iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2020.10.04
2020.10.04

芸術の秋到来!「スマートテレビ」で国内外の映画・動画配信を見倒せ!

IoT家電の一つ「スマートテレビ」があれば、高画質の大画面でNetflixを再生しながら、同じ画面でビデオ通話をして、さらにTwitterに感想をつぶやく…なんてことが一台でできてしまいます。スマートフォンやタブレットの小さい画面とはおさらばして、快適なステイホーム生活を送りませんか。

記事ライター:iedge編集部

スマートテレビって?

スマートテレビとは、インターネットに接続されていて、好きな時に好きなコンテンツを視聴したり、SNSを利用したりすることができるテレビです。

基本的には、テレビ本体にスマートテレビとしての機能を内蔵しているものをスマートテレビと呼びます。加えて、小さなスティック型のデバイスを差し込むことで、既存のテレビにスマートテレビの機能を追加する「スマートスティック」と呼ばれるものもあります。

それでは、具体的にスマートテレビで何ができるのか見てみましょう。

オンデマンド配信などを楽しむ

従来のテレビは、テレビ局が放送している番組の中から、チャンネルを切り替えることで番組を選択して視聴します。見たい番組があれば、放送時間に合わせてテレビを見る必要があります。一方スマートテレビなら、従来のテレビ放送に加えて、インターネットを通して次のような幅広いコンテンツを楽しめるのです。

・テレビ局によるオンデマンド配信(NHKオンデマンドなど)
・オンデマンド動画配信サービス(Netflix、Huluなど)
・動画投稿サイト(YouTubeなど)
・スマートフォンやクラウドストレージなど外部に保存された動画

受動的に視聴するだけでなく、ユーザーが好きな時に好きなコンテンツを探すことができるのが、スマートテレビの最大の特徴です。

アプリを追加して機能を拡張する

スマートフォンにアプリを追加するように、スマートテレビにも色々なアプリを追加することで機能を拡張することができます。

用意されているアプリはスマートテレビによりますが、天気予報、ゲーム、音楽配信サービスのアプリ、最初から入っているものに加えて他の動画配信サービスのアプリなどを追加することができます。

SNS

(画像引用元:https://www.sony.jp/bravia/products/KD-X9500B/feature_6.html)

FacebookやTwitterなどSNSのアプリをダウンロードすることで、スマートテレビ上でSNSをチェックすることができるようになります。動画とSNSを同時に一画面に表示することができる機種なら、ライブ動画を見ながら他の視聴者のツイートをチェックすることも可能です。

カメラを搭載している機種なら、Skypeなどのアプリを使ってビデオ通話をすることもできます。もちろん、後からウェブカメラを取り付けてもOKです。大きな画面で家族や友人の顔を見ることができるのはとてもいいですよね。

同じ番組や動画を見ながらビデオ通話をするのもおすすめです。スマートフォンやパソコンでも同じことができますが、やはり大きな画面で見るほうが盛り上がるに違いありません。

スマートフォンとの連携

スマートテレビとスマートフォンを繋ぐことで、スマートフォンをリモコンとして使ったり、番組を検索するとき等の文字入力や音声入力を行ったりできます。スマートフォンで撮った写真や動画を大画面で再生することも可能です。

 

おすすめのスマートテレビ

Panasonic VIERA GZ2000シリーズ


価格:¥244,000〜

Panasonicが展開するスマートテレビ「ビエラ」には多くのシリーズがありますが、中でもGZ2000シリーズは、”音がすごい”スマートテレビです。垂直方向の移動感を再現する「イネーブルドスピーカー」を、世界で初めてテレビ一体型として搭載しています。

セリフやボーカルはセンタースピーカーから前方向にはっきりと届き、上向きに配置されたイネーブルドスピーカーから出た音は天井に反射して、見ている人の上から降ってくるように聞こえます。まるで映画館やライブ会場、スタジアムに実際にいるような、臨場感あふれる立体音響が体験できるのです。

臨場感をもたらすのは音響だけではありません。ビエラに搭載された4K有機ELディスプレイの映像は、業界でも屈指の美しさと高い評価を得ています。

SONY BRAVIA A8Hシリーズ

価格:¥260,000〜

こちらも4K有機ELディスプレイを搭載したシリーズで、鮮やかな色彩が特徴です。スポーツなど動きの速い映像を「なめらか&くっきり」に再現する独自のデバイス発光制御や、映像の中の被写体に応じてコントラストを調整するオブジェクト型映像処理など、映像を美しくするための工夫が詰まっています。

さらに、「アコースティックサーフェスオーディオ」という、画面そのものを震わせてサウンドを出す機能により、映像の中の空気感まで感じられるようなサウンドを提供します。

また、ソニー公式情報ポータルアプリ「My BRAVIA」から、独自のコンテンツを含む様々な情報を得ることができます。

ハイセンス 50E6800

(画像引用元:https://www.amazon.co.jp/dp/B07RQ4D8TH/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_lfzoFb617T1H7)

価格:¥54,700〜

ここまでは高価なモデルを紹介しましたが、こちらは5万円台から購入できるリーズナブルなスマートテレビです。ディスプレイは有機ELではなく液晶なので、上2つに比べて映像のクオリティは劣るものの、ノイズ処理やHDR再現処理、環境適応型自動画質調整などの機能を持ち、美しい4K映像を楽しむことができます。

コントローラーを操作してから画面に反映されるまでの遅延が非常に少ない「低遅延ゲームモード」が搭載されているので、FPSゲームや格闘ゲームなどを楽しみたい人におすすめです。

関連記事

NEW

台風災害にも役立つ!?自由自在に開閉できる安心の国産IoTカーテン「eCurtain」とは

国内で初のスマートカーテン!eCurtainとは eCurtainは日本企業である「株式会社リンクジャパン」が開発した、国内初のスマートカーテンです。「Wi-Fi」に接続して利用するタイプになります。 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.10.20
NEW

血中酸素センサー搭載!新モデルApple Watch Series 6の機能まとめ

メディアの予想的中!Apple Watch Series 6は9月16日のイベントで発表 2020年9月16日のイベントに先駆け、ニュースメディア大手の「米ブルームバーグ」は ・新型Apple Wat ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.10.19
NEW

Garmin(ガーミン)がお届けする活動量計Vivofit4のこの機能が凄い! 

365日24時間ウェアラブルなVivofit4 Vivofit4を365日24時間身に着けることが可能(ウェアラブル)で、約1年間電池を交換する必要がありません。上位モデルが最大でも7日しか連続使用で ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.10.18

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2020 AllRights Reserved.