iedge
  • iedge

タグ

ニュース
2017.10.04
2019.03.18

ヒルトンホテルが“スマートルーム”導入へ

記事ライター:iedge編集部

9月26〜27日に開催された旅行業界の国際カンファレンス、Skift Global Forumにおいて、ヒルトンホテルのクリストファー・ナセッタCEOが、2018年中に「スマートルーム」を導入予定であると発表しました。

ヒルトンホテルの「スマートルーム」では、サーモスタットで室温が自動調整され、NetflixやHuluのアカウント情報から自動でおすすめのテレビ番組を視聴でき、好きな銘柄のビールをいつでも冷やしておけるとのことです。

同社はすでに、アプリを利用した宿泊客向けの地域情報発信サービスを提供しています。また、マリオットホテルは2014年から同様のアプリを提供しています。

ホテルのスマート化はすでに各地で進んでいます。スターウッドホテルは2016年にタブレット機能を備えた「スマートミラー」を、ザ・ペニンシュラシカゴではタブレットを全客室に提供しました。スターウッドのサービスには、ヒルトンの計画と同様に、自動テレビチャンネルとサーモスタットといったスマートホームの要素も含まれています。

ホテル客室で利用することのできる多彩なハイテクオプションは、音声機能を中心に展開されています。そのため、マリオットやウィンリゾートなどのホテルでは、Alexaなどデジタルアシスタントをホテルの部屋に設置しています。

これらの動きは急速に成長するAirbnbのような代替宿泊施設への対抗策と見られています。ニューヨーク大学の調査によると、一部のホテルでは、利用客の民泊への移行から生まれる損失を補うために追加料金を徴収しています。2017年には27億ドルの追加料金が発生すると予測されています。

ナセッタ氏は、ヒルトンはレジャー旅行者に比べ、ビジネス旅行者向けサービスに焦点を当てているとしており、株価が記録的高値を見せていることから、ヒルトンの企業価値が高まっていることも指摘しています。

会見でナセッタ氏は、「我々は安価な代替品ではなく、プレミアムな代替品になろうとしている」と付け加えました。

関連ニュース

NEW

GoogleとMurataが世界最小のAIを開発

Murata Electronics AmericasとGoogleは、世界最小の人工知能モジュールを開発したと主張しています。物理的な仕様はもちろん、それよりも注目されるのは、この新しいテクノロジー ...

続きを見る
ニュース 2020.02.18

Nuroが人間の制御なし自動配送車のテスト運転許可を取得

カリフォルニアに拠点を置くロボット会社のNuroは、テキサス州ヒューストンにおいて、人間の制御なしで自動運転車をテストする許可を与えられました。 BBCによって報告されているように、R2と呼ばれるNu ...

続きを見る
ニュース 2020.02.13

IoTの活用で効率化を目指す、オランダの鉄道ネットワーク

オランダの鉄道ネットワークを管理するProRailは、IoTを活用し鉄道の効率を高めることで、乗客数の増加を目指しています。 オランダは小さな国ですが、賑やかで活気のある国です。ING、Unileve ...

続きを見る
ニュース 2020.02.12

クラウドファンディングでスマートペットカメラの資金調達

韓国のペットIoTブランドLovoomは9月27日、ペットカメラ機能やキブル(粒型ペットフード)発射機能を備えた新製品を発表しました。10月17日から、資金をクラウドファンディングサイトKicksta ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

ポルシェが自動車とスマートホームの連携を狙う

ポルシェは、シュツットガルトに本拠を置くテクノロジー会社home-iXとパートナーシップを結ぶことを発表しました。 home-iXは、元ポルシェ従業員のMehmet ArzimanとHeiko Sch ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

サムスンとADTがスマートホームセキュリティ開発で新たなパートナーシップ締結

サムスンは2日、米国ホームセキュリティ最大手「ADT」とパートナーシップを新たに結んだことを発表。両社は、Samsung SmartThingsプラットフォームとADTの監視サービスを搭載した新しいセ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

Copyright© iedge , 2020 AllRights Reserved.