iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2020.08.26
2020.08.26

世界一売れてるスマートロック「SESAME mini」をDIYでSuicaに対応させる

物理的な鍵や、面倒くさい開け閉めの動作から卒業できるスマートロック。さらにスマホに入れる専用アプリすら卒業したい、という人は、「SESAME mini」を改造して、Suica対応にしてみませんか。

記事ライター:iedge編集部

SESAME miniとは

画像引用元:https://ameblo.jp/candyhouse-inc/entry-12401185406.html

価格:¥9,800(税込)

「SESAME mini」は、「CANDY HOUSE JAPAN」が製造・販売している世界最小・最安値のスマートロックです。アメリカで人気を博したスマートロック「SESAME」が、日本向けに小型に改良されました。

SESAME miniはクラウドファンディングサイト「Makuake」で、1ヶ月半で9,000万円以上の支援を集めました。SESAMEシリーズは「世界で一番売れているスマートロック」とも言われています。

取り付けはドアのサムターンにシールで貼り付けるだけで、工事は必要ありません。世界中のあらゆる鍵に対応していて、もちろん日本で使われているほとんどの鍵にも取付可能です。もし取り付けられない鍵だったとしても、メールで依頼すると3Dプリンターを使ってオーダーメイドのアダプターを作成してくれます。

SESAME miniを解錠・施錠するにはいくつかの方法があります。スマートフォンアプリからの操作、スマートフォンの位置で帰宅を検知して自動で解錠・施錠、さらに、アプリを立ち上げなくともスマートフォンを3回ノックすることによる解錠(iPhoneのみ)もできます。従来の鍵もそのまま使うことが可能です。

Apple Watchにも対応しています。文字盤に表示されたSESAMEのアイコンをタップし、鍵のマークをタップするという2ステップでの解錠です。

また、アプリから鍵の開閉の履歴を確認したり、友人に一時的に鍵をシェアしたりといった機能も備え、スマートスピーカーでの音声操作にも対応しています。SESAME miniはスマートロックとしては非常に安価であるにも関わらず、スマートロックに期待されるほとんどすべての機能を備えた製品なのです。

 

SESAME miniをSuicaで開ける

関連記事

NEW

他より優れている!?Applecardと他クレカとの違いや使うメリット3つ

Applecardと他のクレジットカードとの大きな違いは3つ Applecardと他のクレジットカードには、「セキュリティ」面で大きく3つの違いがあります。 1.表面にカード番号や有効期限、CVC(セ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.02.24
NEW

Chromecastと何が違う!?Chromecast with Google TVでできる3つのこと

Chromecast with Google TVとは? Chromecast with Google TVとは、テレビに接続して使う映像出力機器のことです。日本時間の2020年10月1日発表され、日 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.02.19

購入すべき端末がわかる!iPhone VS Android 使いやすさや性能を徹底比較

シェア率の高いiPhoneは「価格が高い」のがネック シェア率が高いiPhoneですが、価格が高いことをネックとする人も多いです。 たとえば、最新のiPhoneの価格は以下の通りです。 ・iPhone ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.02.17

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.