iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2020.11.01
2020.11.05

【2020年9月発表】Apple新製品とその魅力をたっぷりお伝え!10月発表のiPhone12についても紹介

2020年9月15日(日本時間16日)、Appleのスペシャルイベントがオンラインで開催されました。発表された新製品の魅力を取りまとめましたので、ぜひ参考にしてください。期待されつつも発表されなかったiPhone12も、ついに10月14日に発表されました。iPhone12についての情報もお届けします。

記事ライター:iedge編集部

【Apple Watch Series 6】【Apple Watch SE】

まずは廉価版となるSEも発表されたApple Watchから紹介していきます。

Apple Watch Series 6はフィットネス機能が強化!

画像引用元:https://www.apple.com/shop/buy-watch/apple-watch

新たに搭載された主な機能は、血中酸素濃度を計測できるセンサーとアプリです。体内の酸素レベルをチェックできるほか、正常時よりも高い(低い)心拍数を検知するとアラーム通知する機能も追加されています。常時表示できるディスプレイ、睡眠習慣を把握する機能なども加わりました。

また太陽のもとでも見やすいよう、Apple Watch Series 5と比べ2.5倍明るいという「Always-On Retinaディスプレイ」も搭載されています。ケースは40mmと44mm、新色に(PRODUCT)REDとブルーアルミニウムが加わり、カラフルなラインナップとなっています。

Apple Watch SEは「Apple Watch Series 3」よりもおすすめ!

画像引用元:https://www.apple.com/jp/shop/buy-watch/apple-watch-se

今回、Apple Watchに初めてSEが設定されました。よく比較されるところでApple Watch Series 3がありますが、S5チップを採用している点、Series 6で使われている加速度センサーやジャイロスコープを搭載するなど、基本性能の充実さや処理速度の速さなどはSEに軍配が上がります。

価格も「GPS + Cellularモデル」で34,800円から「GPSモデル」で29,800円から(いずれも税抜)と、コスパの点では文句なしのデバイスです。

 

【iPad第8世代】【iPad Air4】

続いてiPadを紹介します。

iPad第8世代はパフォーマンスが大きく向上!

画像引用元:https://www.amazon.co.jp/Apple-iPad-10-2%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%81-Wi-Fi-128GB/dp/B08J6LLHQZ

Touch ID対応のデザインを踏襲し10.2型のRetinaディスプレイを搭載したモデルです。外見は目新しいものではありませんがApple Pencil第1世代に対応しているほか「A12 Bionic」を搭載するなど、パフォーマンスが大きく向上しています。

ストレージは32GBと128GB、カラーはシルバー・ゴールド・スペースグレイで価格は34,800円(税抜)とお手頃なのも嬉しいポイントです。

iPad Air4は全面ディスプレイに進化した!

画像引用元:https://www.apple.com/jp/shop/buy-ipad/ipad-air

今回、ホームボタンをなくして全面ディスプレイにしたことにより、前作と比べて筐体のサイズはほぼ同じでありながら、10.9型とディスプレイが大型化しています。ホームボタンに代わるトップボタンとTouch IDセンサーが右上に配置されています。A14 Bionic チップや4コアのGPUなど処理速度が大きく進化しています。

こちらは10月発売でストレージは64GBと256GB、カラーはシルバー・ローズゴールド・スペースグレイ・グリーン・スカイブルーがラインナップされています。価格は62,800円(税抜)。

 

【iOS14】【iPadOS14】【WatchOS 7】

大きな変化を遂げたといえば新OSです。ひとつずつポイントを見ていきましょう。

iOS14は「ピクチャ・イン・ピクチャ」で快適に!

