iedge
  • iedge
ニュース
2018.05.07
2019.03.18

Xiaomi、欧州市場に本格参入へ 株式公開で100億ドル調達しさらなる海外展開も視野に

記事ライター:iedge編集部

中国のスマートフォンメーカーXiaomiが香港のコングロマリットCKハチソンと契約し、ハチソン子会社の通信事業者Threeを通じて欧州スマートフォン市場への進出を本格化させると報じられています。

この契約により、Xiaomi製品はオーストリア、デンマーク、アイルランド、イタリア、スウェーデン、英国のThreeストアをはじめ、Watson's Fortress、Superdrug、Kruidvatなどの小売店で販売されます。

また、このニュースと同時に、Xiaomiが香港証券取引所へ株式公開を申請し、約100億ドルを調達する予定であることもわかりました。これは中国企業としては2014年にアリババグループがニューヨーク証券取引所に上場して以来の規模の上場となります。

Xiaomiは、上場で得る資金の約30%を欧州やアジアでの新規市場開拓にあてると表明しています。今後、日本も含めたさらなる海外展開が実現するかもしれません。

Xiaomiは2017年に欧州へ初進出し、Amazon.esでの販売の他、スペインに実店舗Mi Storeも展開しています。

Xiaomi幹部の王翔氏は「Xiaomiはすでにスペイン、英国、ドイツ、イタリアで多くの顧客を抱えている。その中でまずはスペインを最初に成功させたい。そして欧州全域、さらには他の地域にも進出していきたい」と話しています。

このところ低迷している中国スマートフォン市場において、Xiaomiは売り上げを伸ばしている数少ない企業の一つです。また、中国市場だけでなく、インド市場においても大きな存在感を示しており、インドではスマートフォンの売り上げシェア1位となっています。

現在、同じ中国大手スマートフォンメーカーのHuaweiは日本国内のSIMフリースマートフォン市場で大きなシェアを獲得しており、これに続きXiaomiが今後日本国内の市場へ本格進出することも十分考えられます。

関連ニュース

NEW

月額基本料0円から!楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT VIがスタート

3大キャリアであるドコモ、au、ソフトバンクに対抗すべく登場した楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT Vでしたが、各社が低廉なahamo、povo、LINEMOを発表したことでアドバンテージ ...

続きを見る
ニュース 2021.04.08
NEW

【インタビュー】地方物件の差別化にIoT機器が活躍

地方不動産の再生事業成功の秘訣 ゴールドスワンキャピタル(東京・中央区)は、地方の投資物件をメインとした不動産事業を展開している。 なかでも、地方の一棟収益物件を取得してリノベーションを行い、長期に渡 ...

続きを見る
ニュース 2021.04.06

すでに人気はMac超え!今こそ買いたいChromebookおすすめ5選

ChromebookとはGoogleが開発したChrome OSを搭載したノートパソコンのことで、買いやすい価格と軽快な操作性で人気を集めています。この記事ではそんなChromebookのおすすめ5選 ...

続きを見る
ニュース 2021.04.01

ポルシェが自動車とスマートホームの連携を狙う

ポルシェは、シュツットガルトに本拠を置くテクノロジー会社home-iXとパートナーシップを結ぶことを発表しました。 home-iXは、元ポルシェ従業員のMehmet ArzimanとHeiko Sch ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

サムスンとADTがスマートホームセキュリティ開発で新たなパートナーシップ締結

サムスンは2日、米国ホームセキュリティ最大手「ADT」とパートナーシップを新たに結んだことを発表。両社は、Samsung SmartThingsプラットフォームとADTの監視サービスを搭載した新しいセ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

ヒルトンホテルが“スマートルーム”導入へ

9月26〜27日に開催された旅行業界の国際カンファレンス、Skift Global Forumにおいて、ヒルトンホテルのクリストファー・ナセッタCEOが、2018年中に「スマートルーム」を導入予定であ ...

続きを見る
ニュース 2019.03.18

Copyright© iedge , 2021 AllRights Reserved.