iedge
  • iedge
ニュース
2019.01.08
2019.01.08

世界10台限定販売!3Dプリンタで作られる1,500万円のIoTロードバイク

記事ライター:iedge編集部

「Cerevo」は、スポーツ用品ブランド「XON」と組み、ロードバイクORBITREC(オービトレック)の新機種を3Dプリンター出力で製作し、1,500万円(約14万ドル)で販売すると発表しました。

新しいORBITRECは、世界で10台限定で、完全オーダーメイドであり、採寸・納車時の渡航滞在費も価格内に含まれます。

「XON」は、チタン焼結型3Dプリント技術とカーボンファイバーチューブを組み合わせた構造を開発し、採寸したオーナーの数値に合ったフレームを高精度に製作することに成功しました。このフレームは、本格的なレースでも使える軽量となっています。

そして、ORBITRECのフレームダウンチューブに内蔵したセンサーでは、加速度・角速度・地磁気)と、温度、気圧、照度、GPSなどに加え、走行中の場所や速度など基本的な情報、傾きや衝撃などフレームの状態などの走行中の精密なデータを取得できます。

ORBITREC には、Bluetooth 4.1とANT+を搭載しており、既存のANT+対応センサーのデータを記録しながら、スマホ用アプリ経由で専用サーバと通信することで、データを解析後フィードバックし、より安全で楽しいライディングを実現します。

ORBITRECの駆動時間は15時間で、充電はmicroUSB経由で行なえます。

「Cerevo」は、2019年内の受注開始を予定しており、米国ラスベガスで2019年1月18日から開幕する「CES 2019」に展示します。

(画像引用:https://info-en-blog.cerevo.com/2019/01/07/2284/)

関連ニュース

NEW

AppleのM1シリコンの発表から数週間、コンピューティングニュースの注目は続いており、そして、そのほとんどがIntelのチップとのパフォーマンスを比較しています。もちろん、すべてのM1Macが同じと ...

続きを見る
ニュース 2020.11.25
NEW

Apple Silicon M1で進化!ARM版Macが発表

登場がうわさされていたARM版Macがついに発表です。搭載されるのはARMアーキテクチャを使用したApple Silicon M1。従来のIntel版Macよりも性能が上がり、かつ消費電力が下がったと ...

続きを見る
ニュース 2020.11.20
NEW

iPhone12モデルのディスプレイで、画面のちらつきや緑/灰色になる問題。Appleが調査中

MacRumorsが入手した内部文書によると、Appleは、特定の条件下でちらついたり、緑や灰色になったり、またはその他の意図しない照明の変化が起きたりと、iPhone12ディスプレイで起きている問題 ...

続きを見る
ニュース 2020.11.20

ポルシェが自動車とスマートホームの連携を狙う

ポルシェは、シュツットガルトに本拠を置くテクノロジー会社home-iXとパートナーシップを結ぶことを発表しました。 home-iXは、元ポルシェ従業員のMehmet ArzimanとHeiko Sch ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

サムスンとADTがスマートホームセキュリティ開発で新たなパートナーシップ締結

サムスンは2日、米国ホームセキュリティ最大手「ADT」とパートナーシップを新たに結んだことを発表。両社は、Samsung SmartThingsプラットフォームとADTの監視サービスを搭載した新しいセ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

ヒルトンホテルが“スマートルーム”導入へ

9月26〜27日に開催された旅行業界の国際カンファレンス、Skift Global Forumにおいて、ヒルトンホテルのクリストファー・ナセッタCEOが、2018年中に「スマートルーム」を導入予定であ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

Copyright© iedge , 2020 AllRights Reserved.