iedge
  • iedge
ニュース
2018.10.12
2019.03.15

Amazonは無人ストア「Amazon Go」を2021年までに3,000店舗オープンを計画中

記事ライター:iedge編集部

2018年9月19日付のBloomberg誌によれば、Amazonは2021年までにレジ会計が必要のないコンビニエンスストア「Amazon Go」を3,000店舗オープンする計画を報じました。

これは2016年に「Whole Foods」を買収して以来、同社にとって最も挑戦的な分野です。その他の大手小売店やコンビニエンスストアKroger、CVS、7-Elevenは「Amazon Go」の市場参入によって、大きなプレッシャーになると考えられています。

同店は2016年にセンサーと軽量化したソフトウェアを使用して、従業員などの介入なしでショッピングできる最初の店をシアトルに出店し、それ以降、同社はさらに店舗を増やし、実用化するために研究をしてきました。

2018年8月、3店舗目の「Amazon Go」ストアが、シアトルとシカゴにオープンしました。同社は短期の計画として2019年までにシカゴとサンフランシスコ地域を中心に出店する予定です。

同社は「Amazon Go」について、過去に公表したレポートよりも事業投資を積極的に行っています。

新しいレポートによると、「お惣菜、お菓子、新鮮な食材の店内で並べられているすべての商品に対してシステムを導入し、スマートフォンを利用した無人のストアを提供したい」と同社CEOのペゾス氏は展望を語りました。

なお、同社の構想がさらに改良され、より実現化が可能となれば、業界にとっては、とてつもない脅威であると言われています。

「Amazon Go」の発想は斬新ですが、デザインはコンビニエンスストアのようにとても親しみやすいです。顧客はスマートフォンでAmazonアカウントをスキャンすることにより、サンドイッチ、サラダ、食料品、日用品などを購入することができます。

高性能のセンサーとソフトウェアを利用し、顧客が商品棚からカートへの商品の出し入れを正確にリアルタイムで把握することができ、店を出るだけで自動的に会計が済まされます。

同誌によると、「最初からすべての食品を対象とするのではなく、加工食品などのパッケージ食品に焦点をあてれば、より迅速でスムーズに対応でき、利益が見込まれる」とのことです。

Amazonの計画によれば、2018年末までに10店舗オープンさせ、2019年までに主要都市に50店舗を新たにオープンする見込みです。2020年、もしくは2021年までには、指標となる3,000店舗の目標に達する予定でいます。

この同社の公表は、従来の食料品店、レストラン、大型ショッピングモールなどの市場に参入するという意味で捉えられており、数年後には現実になるだろうと言われています。

同社はすでに食料品の食料品の配達、日用品の配達、食料品のネットワークの業務強化や提携に乗り出しています。従来の食品業界はこの公表を受け、対応に迫られており、早急なイノベーションの必要性が問われています。

関連ニュース

NEW

分散型SNS「Bluesky」が誰でも利用可能に!使い方や特徴を解説

Blueskyとは Blueskyはジャック・ドーシー氏が発案してできたSNSです。ジャック・ドーシー氏は、旧Twitter(現X)の共同創業者の1人で、旧Twitter社のCEOを務めていた人物です ...

続きを見る
ニュース 2024.05.16

一体型パソコンとは?特徴やメリット、デメリットなどを解説

一体型パソコンの特徴 一体型パソコンは、ディスプレイとパソコン本体が一体化しているパソコンのことです。ノートパソコンとは異なり、デスクトップのように特定の場所に置いて使用することを想定した作りになって ...

続きを見る
ニュース 2024.05.09

クラウドSIMとは?通常のモバイル回線との違いやメリット、デメリットを解説

クラウドSIMとは クラウドSIMは、SIMカードと同じようにモバイル回線で通信するために必要な情報が保存されているものです。では、クラウドSIMの特徴や仕組みについて見ていきましょう。 クラウド上に ...

続きを見る
ニュース 2024.05.02

ポルシェが自動車とスマートホームの連携を狙う

ポルシェは、シュツットガルトに本拠を置くテクノロジー会社home-iXとパートナーシップを結ぶことを発表しました。 home-iXは、元ポルシェ従業員のMehmet ArzimanとHeiko Sch ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

サムスンとADTがスマートホームセキュリティ開発で新たなパートナーシップ締結

サムスンは2日、米国ホームセキュリティ最大手「ADT」とパートナーシップを新たに結んだことを発表。両社は、Samsung SmartThingsプラットフォームとADTの監視サービスを搭載した新しいセ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

ヒルトンホテルが“スマートルーム”導入へ

9月26〜27日に開催された旅行業界の国際カンファレンス、Skift Global Forumにおいて、ヒルトンホテルのクリストファー・ナセッタCEOが、2018年中に「スマートルーム」を導入予定であ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

Copyright© iedge , 2024 AllRights Reserved.