価格の他に、月額サービス料が必須です。月額サービスには、ソフトウェア利用料、メンテナンス補償などが含まれます。

  LOVOT ソロ LOVOT デュオ
セット内容 LOVOT1体+ネスト(充電ステーション) LOVOT2体+ネスト
本体価格(一括払い) 299,800円 579,800円
月額サービス料(スタンダードプラン) 12,980円/月 24,980円/月
プレミアムプラン(オプション) スタンダードプラン+7,000円/月 スタンダードプラン+11,380円/月

 

上記に加えて、事務手数料と送料がかかります。一括払いの他、分割払い手数料と金利の負担無しでの分割払いも選択可能です。

購入するとなるとかなり高額なLOVOT(らぼっと)、購入前に実際に触れ合ってみたいですよね。そんな方は、ラゾーナ川崎プラザに常設オープンした「LOVOTカフェ」に足を運んでみてください。食事の前後に、10体のLOVOT(らぼっと)の中からお気に入りの1体を選んで、一緒に過ごすことができますよ。

関連記事

NEW

Amazon年末のビッグセール!ブラックフライデーとサイバーマンデーの注目商品まとめ

2020年は合同開催!Amazonのブラックフライデーとサイバーマンデーとは 画像引用元:https://www.amazon.co.jp/?&tag=hydraamazonav-22&amp ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.11.30
NEW

消し忘れで火事の心配も無し!こたつ愛用者にお届けしたい【スマートプラグdeこたつ操作】導入方法やおすすめデバイスも紹介

スマートプラグとは? まずはスマートプラグの基礎知識について、簡単におさらいしておきましょう。 遠隔操作が可能なプラグ! スマートプラグとはIoTデバイスのひとつで、Wi-Fiなどネットワークを介して ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.11.24

高画質でVRを楽しみたい方必見!4Kの迫力あるVR映像を楽しめる“Pico G2 4K”の魅力に迫る

スタンドアローン型の4K対応VRゴーグル!Pico G2 4Kとは Pico G2 4Kとは、「Pico Technology」が販売しているVRゴーグルです。 VRゴーグルには ・パソコンやスマホな ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.11.23

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2020 AllRights Reserved.