iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2020.10.24
2020.10.24

【うわさまとめ】iphone12Rは、本当に発売されるのか?

「iphone」は世界中で利用されており、それだけに新作に注目の集まる製品になっています。一時期は高価格帯のモデルばかりを取り揃えてしまい販売台数が伸び悩みましたが、低価格帯の2代目「iphone SE」の登場によりiphoneの販売台数は結果的に伸びました。
そして廉価版iphoneの流れをくむ製品として、2021年3月に「iphone12R」という機種が登場するとうわさされています。iphone12Rとは一体どんなスマホなのでしょうか。
今回はiphoneの新作に関するうわさが気になる方向けに、iphone12Rに関するうわさをまとめてご紹介していきます。

記事ライター:iedge編集部

2021年3月23日に、iphone12Rを含む新製品発表イベントが開催される?

TwitterにてApple製品のコンセプトデザイン公表などを行っている「Apple Lab」氏は、2021年3月23日に新製品発表イベントが開催されると情報を流しています。毎年3月にはAppleの春イベントが開催されていることから、3月23日に新製品発表イベントがある可能性は十分にあります。

そしてその中で、iphone新作のiphone12Rが発表されるともApple Lab氏が言及しているのもポイントです。

ただしコロナウイルスの影響で、Appleのイベントは変則的になっています。2020年の春イベントはコロナの影響で開催されませんでしたし、「WWDC 2020」は完全なオンラインイベントとなりました。従来通り同じ日程で新製品の発表イベントが開催されるとは限りません。最新ニュースをチェックしておいたほうが安心です。

 

iphone12の廉価版?iphone12Rのスペック予想

iphone12Rは、正式な名称ではありません。あくまで仮称であり「iphone 12e」といった名前も出ています。Apple Lab氏の情報では、「iphone12」のバリエーションの一つとして価格を抑えた状態で発売されるとされているのがポイントです。

Apple Lab氏はiphone12Rのスペックを、

・メモリ(RAM):4GB
・計算処理チップ:A14 Bionic
・カメラ:1,200万画素のデュアルカメラ
・ディスプレイ:液晶ディスプレイ、サイズは5.4インチと6.1モデルの2種類
・認証方式:FaceID搭載
・回線: 4G (LTE)に対応

だと観測を立てています(Apple Lab氏はスペックの発表時、iphone 12eとして紹介を行っています)。

同じく廉価版として販売されている2代目iphone SEと比較すると、チップは「A14 Bionic」と進化しているのが特徴です。また2代目iphone SEはシングルカメラですが、iphone12Rはデュアルカメラになっています。

その上で回線方式を4Gにとどめておくことで、値段を押さえようという意図が見えます。最新通信技術の「5G」は満足に使える状態とは言いにくく、快適にユーザーが使えるようになるにはまだ時間が掛かるでしょう。つまり4Gとして販売したほうが値段を抑えられる分受ける可能性もあります。

 

iphone12Rは、iphone SE Plusだといううわさも

一説では、iphone12Rは「iphone SE Plus」ではないかといううわさも立っています。

Appleの新製品に関する予想を次々的中させ有名になった「ジョン・プロッサー」氏は、自身のYoutubeチャンネルで「iPhone SE PlusはA13チップを搭載して、2021年3月に発表される」と発表しました。この発言はApple Lab氏が情報を流す前ですが、2021年3月という発表時期がちょうど重なっています。

iphone SE Plusについては、

・ディスプレイサイズは5.5インチか6.1インチでフルスクリーン、水滴型ノッチ搭載
・デュアルカメラである
・電源ボタンにTouch IDが搭載される
・499ドルで販売される

といったうわさが流れています。iphone12Rのスペック予測とは異なる部分も多いですが、デュアルカメラといった点では共通点も見られます。

ただしiphone SE Plusは2021年3月には発表されず発表時期が遅れるとの見方もあり、iphone SE Plusとiphone12Rを同じモデルと仮定した場合iphone12Rの発表が遅れる可能性もあるでしょう。

 

iphone12Rと同時期に、Apple WatchやiPad Pro新型も発表か

Apple Lab氏は、iphone12Rと同タイミングで他製品も発表されると予測しています。発表されているのは、

・12.9インチiPad Pro(ミニLED搭載)
・Apple Watchの廉価版
・第3世代AirPod
・iPad Mini
・iPad Air

といった機器です。

これまでの傾向を考えると、2021年3月のイベントで大量の新商品が発表されることになります。まだ先の予測になるので、本当であったとしてもAppleが変更を加える可能性も十分にあります。

興味がある場合は、ぜひiphone12RといったApple新製品に関する他のリーク情報もチェックしてみてください。

関連記事

賢く睡眠しよう!AIも活用したスマート家電による睡眠管理方法をご紹介

AIも活用した睡眠管理方法①スマートウォッチで健康状態を計測 時計型の「スマートウォッチ」は、最も入手しやすい睡眠サポート機器の1つです。シンプルな睡眠管理だけでよければ1万円もせずによいモデルが入手 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

トイレもIoT化する時代に!スマートトイレで効率よく健康管理しよう

排泄物からリアルタイムに健康状態を検出!スマートトイレの特徴 スマートトイレには次のような特徴があります。尚特徴についてはスマートトイレを研究・開発している「スタンフォード大学」の情報を基にしています ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

共働き家庭でも役立つ!スマート家電の育児活用方法をご紹介

スマート家電の育児活用方法①スマートロックで子供をあやしながら鍵を開ける 「スマートロック」は錠前型のスマート家電です。両面テープなどで固定してサムターンを回すタイプやドアの錠前を丸ごと変えるタイプが ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.03.26

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.