動画再生中やFaceTime通話中などでもほかのアプリを操作できるピクチャ・イン・ピクチャ機能が加わり、使い勝手がよくなりました。ウィジェット機能やAppライブラリが追加されたほか、AirPodsとの連携も強化され、新たに空間オーディオ機能やダイナミックヘッドトラッキング機能などが加わっています。

iPadOS 14にもウィジェット機能が追加!

iPad Air2以降のiPadで利用できるOSです。iOS14と同じようにウィジェット機能が追加されたほか、AirPodsとの連携が強化されています。また着信画面も、画面の上部などにコンパクトに表示できるようになったほか、アプリのデザインも一新されています。

WatchOS 7では新機能が続々搭載!

イヤホンやヘッドホンの音量が、WHOが定める「一週間における安全なリスニング許容量」2.到達すると自動で音量を下げるといった聴覚保護機能が搭載されました。そのほか、文字盤をカスタマイズして家族や友人と共有したり睡眠を記録したり、サイクリングマップが追加されたりなど、新機能が続々と加わっています。

 

【Apple One】

画像引用元:https://www.apple.com/jp/newsroom/2020/09/apple-one-makes-enjoying-apple-subscription-services-easier-than-ever/

これを待っていた方も多いのではないでしょうか?ようやく、便利なサブスクの登場です。

Apple Oneは各サービスをまとめて使えるプラン!

これまで個別に契約していた「iCloud」「Apple Music」「Apple Arcade」「Apple TV+」の4つのサブスクをまとめて利用できる便利なサービスがこの秋、登場します。個人とファミリーの2プランが用意されており、個人はiCloud50GBがついて1,100円、ファミリーは200GBで1,850円です。しかもサービスごとの無料トライアルが1回付いてくる点にも注目です(すでに利用中の方は非適用)。

 

発表されなかったApple新製品は?10月14日発表のiPhone12の情報もお届け

ところで、今回期待されながらも発表のなかったApple新製品があります。「Airpods Studio」と「iPhone12」です。それぞれ、どうなるのか2020年10月4日時点での最新情報をお伝えします。

Airpods Studioはまもなく登場か!?

Apple製ヘッドホンとして注目を浴びているAirpods Studioは、まもなく発表になるのではないかとウワサされています。装着したときに左右の耳を自動検知し、音声チャンネルを切り替えてくれるという、「L」や「R」といった概念のないヘッドホンになるのではないかといわれています。

待望のiPhone12は10月14日に発表!


画像引用元:https://www.apple.com/jp/shop/buy-iphone/iphone-12-pro

さまざまな情報を統合すると、iPhone12の10月登場はほぼ間違いないとされていましたが、予想の通り、10月14日にAppleから発表がありました。「iPhone 12 Mini」「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」および「iPhone 12 ProMax」がラインナップされ、ProモデルにはLiDARセンサーも搭載されているため、暗い場所での超高速フォーカスや3Dルームスキャンなども実行できるようになっています。

iPhone12および12Proは2020年10月16日に予約受注が開始されており、出荷は10月23です。すでにお手元に届いたという方も多いのではないでしょうか。一方でiPhone 12Miniと12Pro Maxは11月6日に予約できるようになり、出荷は11月13日となっています。

関連記事

賢く睡眠しよう!AIも活用したスマート家電による睡眠管理方法をご紹介

AIも活用した睡眠管理方法①スマートウォッチで健康状態を計測 時計型の「スマートウォッチ」は、最も入手しやすい睡眠サポート機器の1つです。シンプルな睡眠管理だけでよければ1万円もせずによいモデルが入手 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

トイレもIoT化する時代に!スマートトイレで効率よく健康管理しよう

排泄物からリアルタイムに健康状態を検出!スマートトイレの特徴 スマートトイレには次のような特徴があります。尚特徴についてはスマートトイレを研究・開発している「スタンフォード大学」の情報を基にしています ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

共働き家庭でも役立つ!スマート家電の育児活用方法をご紹介

スマート家電の育児活用方法①スマートロックで子供をあやしながら鍵を開ける 「スマートロック」は錠前型のスマート家電です。両面テープなどで固定してサムターンを回すタイプやドアの錠前を丸ごと変えるタイプが ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.