iedge
  • iedge
ニュース
2018.08.01
2019.03.15

赤ちゃんが泣いている理由をAIで判定!アプリ「パパっと育児@赤ちゃん手帳」に新機能追加

記事ライター:iedge編集部

子供の成長記録を簡単に登録・管理できるスマートフォンアプリ「パパっと育児@赤ちゃん手帳」の新機能として7月31日、赤ちゃんの泣き声をAIで分析し、それに込められた感情を判定する新機能が追加されました。

同機能は2万人以上のユーザーモニターから収集したデータの解析結果をもとに構築されたアルゴリズムを用いており、ユーザーは泣いている赤ちゃんにスマートフォンをかざすことでその泣き声を聞かせ、なぜ泣いているかを知ることができます。

アルゴリズムは泣き声を検知すると、「お腹が空いた」「眠たい」「不快」「怒っている」「遊んでほしい」の5つの分類で、可能性の高い感情を確率で表示します。

事前に実施されたモニター調査によると、その正解率は8割を超えていたとのことで、子どもに対して感じる最大ストレスとして挙げられる「泣くこと」に対して適切に対処する助けとなるかもしれません。

パパっと育児@赤ちゃん手帳には他にも多彩な機能が用意されています。授乳、おむつ替、睡眠をはじめとした行動や、赤ちゃんの身長、体重、体温、予防接種の記録を入力できる「育児メモ」機能、色分けされたバーで行動履歴をわかりやすく管理できる「カレンダー」機能、育児メモで登録した内容からグラフ表示などができる「統計」機能、育児メモを電子書籍に変換できる「電子書籍化」機能など、育児をサポートする機能が多数盛り込まれています。

AIによる泣き声判定機能、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

関連ニュース

NEW

睡眠状態をワイヤレスで検出可能!第2世代Google Nest Hubで睡眠改善

近年はさまざまな眠りを検出・解析し睡眠状態の改善につなげる機器が発売されています。しかしながら、その多くは腕に巻いたり、頭につけたり、寝具の下に敷いたりと、それ自身が睡眠に影響を与えかねないものでした ...

続きを見る
ニュース 2021.04.15

月額基本料0円から!楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT VIがスタート

3大キャリアであるドコモ、au、ソフトバンクに対抗すべく登場した楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT Vでしたが、各社が低廉なahamo、povo、LINEMOを発表したことでアドバンテージ ...

続きを見る
ニュース 2021.04.08

【インタビュー】地方物件の差別化にIoT機器が活躍

地方不動産の再生事業成功の秘訣 ゴールドスワンキャピタル(東京・中央区)は、地方の投資物件をメインとした不動産事業を展開している。 なかでも、地方の一棟収益物件を取得してリノベーションを行い、長期に渡 ...

続きを見る
ニュース 2021.04.06

ポルシェが自動車とスマートホームの連携を狙う

ポルシェは、シュツットガルトに本拠を置くテクノロジー会社home-iXとパートナーシップを結ぶことを発表しました。 home-iXは、元ポルシェ従業員のMehmet ArzimanとHeiko Sch ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

サムスンとADTがスマートホームセキュリティ開発で新たなパートナーシップ締結

サムスンは2日、米国ホームセキュリティ最大手「ADT」とパートナーシップを新たに結んだことを発表。両社は、Samsung SmartThingsプラットフォームとADTの監視サービスを搭載した新しいセ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

ヒルトンホテルが“スマートルーム”導入へ

9月26〜27日に開催された旅行業界の国際カンファレンス、Skift Global Forumにおいて、ヒルトンホテルのクリストファー・ナセッタCEOが、2018年中に「スマートルーム」を導入予定であ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.