iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2020.11.03
2020.11.05

日本での発売が待ち遠しい!新型Chromecastが気になる方へスペックや特徴まとめ

現在では、テレビに動画配信サービスの映像を流して楽しむ方法も広がっています。テレビで動画配信サービスを楽しむにはインターネットに接続できるソフトウェアを搭載した専用のテレビを購入するか、外部から機器を接続してインターネットに接続できるようにする必要があります。
テレビで動画配信サービスを楽しめる外部機器として代表的なのが、「Chromecast」です。2020年10月1日(日本時間)にはChromecast新型の「Chromecast with Google TV」が発表され、大きな注目を集めています。
今回は新型Chromecastのスペックや特徴などを解説していきます。

記事ライター:iedge編集部

新型Chromecast の名称は「Chromecast with Google TV」に

2020年10月1日に、Googleの製品発表イベント「Launch Night In」が開催されました。その中では「Google Nest Audio」といった製品といっしょに、新型のChromecastである「Chromecast with Google TV」が発表されています。

新型のChromecastは海外でまず展開されます。具体的な値段や発売日などはまだ判明していませんが、将来的には日本国内でも発売される予定です。楽しみに待っておきましょう。

 

どこが変わったの?新型Chromecast のスペックをご紹介

新型Chromecastのスペックは、次のとおりです(日本語版のGoogleウェブストアでは、未発売なのでスペックを確認できません)。

・サイズ:本体6.4 x 2.4 x 0.5インチ、リモコン4.8 x 1.5 x 0.7インチ(1インチは2.54cm)
・重量:55g
・カラー:スノー、スカイ、サンライズ
・無線接続方式:Wi-Fi、Bluetooth
・接続端子:HDMI、USB-C
・解像度:4K/60 fpsに対応
・HDR:HDR10, HDR10+, Dolby Visionに対応
・オーディオ:Dolby Digital、 Dolby Digital Plus、Dolby Atmosに対応

前モデルと比較すると小型化して、取り回しがしやすくなっています。またカラーは前モデルが2種類だったのが3種類に増加し、選択肢が増えました。

大きなポイントの一つが、単独でインターネットに接続してテレビが見られるようになった点です。リモコンも追加され、「Amazon Fire Stick TV」といった競合と同じようなセット内容になりました。

解像度については4K/60 fpsに対応しており、高解像度の映像が楽しめます。HDR(色彩を綺麗に移す技術)に関しては、新規格の「HDR10+」にも対応しています。

オーディオについては「Dolby」の各規格に対応しており、迫力のあるサウンドが楽しめるのもポイントです。

 

音声アシスタントも使える!新型Chromecastの特徴

ここからは新型Chromecastの特徴をご紹介していきます。

テレビ向けのサービス「Google TV」を搭載

前モデルではテレビで映像を流す際、必ずスマホといった他機器からアプリを介して操作を行う必要がありました。しかし新型Chromecastは「Google TV」を搭載しており、他機器と接続しなくても単体で動画配信サービスを見られるようになっています。

Google TVは

・Youtube
・Netflix
・Amazon Prime Video
・Hulu

といった代表的な動画配信サービスに対応しています。

専用のリモコンで直感的な操作が可能

新型Chromecastには、専用のリモコンが付属します。リモコンには

・Youtubeボタン
・Netflixボタン

の2つが備わっており、ボタンを押すだけですぐサービスを表示できるようになっているのがポイントです。

リモコンにはホーム画面ボタンや消音ボタンも搭載されており、直感的な操作が可能です。またテレビの電源ON、OFFといった操作もできるのでリモコンを複数使いまわす必要がありません。

大処理の動画ストリーミングに対応

新型のChromecastは4K(4,320×2,160ピクセルの映像規格)にも対応しており、処理が大きくなる動画ストリーミングにも対応可能です。また「Dolby Vision」というDolbyの映像規格に対応しており、臨場感のある色彩を楽しめるようになっています。

 

Googleアシスタントにより、スマートホームと連携が可能

新型Chromecastには、「Googleアシスタント」が搭載されています。Googleアシスタントは、専用リモコンに配置されているボタンから起動させることが可能です。

・音声で映像作品を検索する
・照明やエアコンといったスマートホーム対応機器へ音声命令が可能

といった操作ができるので、さまざまな場面で活躍してくれるはずです。

新型のChromecastはまだ日本では未発売ですが、将来的には展開される予定です。海外の情報もチェックしながら、期待を高めておきましょう。

関連記事

賢く睡眠しよう!AIも活用したスマート家電による睡眠管理方法をご紹介

AIも活用した睡眠管理方法①スマートウォッチで健康状態を計測 時計型の「スマートウォッチ」は、最も入手しやすい睡眠サポート機器の1つです。シンプルな睡眠管理だけでよければ1万円もせずによいモデルが入手 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

トイレもIoT化する時代に!スマートトイレで効率よく健康管理しよう

排泄物からリアルタイムに健康状態を検出!スマートトイレの特徴 スマートトイレには次のような特徴があります。尚特徴についてはスマートトイレを研究・開発している「スタンフォード大学」の情報を基にしています ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

共働き家庭でも役立つ!スマート家電の育児活用方法をご紹介

スマート家電の育児活用方法①スマートロックで子供をあやしながら鍵を開ける 「スマートロック」は錠前型のスマート家電です。両面テープなどで固定してサムターンを回すタイプやドアの錠前を丸ごと変えるタイプが ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.