iedge
  • iedge
ニュース
2019.04.26
2019.04.27

テスラ:2020年に”ロボットタクシーサービス”を100万台規模で展開

記事ライター:iedge編集部

2018年、テスラのイーロン・マスク氏は、1秒間に36兆回の演算が可能なテスラ社のAIチップを自社開発していると発表していました。テスラがこれまで使用していたNVIDIA製のAIチップの21倍の処理能力を持つとのことです。

そして2019年4月22日に開かれた投資イベントにおいては、「モデルSとモデルXに搭載する新しい完全自動運転用のAIチップを既に1ヶ月前から出荷しており、モデル3にも導入し始めている」と発表しました。

さらにテスラ社は、自律運転による「Robotaxi」ビジネスを計画しています。イーロン・マスク氏は、「信頼性の高いレベルの自律運転ハードウェアを搭載したテスラ車を2020年の半ばまでに100万台以上生産する。」と語りました。

これらのテスラ車は、所有者が利用していない間にロボットタクシーとして利用できます。車の所有者は稼いだ運賃の25~30%をテスラ社に支払えば、残りの金額を稼げます。テスラ社の見積もりによるとその稼ぎは、0.65セント/マイルで、「1年間に渡り運用すればモデル3を1台購入することができる。」とイーロン・マスク氏は言います。ロボットタクシーサービスは、モデル3とモデルSおよびモデルXのどの車でも利用でき、もしロボットタクシーによって事故が起きた場合、所有者ではなくテスラ社がすべての責任を負うことも明言しました。ただし、契約満了後の車はテスラに返却される必要があるそうです。

しかし残念ながら、イーロン・マスク氏によると、規制によりロボットタクシービジネスの実現は遅れる可能性があるとのこと。

イーロン・マスク氏の本構想に、投資家はまだ懐疑的で、テスラの株価は説明イベントの開かれた4月22日に約4%ダウンしています。

(画像引用:https://www.deplacementspros.com/Tesla-1-million-de-robots-taxis-l-an-prochain-promet-Elon-Musk_a53474.html)

関連ニュース

NEW

アリババ(Alibaba)がIoTと人工知能に14億ドルを投資

中国のeコマースプラットフォーム大手のアリババ(Alibaba)は、人工知能とIoT技術に14億ドルを投資すると2020年5月20日水曜日に発表しました。主に音声アシスタントTmall Genieを改 ...

続きを見る
ニュース 2020.05.26
NEW

米国の都市が関心を寄せる「スマート街路灯」のメリット

あるレポートによると、米国の314都市(10万人以上の居住者がいる都市)はLED街路灯に転換しており、接続型またはスマート街路灯への関心が約3倍になっています。Northeast Groupもまた、米 ...

続きを見る
ニュース 2020.05.21

LivingPacketsのスタートアップ、接続された小包「The Box」が大量生産へ

スイスの会社PA Cotteの子会社であるLivingPacketsは、接続された再利用可能な小包を設計しており、2020年5月現在35の特許を持っています。LivingPacketsの開発は新しい段 ...

続きを見る
ニュース 2020.05.19

ポルシェが自動車とスマートホームの連携を狙う

ポルシェは、シュツットガルトに本拠を置くテクノロジー会社home-iXとパートナーシップを結ぶことを発表しました。 home-iXは、元ポルシェ従業員のMehmet ArzimanとHeiko Sch ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

サムスンとADTがスマートホームセキュリティ開発で新たなパートナーシップ締結

サムスンは2日、米国ホームセキュリティ最大手「ADT」とパートナーシップを新たに結んだことを発表。両社は、Samsung SmartThingsプラットフォームとADTの監視サービスを搭載した新しいセ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

ヒルトンホテルが“スマートルーム”導入へ

9月26〜27日に開催された旅行業界の国際カンファレンス、Skift Global Forumにおいて、ヒルトンホテルのクリストファー・ナセッタCEOが、2018年中に「スマートルーム」を導入予定であ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

Copyright© iedge , 2020 AllRights Reserved.