iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2020.01.15
2020.01.15

【引っ越しプロジェクト vol.3】追い焚きボタンを自動化したい!

記事ライター:Yuta Tsukaoka

寒い日々が続きますね。こんな日々は夜にゆっくりお風呂に入って身体を温め、リラックスしたいもの。

しかし…。今すぐ入りたい!と思っても「追い焚き」に一定の時間がかかってしまいます。これがストレス。なんとか、帰りの道すがらで追い焚きボタンを押せないか…そう考えた私が購入したのが、コレでした。

ボタンを押すことに特化したスマート家電「スイッチボット」です。

装置そのものはごくごく単純で、ほんとうに「ボタンを押すだけ」なのですが、上の写真にあるハブを介することで自宅の外にいるときにスマートフォンからも操作が可能になります。

帰り道、スイッチボットで追い焚きボタンを押すことができれば…。そう!帰宅後即、あったかいお風呂につかれるってわけです。

やってみた…

というわけでさっそく、我が家の追い焚きボタンにスイッチボットを設置しました。

こうして、アームがボタンを押せる位置に本体を設置します。

ちなみに、上の画像ではグルーガンでグルーを盛ってアームに出っ張りを取り付けました。これでフラットなボタンも押すことができます。

では動かしてみましょう。

結果はこの通り……。

想定外の事態もAmazonで解決

これは困った…。帰宅後、即あったかいお風呂につかる夢が破れてしまいます。

敗因は、スイッチボットの貼付け面が「上開きのフタ」だったこと。もうすぐ夢が叶うぞっていう興奮で気づかなかったんですよね…。

さてどうするか。色々と考えた末に、こうなりました。

戸棚用のチャイルドロックです。Amazonで買いました。

これなら必要なときにはロックを外してフタを開けられるし、ロックしておけばフタをきっちり止めてくれて追い焚きボタンを押すことができます。

ちょっと不格好なので代替案を検討しつつ、ひとまずこのまま運用しています。

関連記事

NEW

スマートホームを激変させる「matter」。アクセルラボのCTOが解説&新しいショールームを見せてもらいました。

1.スマートホームって意外とめんどうくさい。 日頃このスマートホームを礼賛する記事ばかり書いている私であるが、正直なところスマートホームは意外と面倒くさい。購入自体はAmazonでもできるが、その設置 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2023.02.03

「eneplat」とは|脱炭素化を見据えた住宅用蓄電システムを解説

新たな住宅用蓄電システムであるeneplatは、太陽光で発電される電力を利用し、エネルギー自給自足を目指せるシステムです。詳しい仕組みや今後の展開について紹介いたします。   住宅用蓄電シス ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2023.01.27

スマホの効果的な放熱方法を解説!熱を持つ理由や間違った放熱方法も紹介

スマホを使用しているとき、スマホ本体が熱くなることがあります。スマホが熱くなると、故障や画面のフリーズ、最悪の場合は発火や火傷などの危険性があります。 ではスマホが熱くなったときは、どのようにして放熱 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2023.01.30

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2023 AllRights Reserved.