iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2019.09.12
2019.12.20

【Apple発表会まとめ】iPhone 11に高級コンデジを突っ込んだような iPhone 11 Pro

記事ライター:Yuta Tsukaoka

さて、昨晩のAppleイベントから明けての今日、さまざまなメディアで新iPhoneのことが取り上げられています。

かくいう私も、このiedgeで「【これだけ読めば分かる!】iPhone 11についての、11のこと」という記事を投稿したばかりですが、合わせて発表されたiPhone 11のフラッグシップモデル「iPhone 11 Pro」についても触れないわけにはいかないでしょう。

ちなみに、発売日はiPhone 11と同じく9月20日、予約開始は9月13日21時からです。
明日までに決めるための手がかり、ご提供します。

iPhone 11の上位モデル

iPhone 11 Proは、位置づけとしては「iPhone 11」の高機能版とみていいでしょう。

iPhone XRに対するiPhone XR Maxのようなサイズ違いではなく、iPhone 11で取り入れられた新機能をさらに強化したモデルです。

AppleがiPhoneの発表で「通常版」と「高機能版」をあわせて発表したのは初めてのことでした。

それだけに、まずはiPhone 11について理解しておくとiPhone 11 Proのことも理解できます。どちらを買おうかと迷っているならその手助けにもなるでしょう。

なので、まずは「【これだけ読めば分かる!】iPhone 11についての、11のこと」をお読みいただくとスムーズです。

まずは価格を比較

価格は一番安いモデル(iPhone 11 Pro / 64GB)で106,800円一番高いモデル(iPhone 11 Pro Max / 512GB)では157,800円となります。

※2019/9/11時点でApple公式サイトに掲載されている価格を元に筆者作成(すべて税別)

一覧にして価格を比較してみると、こう。
いちばん大きく価格の離れている2つを比較すると倍以上の差があります。

この価格差を考えながら、iPhone 11とiPhone 11 Proを比較していきましょう。

写真に並々ならぬこだわりがあるなら「iPhone 11 Pro」は買い!

iPhone 11との価格差を受け入れる一番の理由になりそうなのが、カメラです。

iPhone 11は「広角」と「超広角」の2カメラ構成でしたが、こちらはそこに「望遠」を加えた3カメラ構成。

左から、望遠・広角・超広角の3つの画角による作例もお披露目されました。
これは… もはやコンデジいらいないんじゃね? というレベルです。

しかも、撮れる画のディティールもすごい。まつげどころか、産毛の1本ずつまで見えてます。肌の色、コントラストも完璧。コンデジ超えてるわ、これ…。

ごまかしの効きにくいモノクロでも、このディティール感!

明るい空と直射日光、そして影。
空が白飛びすることもなく、かといって顔はきちんと明るく撮れています。HDRの賜物ですね。

また、動画も妥協ありません。
iPhone 11と同じく4K60fpsでの撮影に対応していて、会場では撮影から編集まですべてiPhone 11 Proで行ったというサンプルムービーも流されました。

ここで会場は拍手喝采!

望遠レンズを持つiPhone 11 Proだからこそ、変化に富んだカットを撮影することができるため、まるで「ホンモノの映画」のような質感があります。

ここまで来ると、iPhone 11 Proは、iPhone 11に高級コンデジを組み合わせたような製品と言っていいでしょう。

いま人気のソニーやキヤノン、リコーの高級コンデジはおおよそ10万円〜15万円くらいの価格感ですので、これらを買おうと思っている方は代わりにiPhone 11 Proを買ってもいいかもしれません。

ただし、日本国内では法律で「シャッター音」を消すことが禁止されていることにご注意を
静かな場所では使いにくいでしょう。

とはいえ、iPhone 11 Proの発表パートは半分以上が「カメラ」についての内容だったことからも、iPhone 11に対するもっとも大きなアドバンテージであることは間違いありません。

 

 次ページ >
バケモノレベルのディスプレイ

関連記事

Alexa(アレクサ)が怖い?アレクサの恐怖体験と怖い機能を紹介

ユーザーの生活が快適になるように、さまざまなサポートしてくれるアレクサですが、アレクサによって怖い思いをしたという体験談もあります。今回は、アレクサの怖い体験談をご紹介します。そして、アレクサがわざと ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.05.26

たまごっちがスマートウォッチ化?たまごっちスマートの特徴を解説

たまごっちスマートとは、スマートウォッチの形をした新しいたまごっちです。 たまごっちスマートは、たまごっちが発売して25周年の節目である2021年11月23日に発売されました。 1996年に発売された ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.04.22

Alexa(アレクサ)の設定方法を徹底解説!設定ができない場合の解決策も併せて解説

アレクサの初期設定の方法 アレクサの初期設定、いわゆるセットアップの方法をご説明します。 1.スマホにアレクサのアプリをインストールします。 2.アレクサはAmazonと連動しているので、アレクサを使 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2022.04.14

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2022 AllRights Reserved.