iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2019.08.05
2019.12.04

Oculus史上最強!新発売のVRヘッドセット「Oculus Rift S」

2019年5月、Oculusから新しいVRヘッドセット「Oculus Rift S」が発売されました。同社史上最高の性能を誇るというこの製品の特徴や遊び方を紹介します。

記事ライター:iedge編集部

Oculus Rift Sとは?

「Oculus Rift S」とは、Oculus社から発売されているPC接続型VRヘッドセットです。2016年に発売された「Oculus Rift」の後継機種として登場しました。

Oculus Rift Sと付属のTouchコントローラーを使えば、VRゲームやコンテンツをより直感的に、正確に、臨場感を持って楽しむことができます。VRゲームはOculusストアから購入、ダウンロードが可能で、すでに数百ものタイトルがリリースされています。

発売日:2019年5月21日
価格:49,800円
セット内容:本体(Oculus Rift Sヘッドセット)、Touchコントローラー2機、ヘッドセットケーブル(5メートル)、単三電池、ビデオ出力アダプター

さっそく、Oculus Rift Sの特徴をチェックしていきましょう。

 

進化した光学系

Oculus Rift Sには、次世代レンズや改良されたディスプレイといった最先端のハードウェアが使用されています。それにより、従来よりも明るく鮮やかな色彩を楽しむことができるだけでなく、「スクリーンドア効果」「ゴッドレイ」が軽減されているといいます。

ゴッドレイとは、黒背景に白いものを表示したときに見えてしまう光の筋で、レンズに光が反射することで発生します。スクリーンドア効果は、ディスプレイに網目模様が見えてしまう問題のことです。ゴッドレイは新しいレンズを使用することで解決し、また、スクリーンドア効果はディスプレイをOLEDからLCDに変更したことによって軽減を実現しました。

 

快適なつけ心地

Oculus Rift Sは人間工学に基づいて設計されています。ダイヤルを回すことでフィット感を調節できるので、装着時の快適さ、安定感は抜群です。すばやく動いてもズレたり落ちたりすることなく、ゲームに没頭することができます。

さらに、メガネをかけたままでも安心して装着できるようになりました。以前のOculus Riftは顔に触れる部分が狭く、メガネをかけたままの使用は難しいという声がありました。

しかし、新しいOculus Rift Sは、顔に触れる部分が広くなり、さらにヘッドセットの前後を調節できるようになったので、メガネをかけていても安心して使用できます。固定方法が改善したことによって、鼻の隙間から光が入ってしまう問題も解消されました。

 

外部センサーが不要に

旧モデルのOculus Riftと比較して、Oculus Rift Sの最大の特徴は「Oculusインサイト」と名付けられたトラッキング方式です。

旧モデルOculus Riftは、付属する2つの外部センサーを室内に設置する必要がありました。さらに、2つのセンサーでは、前方180度のルームスケール(ユーザーがVR体験をしながら動き回ることができる、現実世界でのエリア)でのVR体験しかできず、基本的には椅子に座った状態でのVR体験が想定されていました。360度のルームスケールを可能にするには、3つめのセンサーを別途購入し設置する必要があったのです。

2〜3基のセンサーを室内に設置するとなると、手間がかかるばかりか、部屋内のスペースを物理的に圧迫するのも問題です。

一方、新しいOculus Rift Sは、外部センサーを1基も必要としません。新技術「Oculus インサイト」は、ヘッドセット内部に搭載した5つのカメラセンサーによって、プレイヤーの位置を特定し、体の動きをトラッキングすることができるのです。

最小2平方メートル、360度のルームスケールをサポートするOculus Rift Sなら、プレイヤーはプレイエリアの中を歩き回ることができる上、背中に手を回したり、後ろに飛び退いたりといった動作にも対応します。

 

Oculus Touch コントローラー

Oculus Rift Sには、2つの「Oculus Touchコントローラー」が付属します。Oculus Touchコントロールを手に持つと、VRゲームの世界に自分の手が現れ、手の動きをゲーム内に再現することができるのです。投げる、つかむ、なぎ払うといった動きが思いのままになります。

 次ページ >
Oculus Rift Sの遊び方

関連記事

NEW

もう寂しいなんて思わない!「LOVOT」が一人暮らしにおすすめな4つの理由

LOVOT(らぼっと)とは 画像引用元:https://lovot.life/lovestory/ 役に立たないけど、あたたかい ”愛されるために生まれてきた”ペット型ロボット、それがLOVOT(らぼ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.01.22
NEW

外国のメーカーだけど大丈夫?OPPO(オッポ)スマホにおサイフケータイは搭載されているのか

対象機種は一部!OPPOのスマホでおサイフケータイは使えるの おサイフケータイとは日本独自の決済サービスであり、スマホに内蔵されている「Felica」というICチップを使って下記のような操作ができます ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.01.21
NEW

4Gと5Gってどっちがいい?現状と各技術を徹底比較

【どっちがいいを説明する前に基本を理解】そもそも4Gと5Gってどんな通信技術? 最初に4Gと5Gの基本を解説していきます。 動画もスムーズに再生できる高品質の通信技術!4Gとは 4Gとは「第4世代移動 ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2021.01.16

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.