iedge
  • iedge
スマートホーム(スマートハウス)の記事
2019.06.27
2019.06.28

【速攻レビュー】これで1万円切りは破格!Echo Show 5は世界一スマートな目覚まし時計(前編・開封&セットアップ)

記事ライター:Yuta Tsukaoka

予約購入していたEcho Show 5が、予定通り本日我が家に届いた。

香港からの海外発送となったGoogle Nest Hubとは違い、国内のAFC(=Amazon フルフィルメントセンター)からの直接発送なので速いし、日時も正確だ。発送からおおよそ24時間で到着している。

そこはさすが、物流のAmazonである。とはいえ、Google Nest Hubは量販店でも購入できるので配送についての心配は無用だ。

開封レビュー

ではさっそく、開けてみよう。

(撮影:筆者)

見慣れたAmazon箱を開けると現れるのが、この鮮やかなブルーの箱。

(撮影:筆者)

ちなみに、Google Nest Hubの箱と比べると、このくらいの違い。
画面サイズはecho show 5が5.5インチ、Google Nest Hubが7インチなので、当然箱の大きさも違う。

(撮影:筆者)

(撮影:筆者)

(撮影:筆者)

側面と上面はこんな感じ。
同梱内容に「Amazon Echo Show 5、電源アダプタ」としか書かれていないのが、最近のガジェットっぽい。
昔なら、説明書、保証書、予備の○○…といろいろ入っていたが、使い方もシンプルなら、同梱物もシンプルだ。

(撮影:筆者)

そして、これが背面。
Echo Show 5の装箱でちょっと変わってるなと思ったのは、

(撮影:筆者)

(撮影:筆者)

このように、裏面から開封することだ。
いろいろと楽しそうな使い方が描かれた側から開けることで、その後対面することになるEcho Show 5への期待感も自然と高まる。いい演出かもしれない。

(撮影:筆者)

化粧箱内側の底面はこのように傾斜がかかっていて、開けたときにEcho Show 5の画面が消費者と「対面」するようにできている。これもいい演出!

(撮影:筆者)

肝心の中身は、この3つ。
左から、本体・電源アダプタ・説明書だ。

(撮影:筆者)

本体背面には、電源ポートとMicro USBポート、そして3.5mmのオーディオ出力。
Google Nest Hubには電源ポートしか空いていなかったが、Echo Show 5は有線での拡張性が高いので、このほうが使いやすいという人も多いだろう。

ちなみに、Micro USBポートの使い方は、いまのところ謎
そのうちこれを使ってなにか拡張ができるのか、単にメンテナンスのために用意されているだけなのか。

(撮影:筆者)

本体前面はこの通り。
Google Nest Hubにはなかったカメラが搭載されている。Amazonは、Echo Showシリーズでのビデオ通話を推しているのだ。

しかし、寝室のようなプライベートな空間に置くに当たってカメラの存在はあまり嬉しくない

が、

(撮影:筆者)

このように、物理ボタンでカメラをOFFにすることができる

Echo Spotは本体上面のボタンを押すと、ソフトウェア的にカメラがOFFになる仕組みだったが、このように誰が見てもわかる仕組みでカメラの前に物理的な「シャッター」を下ろすことができるのは、多くの人にとって安心だろう。

開封レビューは以上となる。
化粧箱の演出、そしてカメラに搭載された物理シャッターは、なかなかのものだ。

では次に、セットアップをしてみよう。

セットアップは本体のみで完結

ではさっそく、電源を入れてセットアップを始めよう。

(撮影:筆者)

電源をいれるとまず、Amazonロゴが出てきて、

(撮影:筆者)

次にechoロゴ。

(撮影:筆者)

その後、数分待つと…

(撮影:筆者)

(撮影:筆者)

(撮影:筆者)

(撮影:筆者)

言語の選択、Wi-Fiの選択、Wi-Fiパスワード入力、そしてAmazonへのログインと進む。
ここがGoogle Nest Hubとのもっとも大きな違いのひとつだが、セットアップにスマートフォンは必要ないのだ。

それはEcho Spotもそうだった
スマートフォンさえあれば、ほぼ自動でセットアップが完了するGoogle Nest Hub、スマートフォンなしで本体のみでセットアップが完了するEcho Show 5。

このどちらを便利に感じるかは人それぞれだろうが、テクノロジに強くない人へプレゼントするなら間違いなくEcho Show 5だ。

さて、これでセットアップはほぼ完了となる。

(撮影:筆者)

(撮影:筆者)

あとは、ホームコントロール機能を使うために、Echo Show 5を設置する部屋を選んで、

(撮影:筆者)

アップデートが完了すれば、もう使い始められる。

誰に贈っても喜ばれるプレゼントのひとつ

(撮影:筆者)

私のようなガジェット好きは、ついつい、人へのプレゼントにガジェットを選びがちだ。
しかし、多くの場合、ほとんど使われずに ――そして、捨て方さえもわからないのでクローゼットに放り込んで二度と日の目を見ないことも少なくない。

じつに悲しいことだが、Echo Show 5なら、電源さえ入れられればあとは本体だけでセットアップできるので、贈った相手がWi-Fiの意味も知らない重度の機械音痴でなければ、きっと使ってもらえるだろう。

では、実際に設置してみてのファーストインプレッションは後編で

関連記事

NEW

メリデメからオススメまで!「スマートホームとは?」の疑問はこれで解消!

スマートホームとは?まずは基礎知識を簡単に解説! スマートホームとはそもそもどういった住宅を指すのか、なんとなくイメージは湧くものの、詳しく知らないという方も多いのではないでしょうか。スマートホームに ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.07.05
NEW

ついにSuica対応開始!スマートウォッチ売上上位”Garmin”のおすすめはコレ

普段使いからスポーツまで!Garminのスマートウォッチとは Garminのスマートウォッチは、アメリカで創業されたGPS機器などを製造するメーカーです。航空電子機器など精密さが求められる機器を次々と ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.07.04
NEW

いま知っておくべき「IoTとは?」を分かりやすく解説!誰かに話したくなる豆知識も

初心者にも分かる!「IoTとは何か?」を簡単におさらい まずは「IoTとは何か?」について、知識がない方や曖昧だった方にも分かりやすく、ポイントを絞って解説します。 IoTとは? IoTとは「Inte ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2020.07.04

Qrio Smart Lockなら、鍵をシェアすることができて、スマホで解錠できる!

Qrio Smart Lockなら、まるで鍵を開けるかのようにスマホを操作するだけ Qrio Smart Lockは、スマートロックサービスです。 鍵をドアに設置する際の工事も不要です。鍵につけさえす ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

これからのスマートホームには欠かせないAIについて知っておこう!

そもそもAIって何? AI(Artificial Intelligence=人口知能)は、人間が行う様々な作業や活動をコンピューターなどで模倣し、人間と同じような知能の実現を目的としたソフトウェアおよ ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.11.28

人の感情に共感する次世代のAIロボット「JIBO」とは?

多くの可能性を秘めた新型AIロボット「JIBO」 JIBOは、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のシンシア・ブリジール准教授により開発されました。 その後、2014年にIndiegogoのク ...

続きを見る
スマートホーム(スマートハウス)の記事 2019.12.03

Copyright© iedge , 2020 AllRights Reserved.